FC2ブログ

優しい封印 9 

必死に飯をかき込む様子を眺めながら、事情を話したくなれば話すだろうと、月光は軽く思っていた。どうせ些細な理由で家を飛び出て、途方に暮れているだけだろうと見当をつけた。
まだ顔に幼さの残る涼介の抱えた苦悩が、抱えきれないほど深刻なものだとは思わなかった。

母親の再婚相手と折り合いが悪くて家を出て来たと、涼介はぽつりと嘘をついたきり、がつがつと大盛りの牛丼をお代わりしながら、だから、家には帰れないんだと……視線を彷徨わせた。それは他人の前で、身を守ろうとする本能が言わせたのかもしれない。
ネオンの煌めくこの町で出会った住人は、誰も涼介に優しくなかったから……。

涼介は飯を食わせてくれる、目の前の煌びやかな男を、まだ信用してはいなかった。
まるで作り物のように綺麗な男は、細身のスーツを着こなし、涼介が食べるのを優しく微笑んで見ている。
涼介は嘘を吐いた後ろめたさから視線も交わさず、ほろほろと涙を溢れさせながら、黙々と飯を口に運んだ。

「おいおい。ゆっくり噛んで食えよ。」

「……おかわり。ひっく……」

「ははっ。」

*****

一宿一飯のひよこを、心配しているはずの親元に戻してやろうと、月虹は何度もどこから来たんだと聞いたが、涼介は何も話さなかった。
どう話を向けてもはぐらかしてばかりで、結局、諦めた月虹は涼介のしたいようにさせることにした。

「さあ、行くぞ。」

「え……?」

「飯を食ったら子供はもう寝る時間だ。いいから付いて来い。」

月虹は自分が世話になっている鴨嶋組に、腹の膨れた涼介を連れて行った。
組と言っても、組長は高齢で、組員は数人しかいない。代紋のかかった応接室や、立派な事務所もない。それなりに玄関は生花なども活けられて、体裁を整えているが、知らない者はここが極道の鴨嶋組とは思いもよらないほど、一見ごく普通の家屋だった。

「おやっさん。しばらくこいつを傍に置いて面倒見てくれませんかね。幻夜の寮で、ホストと一緒に寝泊まりさせるには、ガキ過ぎるんですよ。」

「なんだよ。ずいぶん可愛らしいのを連れて来たなぁ。中坊かい?いくつだ?」

「おれ……じゅ、18っす。」

「嘘つくんじゃねぇ。まだ、毛も生えてないだろうが。」

老人は笑いながら、容赦なく拳骨を食らわせた。

「酷いよ~、じいちゃんったら、思いっきりぶつなんて。年よりの癖に力あるなぁ。」

「こら。おやっさんに、なんてぇ口聞きやがる。この人はなぁ……」

「月虹、いいってことよ。物おじしなくて可愛いじゃねぇか。じいちゃんで良いぞ。お前、名前は何て言うんだ?」

「涼介っす。川口涼介と言います。」

「そうか。俺は、鴨嶋劉二郎(かもしまりゅうじろう)ってんだ。ゆっくりしていきな。」

「なんか、かっこいい名前だね。ありがと。じいちゃん。」

「此処にいるのは、行き場の無いやつばかりだ。この月虹も、おれが拾ったんだ。まあ、おめぇの先輩ってところだな。ちゃんということを聞くんだぞ。」

神妙に頭を下げた涼介は、やっとほっとしてごしごしと目許をこすった。

「とりあえず、そうだな。涼介、おめぇの仕事だが、明日っから俺が風呂に入るのを手伝ってくれるかい?年を取ると足元がおぼつかなくてなぁ。」

「風呂?」

「ああ。月虹は商売柄、真夜中じゃないとけえって来ねぇんでな。俺は時々、風呂にも入らず寝ちまうんだ。」

「じいちゃん、おれっ。社会科体験実習で、老人ホームでボランティアしたことある。」

「そうかよ。そいつは頼もしいなぁ。早速、頼まぁ。」

「はい。お、お世話になります。」

月虹が思った通り、涼介は鴨嶋組の年寄りに気に入られた。
この町に流れてきた涼介は、やっと居場所を得た気がしていた。




本日もお読みいただきありがとうございます。(*⌒▽⌒*)♪
やっと居場所を見つけた涼介です。

(。´・ω`)ノ(つд・`。)・゚+「じいちゃん……」


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



関連記事

4 Comments

此花咲耶  

ちよさま

> 男親と縁の薄い涼介にとって、偶然か必然なのか…
> 月虹さんやおやっさんとの出逢いで、
> 早く涼介の心を癒してあげて欲しいです…

ありがとうございます。涼介はいい人たちと巡り合いました。
突然日常が変わってしまいました~。。・゚゚ ’゜(*/□\*) ’゜゚゚・。

> ゴシゴシ (^ー^*)θ('∇'〃) じいちゃん、背中も洗ってあげる~♪

そうなんです。こんな感じで背中を洗ってあげようとしたら……じいちゃんは極道の人なので、背中に墨が入ってる設定なのでどうなりますやら。
腰抜かしちゃうかな~(*⌒▽⌒*)♪
コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2013/05/27 (Mon) 15:34 | REPLY |   

此花咲耶  

nichika

> 世間知らずって怖いものしらないですよね  「じいちゃん」腐腐 組長さんだぞ

(*⌒▽⌒*)♪ほんとにね~。こわいもの知らずの涼介です。今は穏やかにしていますが、その昔はきっと……

> そばにいた月虹が青ざめたのが (嬉)

どこにでもいるじいちゃんだと思ったら、大間違いです。(〃ー〃)
月虹も昔、殴られたかな。

> ボランティアしたことあるのも 涼介が穏やかに生活していたのが偲ばれる

最近は学校から、いろいろな職場に体験学習に行くのです。穏やかに暮らしていたのにね~(´・ω・`)

> 沸々とあの名無しの兄が!! いつか鉄拳を見舞うことを期待します (^--^#)ムム

(*⌒▽⌒*)♪おお~、鉄拳制裁に一票!
コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2013/05/27 (Mon) 15:30 | REPLY |   

ちよ  

男親と縁の薄い涼介にとって、偶然か必然なのか…
月虹さんやおやっさんとの出逢いで、
早く涼介の心を癒してあげて欲しいです…

ゴシゴシ (^ー^*)θ('∇'〃) じいちゃん、背中も洗ってあげる~♪

2013/05/26 (Sun) 22:48 | EDIT | REPLY |   

nichika  

世間知らずって怖いものしらないですよね  「じいちゃん」腐腐 組長さんだぞ
そばにいた月虹が青ざめたのが (嬉)
ボランティアしたことあるのも 涼介が穏やかに生活していたのが偲ばれる

沸々とあの名無しの兄が!! いつか鉄拳を見舞うことを期待します (^--^#)ムム

2013/05/26 (Sun) 21:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment