FC2ブログ

風に哭く花 18 

全校応援が続き、校内には交代で数人の教師が残っているだけだった。

柏木は自分の場所にパソコンを持ち込んで、作業をしていた。画像を加工して、昏くするのは容易い。昏い画面の中で、少年が苦悶の表情を浮かべていた。

「やっぱり声はまずいな。可愛い声なんだけどねぇ、身バレしちゃ元も子もないから、背後も消そうか……っと。」

画面の中で、蟻地獄に引き込まれた羽虫のように、張り付けられた翔月が自由を求めてもがいていた。
柏木は愛おしそうに、画面を指でなぞった。

「もうすぐ、予選が終わるね、更科翔月君。そうしたら、君は僕の所に来るんだよ。先生には君が判っているからね……荏田君には悪いけど、君は僕のモノだよ、うさぎちゃん。」

くつくつとこみ上げる笑いを、噛み締め切れず、柏木はついに声を上げ哄笑した。翔月の嫌いな下卑た歪んだ笑い声が響く。

*****

柏木は思い出す。
勇気を振り絞って自分の前に立った翔月の、握り締めた拳は小刻みに震えていた。
優しく脅して衣服を取り払ってやれば、蒼白で怯える翔月の頬は冷たかった。だが、ささやかな持ち物が、ふるりとそそり立ったのを柏木は見逃さなかった。
怖気ながら全身で拒絶する翔月の中に、柏木は自分と同じ深い闇を見て悦んだ。

更科翔月は、柏木の言葉に震えながら確かに屹立していた。
どれほど本気で抗ったとしても、密かに流れる被虐の血は確かに兆候を示していた。恐らく荏田青児も更科翔月本人も知らないはずだ。
下半身だけを裸に剥いた時、肌を這う指に粟立ちながら、翔月の腰は揺れていた。やっと見つけた無垢な理想の少年を、少しずつ自分好みへと換えてゆく。
柏木の描いた計画通り、少しずつ事は運んでいた。

*****

盛夏

真っ青に輝く空の下で、青児は躍動していた。見つめる翔月の前で、二個目の勝者のボールを掴むと、自慢げに応援席の翔月にかざして見せた。
ベスト8進出、学校設立以来の初めての快挙に、応援席は湧いた。
喧騒の中、視線だけを絡ませて二人は別世界に居た。離れていても、青児と翔月の心は近かった。

その日の夜、互いに持つ白いボールに、青児が試合の日付と自分の名前をかき込んだ。

「此処に、翔月の名前も書けよ。」

「ううん。青ちゃんが頑張った日付が入ってるだけでいい。このボールを見るたびに、きっとぼくは思い出すよ、青ちゃんの事。」

「翔月……?」

「ほら、もうすぐ夏休みだってことだよ。さすがに炎天下の練習の見学には付き合えないし。今回、成績酷かったから、親と相談して塾に行くことにしたんだ。」

「ああ、塾の話か。ん~、そうだよな。そろそろ進路も考えなきゃな。」

「青ちゃんは運動しながら、勉強も出来てすごいよ。……ぼくは、このままじゃ行ける大学ないからね。青ちゃんが野球頑張る間、勉強することにしたんだ。だから……しばらくは会えないけど……青ちゃん、泣かないでね。」

青児は手を伸ばし、さっさとTシャツをたくし上げてしまった。

「翔月に会えなかったら、欲求不満で絶対泣く。つか、おれに会えなかったら、翔月も寂しいだろ?」

じっと見つめる青児の視線は優しい。思わずすべてを打ち明けて、縋ってしまいそうになったが翔月は踏みとどまった。

「寂しいけど……ぼくも頑張らないとね。」

「くそ~。何で、勝手に悟りきった事言ってるんだよ。翔月はおれの後にくっ付いているんだとばかり思ってたのに。」

「人は成長するんです~。」

「翔月のくせに、生意気だぞ~。」

「あはは……ジャイアンだ。」

くすぐられて翔月は声を上げた。
上からふわりとキスが降りてくる。

求められて甘い吐息が零れる。

「好きだよ。青ちゃん。」

自分から求めて腕を伸ばした翔月を、青児はそのまま組み敷いた。




本日もお読みいただきありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

此花の住んでいるところは、今日は室内温度38度だったらしいです。
まだ7月なのにね~(´・ω・`)
みなさま、気を付けてね。


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ




関連記事

4 Comments

此花咲耶  

ちよさま

> 喧騒の中であっても、
> 青児くんと翔月の心は近く通じあっているはずなのに…

お邪魔虫が強力なのです。(ノд-。)
>
> 浮かれぽんちの青児くん。
> 翔月のSOSは、言葉の節々に現れているのに…

大好きな相手が、自分のことを好きだったと言ってくれたら、こうなってしまうのではないかと思いました。
ほんとに浮かれポンチです……(´・ω・`) 青ちゃんのばか……

> もう少し冷静になって翔月の事を見てあげて~!! ( ˘・з・)

そのうち、翔月の様子がおかしいのに気付くはずです。さて、そうなったとき青ちゃんの取る道は……?
>
> 此花さま。
> 毎日、暑い日が続いておりますね。
> 室内温度が、体温以上なんて…。
> あまりの暑さに、脳ミソ、パーンッッッって、蒸発しちゃいそうな暑さです。

少ない脳みそがぐつぐつ煮えたぎっております。外を歩けば、あっという間に此花の「焼き豚」出来上がります。おいしいぞ~(*⌒▽⌒*)♪←笑えないぞ~

> ご自愛くださいませ。

はい。ちよさんも、気を付けてくださいね。

> マイペースでのご執筆を楽しみにしておりますよ~!!
> 里の野山には、お花(お話)がいっぱいです。
> 復習しながらお待ちしております~

ありがとうございます。涼しいお話しお読みください。
コメントありがとうございました。
ちょっと時間がかかるかもしれませんが、続き、がんばりまっす!(`・ω・´)

2013/07/26 (Fri) 21:17 | REPLY |   

此花咲耶  

nichika さま

> 本当にうっとうしい暑さですね  どの地域も大変ですよね

雨が降らないので、トマトが固くなってます。楽しみにしてるのに~(ノд-。)

> 「人は成長するんです~。」 此花ちんらしい言葉に ニコ(*^_^*)ニコ
> どんな状況がおこるのか ワクワク ストックが尽きましたなんて平気~

ありがとうございます。脳内ではすでに出来上がっているのですが、形にするのに時間がかかります。
ちゃんとハピエン(?)になるはずなのですが、ちょっと特殊かな。うふふ~♪ψ(=ФωФ)ψ

> マイペースで綴ってほしいですよ きっと里の野山へ訪れる方が同じ思いで楽しんでいると思います ジャイ子になって歌ってみますよ~
> *^ヮ^)♪.,#,.♪ノンビリネ♪.,#,.♪(+´∀`+) ←カーン!( 某所より鐘一つ)  お目汚しスミマセン

キンコンカンコン~♪此花が、鐘をいっぱい鳴らします。
急いでのんびり、マイペースでがんばります。(〃゚∇゚〃)

> しかっし意外と柏木先生の観察力にも1票 展開が (v`▽´)v

(*/д\*) 大人のいじめっ子は、性質悪いです~。子供じゃ太刀打ちできないかな。
青ちゃんは頭がいいはずなので、頑張れ!(`・ω・´)←他人事のように。

コメントありがとうございました。がんばりまっす!(`・ω・´)

2013/07/26 (Fri) 21:10 | REPLY |   

ちよ  

喧騒の中であっても、
青児くんと翔月の心は近く通じあっているはずなのに…

浮かれぽんちの青児くん。
翔月のSOSは、言葉の節々に現れているのに…
もう少し冷静になって翔月の事を見てあげて~!! ( ˘・з・)

此花さま。
毎日、暑い日が続いておりますね。
室内温度が、体温以上なんて…。
あまりの暑さに、脳ミソ、パーンッッッって、蒸発しちゃいそうな暑さです。
ご自愛くださいませ。

マイペースでのご執筆を楽しみにしておりますよ~!!
里の野山には、お花(お話)がいっぱいです。
復習しながらお待ちしております~

2013/07/26 (Fri) 00:49 | EDIT | REPLY |   

nichika  

本当にうっとうしい暑さですね  どの地域も大変ですよね

「人は成長するんです~。」 此花ちんらしい言葉に ニコ(*^_^*)ニコ
どんな状況がおこるのか ワクワク ストックが尽きましたなんて平気~
マイペースで綴ってほしいですよ きっと里の野山へ訪れる方が同じ思いで楽しんでいると思います ジャイ子になって歌ってみますよ~
*^ヮ^)♪.,#,.♪ノンビリネ♪.,#,.♪(+´∀`+) ←カーン!( 某所より鐘一つ)  お目汚しスミマセン

しかっし意外と柏木先生の観察力にも1票 展開が (v`▽´)v

2013/07/25 (Thu) 21:42 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment