FC2ブログ

小説・若様と過ごした夏・24 

「あの時おれには、先輩が酔っ払っているように見えましたけど?」


爽やか高校生は、赤面した。


「親父のチューハイが、回ってたんだ。申し訳ない。」


気の毒なほど、恐縮する。


「ああ、それで足元ふらついていたんだ。」


「それで、やっと判りましたよ。やっぱり、昨日のは、まぐれですね。」


「県代表に、勝てるわけないですって。」

「従姉妹のこいつ真子っていうんですけど、一応預かってるんで何かあったら俺の責任というか・・・」


「正直、後が怖いんで、頑張りました。」


あたしも笑う。

(上手い嘘つくね、宗ちゃん。)


「ああいうのって、ビギナーズ・ラックっていうんですよね~。素人の宗ちゃんが、有段者にかなうわけないじゃないですか。」


未成年飲酒の高校生も、一緒に笑顔になった。


「そうか。ともかくごめんな。」


「貸しにしといてくれ。

篠塚に何かあったら、俺なんでもするから。」


やたらと爽やかに剣士は退場した。


案外、若様の武術指南とかだったりしてね。


「そうじゃな・・・。」

「確かにあやつは、わたしの武術指南の榊原図書之介に似ておる気がするぞ。」


おっと・・・。


神出鬼没はやめてください・・・若様。


「若様。さっきの人が・・・(あ、名前聞くの忘れちゃった)お詫びにって冷えたスイカ持ってきてくれたんだけど、食べる?」


「スイカ?」


宗ちゃんは、中々察しがいい。


若様は宗ちゃんに任せて、あたしはおばあちゃんと話をする。


向こうの方で、「昔はこのように大きなものはなかったがの」と、おいしいスイカに感動する若様の声がしていた・・・


関連記事

0 Comments

Leave a comment