FC2ブログ

優しい封印 7 

不安に押しつぶされそうな涼介が、当てもなく繁華街を彷徨している頃、男は間島求の髪を掴み頬を張っていた。
唇の端が切れて、青ざめた顎に鮮血がしたたった。

「お前、ガキを逃がしたのか?余計な事しやがって。」

「……あの子には関係ない……もう、ぼくにも用はないはずだ。ここから出て行ってくれ。」

「5年ぶりにやっと再会したお兄ちゃんに向かって、その口のきき方はなんだ?あ~ん?ちゃんといい子になるように躾をしていたはずだがな。ちょっとムショに行ってる間に、元の小生意気な奴に戻っちまったか?めんどくせぇな。」

ブル……っと、求は思わず戦慄した。封印していた数年前のおぞましい過去が、一気にフラッシュバックして求を襲った。目を見開いた求が発した叫びを、酷薄な笑みを浮かべた男の武骨な手のひらが抑え込む。
こんなことは初めてではなかった。

「……ああーーーーーーっ……!!」

「行くぞ、求。ままごとは終わりだ。」

「いや……だ。いやだ。義兄さん……いやだぁ……助けて……」

その時、求が漏らした声は、大人の物ではなかった。

「どうした?思い出したのか?」

加虐に怯えた瞳が、男と暮らした頃の昏い光を宿したのに気付いて、男はほくそ笑んだ。

無造作にタオルケットを被せ、男は荷物のように素っ裸の間島求を抱え上げた。
涼介が短い間父と呼んだ間島求が、ささやかな幸せに浸ったこの部屋に戻ることは二度とない。
乗って来た黒い外車は、男と求を乗せて闇に走り去った。

*****

真っ青な顔で大通りを歩く涼介を見つけたのは、髪を金色に染めた二人組だった。

「おい。あれ、見ろよ。良いカモじゃねえ?」

「カモっていうより、ありゃひよこだな。中坊くらいか?あまり沢山は持ってないだろ?」

「なんだ、ありゃ。派手な面してんな~。」

求の持たせた義兄の分厚い財布が、まるで甘い蜂蜜のように害虫を引き寄せたのかもしれない。焦点の合わない虚ろな目をした涼介が、ふらふらと細い路地に入ってゆくのをほくそ笑んでみていた。
路地裏のビールケースが積みあげられた場所で行き止まり、涼介はふと我に返った。

「そうだ……お母さんに、電話しなきゃ。」

鞄の中を探り携帯電話を探すうち、財布を落とし札束がばさりと覗いた。拾おうとした手元に汚れたズックが見えた。

「おぅ~。結構入ってんじゃん。」

「あ……の?」

「おれ達さ、今ちょっとお金に困ってるの。その金を貸してくれたら、すごく助かるんだけど。」

「これは、おれのものじゃないから。それに、今日どこかに泊まらなきゃいけないから……」

急いで財布を拾い、逃げ出そうとした涼介の行く手を片割れが阻む。

「子供がそんな大金持ってちゃだめでしょ~?大体、こんな路地裏に入り込むこと自体、盗ってくれっていうようなもんじゃん。」

「そうだよ。気を付けないと、都会には怖い人がいっぱいいるんだからね~。」

「離せよっ!今すぐ電話しなきゃならないんだから。大事な用があるんだよ!」

血相を変えて鞄を取られまいとした涼介だったが、相手は背も高く容易く奪われてしまった。

「今時、こんなガラケー持ってるんだ。こんなに金有るんだから、さっさと機種変すりゃいいのに。おっと~。」

男は涼介の生命線の携帯電話をわざと落とすと、かかとで踏みつけた。ぐしゃと潰れて鈍い金属音がする。

「駄目だ!そっちは……お父さんの携帯っ!返せっ!」

「タレこまれちゃ迷惑だしな~。俺等、まだ監察中なんだわ。ごめんね~。」

足元で粉々になる二台の携帯電話を、涼介は呆然自失となり見つめていた。奪われてゆく金よりも、父と二度と会えなくなる気がして、涼介はその場にぺたりとへたり込んだ。男たちが肩を抱いて、涼介の顔を覗き込む。

「全部盗ったりしないからさ。元気出して、これで美味い物でも食えよ。」

「家出なんかやめて、さっさと帰りなって。な?

「お父さん……お父さんが……うあっ~~~っ……」

涼介は壊れてしまった携帯の側にはい寄ると、その場に突っ伏してとうとう声を上げて泣いた。胸に迫った哀しみが一気に溶解して、溢れだした。

「おい……。こいつ、ショックでどうかしちまったんじゃないか?」

「面倒なことになると厄介だ。行くぞ。」

男たちはその場で蹲ったまま肩を震わせる涼介の財布から、殆どの金を奪って逃げだした。携帯を壊されて、もう母に連絡を取ることもできない。
世界の果てに置いてきぼりにされた迷子のような心細さを抱いて、涼介はその場でひとしきり泣いた。警察には駆け込もうと思わなかった。
あの恐ろしい男には、きっとそんな正義が通用しないと本能が告げる。自分を逃がした後、求はどうなっただろう。財布を盗まれたと知って、求がどれほどの目に遭ったかと思うと身体が震え歯が走った。
最悪の事しか思い浮かばなかった。

それに、求は男を兄さんと呼んでいた。

「お父さん……お母さん……」

無力な子供は天を仰いだ。




本日もお読みいただきありがとうございます。
可哀想に……(´・ω・`) ←書いといて。


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



関連記事

2 Comments

此花咲耶  

ちよさま

> 月虹さんと出会った頃、
> 母親の再婚に反対し、家出してさまよっていた…
> 涼介がついていた精一杯の嘘。

これから、月虹と出会います。きっといい方向に進むので、もう少し待っていてください。(*⌒▽⌒*)♪
>
> 幼くて、無力で、後悔するばかり。
> 胸が痛いですね… ( ノД`)…

(´;ω;`) 涼介「この町の人って、優しくないんだ……」

> お母ちゃんとも、求さんとも連絡取れなくなってしまい、
> どうなっちゃうの~

お母さんの電話番号は覚えているので、きっともう少ししたら、月虹にすべてを打ち明ける日が来るはずです。
中々、幸せは遠いね。(´・ω・`)
求さんが問題だ……←
コメントありがとうございました。(*⌒▽⌒*)♪

2013/05/25 (Sat) 20:53 | REPLY |   

ちよ  

月虹さんと出会った頃、
母親の再婚に反対し、家出してさまよっていた…
涼介がついていた精一杯の嘘。

幼くて、無力で、後悔するばかり。
胸が痛いですね… ( ノД`)…

お母ちゃんとも、求さんとも連絡取れなくなってしまい、
どうなっちゃうの~

2013/05/25 (Sat) 09:31 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment