FC2ブログ

小説・若様と過ごした夏・29 

気合を入れて、あたしは青石の前に立った。


手を触れると、目には見えない何かがまといつく気がする・・・


「あなたは、誰ですか?」


おばあちゃんはすぐ横で般若心経を唱えてくれていたけど、あたしの鼓動は隣に伝わりそうなくらい、大きく打っていたと思う。


「我が名は、芳。

お芳と呼ばれておる。」


おばあちゃんに、お芳さん・・・とささやくとかぶりを振った。


どうやら奥方様の名前ではないらしい。


残念だけど。


「そなた、影様をどちらに隠した?」

お芳という人の霊は、きつい目であたしをにらんでいた。

いや~ん・・・こわ~い・・・・


この前、振り切って帰ったのを覚えているみたいだった。



「お探しの若様は、「宗太郎様」でしょうか?」


陽炎のように、婦人の霊がふわりと揺れた。


「なぜ、それを・・・?

影殿の名は伏されておるに。」


手短に、全て説明した方が良いような気がした。


きっと、この霊は若様を探して迷っている。


「来てください。影様にお会わせしますから。」


「出来ぬ。

わたくしはどうやらこの青石に、つなぎとめられているようなのじゃ。

ここから、動くことはかなわぬ。」


「では、わたしと共に・・・手を合わせて。

きっと上手く行きますから。」

霊媒体質の宗ちゃんと違って、あたしは霊が憑くという初めての経験に、すごく面食らっていた。


あたしであって、あたしじゃない・・・感じ。


宗ちゃんはこんな感じになっているのか・・・確かにきつい・・・


その証拠に、あたしはこんな風にすり足で歩かないし内股でもなかった・・・そして、何だかこの人の考えていることがわかる。


ひたすら、視線は若様の姿を探している・・・この人は、きっと若様の近くにいた人に違いなかった。


眠る宗ちゃんの足元で、呆けて空を見る若様にあたしの中の人は足を止めた。


「影様。」


自然にそんな言葉が漏れた。


「乳母や!」


きゅんきゅんしっぽを振って、若様があたしに飛びついてきた。


関連記事

0 Comments

Leave a comment