FC2ブログ

夜の虹 14 

端的にいえば、惚れた清介の方が悪かったということなのだろう。
好きになった相手が月虹でなければ、清介は恋人と映画を見たり食事に行ったり、二人だけの記念日には小旅行などもして、楽しい学校生活を送っていたはずだった。

清介は思い悩んだ末に、月虹に想いを寄せたまま傍にいるのが辛く、逃げ道を探した。
父の急な海外赴任にかこつけて、転校する道を選んだのは、好きだからこそ平気で他の者になる月虹を傍で見て居たくなかったからだった。
月虹はそんな清介を詰った。

「なぁ……清介が一人でこっちに残るってのは無理なのか?どうしても向こうに転校しちゃうの?おれはお前が傍に居なくなるのは寂しいぞ。寮だってあるんだから、こっちに残れよ。何なら、おれのマンションに来たっていい。部屋ならいくつもあるんだし。」

「う……ん。ぼくも寂しいけど……。家族は、できるだけ一緒にいる方が自然だって思うんだ。」

「恋人同士も一緒にいる方が、自然じゃないのか?」

「……いっぱい手紙書くね。」

「清介のバカ。もう、いいよ。シンガポールでもバンコクでもどこでも行っちゃえ。」

「月虹……ごめんね。」

ふくれっ面をする月虹が妾腹で、家族の温もりがないのは清介も知っていた。母親の話も聞いたことがなかった。通いの家政婦と執事が面倒を見てくれるだけで、マンションに帰っても傍に誰もいない月虹が、セクスの時だけ求める人肌を愛情の全てだと思ったとしても、誰に責めたりできるだろう。
恋人同士だと清介に言いながら、月虹は手あたりしだい目の前で相手を抱く。
見つめる清介は、華やかな揚羽のように蜜を求めて舞う恋人を失うのが怖くて、止めてくれ、自分だけを愛して傍にいてくれと口に出せなかった。

「ぼくだけの月虹でいて。こんなの恋人同士なんて言えないよ。」

そう口に出してしまえば、全てが終わってしまうような気がする。




本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)

大切なことは、なかなか言えないのです。(´・ω・`) 言えたら、苦労しないよね。
そして、清介と月虹の恋は…… ……



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ






関連記事

5 Comments

此花咲耶  

ちよさま

> きゃあ~!!
> スペシャル級の付記をありがとうございます!!

(*⌒▽⌒*)♪喜んでくださってうれしいです。

> いつもの更新分よりちょびっと短いかなぁ?って思っていたのですが、
> 読者のみなさまも充分理解されていると思いますよ!!

ざっくり端折りましたから、短かったのです。
必要な場面かどうか、悩み中です~(´・ω・`)
でも、読んでいただけて良かったでっす。(〃゚∇゚〃)

> でも、コメ欄にのみに付記されているのはもったいないです…。

ありがとうございます。今度また改稿してHPに移動するときに考えます。(〃゚∇゚〃)

> じいちゃんさん、
> 「何も持っていないお前を好きになってくれる人を信 じればいいと言う事だよ。」
>
> さすが素晴らしい事をおっしゃっていますが、
> ちびっこ月虹には、むずかしいお言葉だったようですね。

わからないです~(´・ω・`)←ちびっこ月虹
でも、おばあさまに嫌われていることはわかっているかな。違うお話になりそうです。
コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒▽⌒*)♪

2013/04/25 (Thu) 20:41 | REPLY |   

ちよ  

きゃあ~!!
スペシャル級の付記をありがとうございます!!

いつもの更新分よりちょびっと短いかなぁ?って思っていたのですが、
読者のみなさまも充分理解されていると思いますよ!!

でも、コメ欄にのみに付記されているのはもったいないです…。

じいちゃんさん、
「何も持っていないお前を好きになってくれる人を信 じればいいと言う事だよ。」

さすが素晴らしい事をおっしゃっていますが、
ちびっこ月虹には、むずかしいお言葉だったようですね。

2013/04/25 (Thu) 14:19 | EDIT | REPLY |   

此花咲耶  

下記に追記したものは、今日のお話の前半部分でした。
有ったほうが、読み手さまには分かりやすかったかもしれません。
すまぬ~

2013/04/25 (Thu) 00:11 | REPLY |   

此花咲耶  

ちよさま

> お妾さんの子でありながら、名門校に通う月虹。
> 仙道家の庇護のもとに育っているものの、
> 本当の愛情は、貰えなかったのかな。

本当の愛情がどういったものか、わかっていないと思います。
ざっくり削った個所を、下記に付記しておきます。

> それに理事長の息子だもの…。
> 人を思いやる愛情よりも、
> 人を支配するような教育とか受けていそう。
> 自信に満ち溢れた装いではあるけれど、
> 色々と複雑そうですね…。

ありがちだけど、その通りです。
(*⌒▽⌒*)♪ちよさん、ぴんぽ~ん!

> 自分から離れようとする清介さんを
> 簡単に諦めてしまうのでしょうか!?

(´・ω・`) ……ネタバレになるから言えないんだけど……このちんいじめっ子になりました。

では、悩んだ末に削った個所を張っておきます。

*****

月虹が妾の子として生まれた仙道家では、明治以前の世から外腹で生まれた男子も直系と同じく、大切に金を掛け天衣無縫に育てられて来た。
直系男子に何かあった時には代わって家督を継がせるから、分け隔てなく本家の子供と同じように贅を尽くして英才教育も受けさせる。

遠い昔、初陣から間もない先祖が、ここ一番の大勝負に怖気づき、逃げを打ったことがある。
相手の名前に怖気て萎んでしまった跡継ぎは、たとえ嫡男と言えども、仙道家の血脈からはあっさりと外された。
それ以後、家訓には、長幼に関わらず仙道の血を引く者の中で一番秀でた者が、家督を継ぐべしと加筆された。公平を期すために、一族の中で厳しい試練を受け、それを成し遂げた者だけが仙道の直系の名を継いだ。
月虹は外腹で生まれたが、誰よりも優秀だった。しかも、同じ様に外に生まれて苦労した祖父に似ていて余計に愛された。

「小等部に入学だそうだな。」

「はい。」

「学園に居る間に、人を見る目を養いなさい。友人を作るのもいい。」

老人は孫を膝の上に乗せた。

「はい。」

「華桜陰には選ばれた者しか入学できないから、妙な輩と付き合うことはないだろう。少し早いが言っておく。今度、いつお前と会えるか分からないからな。ああ、金剛書き留めてやってくれ。いずれ、読めばわかる日も来るだろう。」

「はい。かしこまりました。」

まだ精通すらない幼い月虹に、祖父は告げた。

「付き合ううちに人の本性はおのずと見える。寄ってくる誰を相手にしてもいいが、仙道の名を汚さぬように品良くふるまいなさい。奔放なのは良いが、決して自分を見失わないこと。一番いけないのは、金銭の絡む淫行に耽ることだよ。」

「……いんこ……?小鳥?」

「はは……まだ、月虹にはわからないか。そうだな。何も持っていないお前を、好きになってくれる人を信じればいいと言う事だよ。」

「月虹は、おじいさまが好きです。とてもお優しいから。」

「わたしも出来の良い孫は可愛い。月虹はおばあさまは、好きか?」

「……おばあさまは、ぼくがいなくなればいいのにとおっしゃいました。よくわからないけれど、家名が大切だから家訓に背いて、ぼくを排除するわけにはいかないのだそうです。」

「そうか。聡子は賢い女だから、お前に毒なぞは盛るまいよ。それに執事の金剛がお前には目を光らせているからな。学校に居る間は楽しむといい。」

「さみしくないように、月虹はたくさんお友達を作ります。」

「そうするといい。」

思い返してみれば、皮肉なことに祖父の言う「一番いけない、金銭の絡む淫行」が、今の月虹を支えていたりする。

2013/04/25 (Thu) 00:02 | REPLY |   

ちよ  

お妾さんの子でありながら、名門校に通う月虹。
仙道家の庇護のもとに育っているものの、
本当の愛情は、貰えなかったのかな。
それに理事長の息子だもの…。
人を思いやる愛情よりも、
人を支配するような教育とか受けていそう。
自信に満ち溢れた装いではあるけれど、
色々と複雑そうですね…。

自分から離れようとする清介さんを
簡単に諦めてしまうのでしょうか!?




2013/04/24 (Wed) 22:26 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment