FC2ブログ

優しい封印 28 

その夜、劉二郎は月虹と六郎と久しぶりに酒を飲んだ。
祝杯だった。
涼介と由紀子は求に付き添って、留守にしていた。

「間島も、弟にとち狂ったりしなかったら、向坂の坊の所でいっぱしの極道になっただろうになぁ。」

酒がすすみ、劉二郎は珍しく饒舌だった。

「若い頃は乱暴者でも、大抵の奴は組織の中に入って修行してゆくうちに、極道らしくなって来るもんだ。極道には昔から「馬鹿でなれず、利口でなれず、中途半端で直なれず」って、言葉が有ってな。親(組長)が踏み潰した若い雑草が、立派に伸びて一人前に組を張るのを何人も見て来たが、間島は一途過ぎたんだろうなぁ。」

「えっ?おやっさん。あれを一途って言うんですか?」

驚いた月虹が思わず問う。
月虹には極道流の考えは、まだ染み付いていなかった。

「一途じゃなきゃなんだってんだ?涼介の親父さんやお袋さんには迷惑極まりないが、ただ一人を二十年近くひたすら思って来たんだ。俺ぁ、間島は一途な奴だと思うぜ。」

「月虹の兄貴。間島は方法を間違えただけじゃないかと、おれも思いました。」

六郎は劉二郎に同意した。

「何で、そう思う?」

「実は……撃たれて転がった間島の背中の緋鯉の横に、水流紋に浮かぶ桜が彫ってあって、腋下に隠し彫りが有ったんです。」

「へぇ……」

隠し彫りというのは表から見えないところ(腋や内腿など)に、秘密裏に自分の愛する者や、思い入れのあるものの名を彫り込むことを言う。

「花弁に「求 命」と入れたのを見て、おれは涼介やお袋さんには悪いけど、ほんの少し間島を哀れに思いました。おれも親と上手くいかないはみ出し者だったから、少しは気持ちがわかると言うか……勿論、ああいうのは許されないことだとは思うんすけど、あいつは本当に涼介の父親が欲しかったんですよ。」

「乱暴な奴だったらしいから、誰にもまともに相手されなかったんだろう。愛し方がわからないなんて、いい年こいて言えなかったんだろうなぁ。まあ、何にせよ、涼介の親父さんが、無事で良かった。ヤクが抜けるまでは大変だろうが、由紀子さんと涼介がいるんだ。大丈夫だろう。」

月虹は鴨嶋のグラスに焼酎を注いだ。

「向坂組に、とんだ借りが出来ましたね。」

「俺の代で鴨嶋組は終わりだと思っているが、最後まで無理させることになるな、月虹。形だけでも、やつは幹部だ。義理事にしちまえば、また、香典が動く。向坂にはでかい金が転がりこむ。間島の最後の親(組)孝行だな。」

「おれは、おやっさんに惚れこんでいますからね、金位いくらでも工面しますよ。スケコマシの月虹は、女に貢いでもらってなんぼですから、間島の香典分せいぜい腰振ってきます。」

「何言ってやがる。お前、女も男もめったに抱かねぇじゃねぇか。」

「やだなぁ、スケコマシが一々、女を相手にしてたら体が持ちませんよ。」

「確かに、そう言うこったな。極道は適材適所じゃねぇ、適所適材だ。交渉ごとには顎(弁)の立つやつ、脅しには顔の怖いやつ、スケコマシには顔の良いやつ、初めに仕事ありきだ。おめぇはスケコマシに天賦の才があるぜ。良い面に産んでくれた親に感謝しろよ。」

「なんか、それ褒め言葉と取っていいんですか?複雑だなぁ……それよりもね、おやっさんの紙ぱんつ買ってこいには、痺れましたよ。やっぱりかっこいいっすよ、おやっさん。」

「大事な場面で、ちびらなくて良かったぜ。年取ると、年々前立腺がやばくなっていけねぇや。」

劉二郎に、俺に惚れるなよと言われて、もう遅いですよ、首ったけですと、月虹は笑った。六郎も頷いて笑った。

涼介が、もう泣かずに済むと思うと、劉二郎の気持ちも晴れやかだった。
現役から退いて、市井の中に生きる鴨嶋劉二郎は、こうして図らずもまた極道の世界で一つ伝説を作った。




本日もお読みいただきありがとうございます。
社会のはみ出し者だからこそわかる、間島の孤独と闇なのです。(´・ω・`)

義理事には、お金が動きますね~ 
おれの出番です。(`・ω・´)←月虹  此花咲耶


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ




関連記事

5 Comments

此花咲耶  

nichika さま

> 隠し彫りとは思わなかった 花弁に入れてるなんて しかと

どんな顔で、彫り師に頼んだんでしょうね。此花は夫婦で入れ墨を入れている方を知っていますが、互いに腕の内側に名前を入れていました。今は、もう鬼籍に入っています。

> 求愛だよ あの世では優しい自分を出せるようにね 求さんたちをみまもってほしいです

(。'-')(。,_,)ウンウン 新しい自分に生まれ変わるように、修行してね。

> 月虹 鴨嶋劉二郎さんに 適材適所ってスケコマシ(ジゴロ)なんだろうな。(笑) 此花ちん やっぱりハピエン主義になってるよ

(*⌒▽⌒*)♪うふふ~腰の軽い月虹はきっと天職、スケコマシです。このちん、ハピエン主義だから……
■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノえっと、ハピエン時々いじめっ子でっす。(`・ω・´)

> あとは求さんが早くヤクが抜けますように  涼介さんに兄弟ができてもいいよね

きっと大丈夫です。涼介に兄弟……(〃゚∇゚〃) わ~いっ!
ないない。(*⌒▽⌒*)♪

コメントありがとうございました。

2013/06/18 (Tue) 22:00 | REPLY |   

nichika  

隠し彫りとは思わなかった 花弁に入れてるなんて しかと
求愛だよ あの世では優しい自分を出せるようにね 求さんたちをみまもってほしいです
月虹 鴨嶋劉二郎さんに 適材適所ってスケコマシ(ジゴロ)なんだろうな。(笑) 此花ちん やっぱりハピエン主義になってるよ
あとは求さんが早くヤクが抜けますように  涼介さんに兄弟ができてもいいよね

2013/06/18 (Tue) 16:05 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

拍手コメントkさま


お読みいただきありがとうございます。
(*⌒▽⌒*)♪ほっとしてくださって、ありがとうございます。

何とか、求さん奪還できました。(ノ´▽`)ノヽ(´▽`ヽ)
あと少し、お付き合いください。

2013/06/18 (Tue) 07:20 | REPLY |   

此花咲耶  

ちよさま

> 愛し、愛されることの正しい答えって何だ?
> と問われても、応えるのは難しい…。
> ただ、奪うだけの愛というのは、ひずみを感じます…。

此花もそう思います。奪うだけの愛は、ただの暴力でしかないです。
そこには思いやりも、慈しみもありません。(´・ω・`)
>
> 一時でも自分に向けられた
> 求少年の眼差しは、眩しくて、
> 失いたくなかったのかな。

はい。きっと間島にとっては、幼い求が向けた笑顔がすべてだったのです。
自分を信頼していると、誤解してしまいました。
このあたりは描けていませんが、汲んでくださってありがとうございます。(〃゚∇゚〃) うれしいっす。

> 心の闇を照らしてくれるはずの光を
> 必死に、一途に思う気持ちは、
> どこで間違ってしまったんだろう…

それなりに苦しんだのだろうと思いますが、すべてを暴力で抑え込んだ間島は間違ったのです。

> でも、「求 命」と隠し彫りに込めた間島の真の強い思い。
> 一部の人だけど、鴨嶋組の人達には
> 知ってもらえたよ。
>
自分たちも、やはりそういう意味では「はみだしもの」です。
ほんの少しでもわかってくれる人たちと、間島が知り合っていれば違った人生になったと思います。
でも、今回はそういう役回りでした。すまぬ~♪ψ(=ФωФ)ψえへへ……

> 六ちゃん…。目敏いでっす。
> グッジョブ( ・∀-)b

(*⌒▽⌒*)♪六郎「ちよさんに、褒められました。うれしいっす。まあ、俺も結構親を泣かしてきましたから、わかってしまったんですね……」

コメントありがとうございました。後、二話くらいで終わる予定です。(*⌒▽⌒*)♪
もう少しお付き合いください。

2013/06/18 (Tue) 00:10 | REPLY |   

ちよ  

愛し、愛されることの正しい答えって何だ?
と問われても、応えるのは難しい…。
ただ、奪うだけの愛というのは、ひずみを感じます…。

一時でも自分に向けられた
求少年の眼差しは、眩しくて、
失いたくなかったのかな。

心の闇を照らしてくれるはずの光を
必死に、一途に思う気持ちは、
どこで間違ってしまったんだろう…

でも、「求 命」と隠し彫りに込めた間島の真の強い思い。
一部の人だけど、鴨嶋組の人達には
知ってもらえたよ。

六ちゃん…。目敏いでっす。
グッジョブ( ・∀-)b


2013/06/17 (Mon) 23:11 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment