FC2ブログ

優しい封印 27 

パン……!

乾いた音に驚いた六郎が、居間に飛び込んだ時、間島準一郎はどっと倒れ込むところだった。
至近距離から撃たれた間島は、ほぼ即死状態だった。

「六郎っ……無事か!?」

階下に到着した月虹が銃声に気付き、駆けあがったのは全て終わった後だった。
呆然と六郎が間島の傍に立ちつくしていた。

「……今、片付いたところです。」

*****

「鴨嶋組さん。うちの間島が、ご迷惑をおかけしました。」

月虹と六郎に向かって、向坂組の組員(ヒットマン)は頭を下げた。

「間島はヤクでイかれて、自殺しました。ヒネ(警察)にも届けを出しておきます。鴨嶋さんはこの件には何も関係ないんで、直ぐにもお引き取り下さい。怪我人は、ここに運びますから御身内の方にお知らせくださって結構です。」

「この場所は……?」

「うちの息のかかった総合病院です。万事任せてください。院長に話は通しておきます。今後一切、この人に向坂組が関わることはありません。入院費用もこちらで持たせていただきます。」

自分で手を下しておきながら、顔色も変えず病院の場所を書いた紙きれを手に、相手はそう口にした。背を向けると、倒れた間島の手に銃を持たせ、ご丁寧に手を添えてもう一度心臓に一発入れたのは、鑑識が入った時の自殺の証拠を作る為だ。
静かにあっさりと、間島は始末された。

「向坂の親父さんには、くれぐれもよろしくお伝えください。」

「間島の兄貴は、幹部に昇格したばかりですが、おそらく組葬になるかと思いますんで……。」

「はい。そう伝えます。」

「鴨嶋組さん。今、連絡が有りました。数分後には警察(ヒネ)が来るそうです。」

頭を下げた月虹と六郎は、そのままマンションを後にし、離れたところで様子を伺った。
話通り向坂組が呼んだ警察が入り、すぐに救急車が手配されたらしい。
運び出された求が、付添いの組員と共に病院へと向かうのを確認後、二人は帰宅した。

*****

すべて終わりましたと伝えられた鴨嶋劉二郎は、一言「そうか」とだけ口にした。
劉二郎は知っていた。
極道は一度請け負ったことには、命をかけて責任を持つ。それは組の信用と、次のシノギ(仕事)につながるからだ。

求を助けてくれと頼んだ鴨嶋組には、向坂組に対して大きな借りが出来た。
組葬になるからには、劉二郎はその義理場で、香典という形で、向坂組に礼を尽くさなくてはならない。
正しいかどうかは置いておいて、それは極道なりの仁義の形だった。




本日もお読みいただきありがとうございます。(*⌒▽⌒*)♪

向坂組はこういう形で、決着をつけました。
間島のやったことは、命をかけて償うべきものだったのかもしれません。……大変ねぇ……(´・ω・`) ←どんどんBL小説から外れてゆく気が……

※作中に出てくる集団は、あくまでも、創作上の想像物です。
もう少し、お付き合いください。此花咲耶


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ




関連記事

4 Comments

此花咲耶  

ちよさま

> 奪うばかりだった間島…。
> 闇に覆われてしまった彼の心は、
> 破滅へと向かってしまったけれど、
> 最後に、求さんの事を殺めなかったのは
> 救いだったのかな…。

奪うばかりでした。もしかすると、本当は求を連れて死んでしまいたかったのではないかと、思ったりもするけど、同じところへ行けない事に気がついたかなって思ったりもします。
どちらにもとれるように、読者さまに丸投げしてしまいました。(´・ω・`)

> 心が痛いです(>_<。)

ありがとうございます。ほんの少し、哀れに思っていただければと思いました。

> 求さん、何とか奪還ですよね。
> でも、周囲からの愛情に恵まれなかった義兄を失った
> 求さんの心も心配です。

なんとか帰ってきました。
立ち直るのに時間はかかると思うけど、じいちゃんに何とかしてもらおう……:■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆‘Д´)ノ
(。´・ω`)ノ(つд・`。)・゚+涼介とお母さんがいるから、だいじょぶでっす!←たぶん~

コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2013/06/16 (Sun) 23:48 | REPLY |   

此花咲耶  

nichika さま

> 間島にしたらやっと 周りには分からない…きっと、「死ねるんだ」

複雑です……(´・ω・`)
作者にもこういう人って何を思うんだろうと、想像するしかないです。
死に場所を探していたような気もするし、死なばもろともって思っているような気がするし。
でも、こういう世界に生きていたらいつかはこうなった気がします。
色々見方がありますね~。

コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2013/06/16 (Sun) 23:43 | REPLY |   

ちよ  

奪うばかりだった間島…。
闇に覆われてしまった彼の心は、
破滅へと向かってしまったけれど、
最後に、求さんの事を殺めなかったのは
救いだったのかな…。
心が痛いです(>_<。)

求さん、何とか奪還ですよね。
でも、周囲からの愛情に恵まれなかった義兄を失った
求さんの心も心配です。


2013/06/16 (Sun) 23:00 | EDIT | REPLY |   

nichika  

追記

間島にしたらやっと 周りには分からない…きっと、「死ねるんだ」

2013/06/16 (Sun) 22:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment