FC2ブログ

夜の虹 11 

気の毒なくらいしょげ返って警察から戻った涼介は、六郎の背中に隠れていた。
六郎のシャツの背中を掴んだまま、中々言葉も発せない。
子供のような仕草に思わず六郎が「おい、涼介。一緒に詫びを入れてやろうか。」と笑いを堪えた。

「兄貴……」

その場にぺたりと這いつくばって額をこすりつけ、涼介は蚊の羽音のようなか細い声を絞り出した。

「……迷惑かけてすみませんでした。謝って済むことじゃないと思いますが……詫び代わりに、エンコ(指)詰めさせてもらいます。」

「そうか。涼介がそうしたいんなら好きにすればいい。新しい匕首と晒しは親父の寝台の引き出しに入っている。親父に言って出して貰え。」

「……はい。」

冷たく言い放った月虹を見上げた瞳が、うるうると泳いだ。
許されないことをしたと思った。
もう二度と、傍に寄らせてもらえない、それだけのことをしたのだと悟った。よろよろと涼介は立ちあがった。六郎は言葉無く、一つ頭を下げるとそっと席を外した。

「兄貴に怪我させた……けじめ……つけてきます。それで、おやっさんに話して、組も抜けさせて貰います。」

「おう。達者でな。」

「……長い間、お世話になり……ました……」

深々と涼介は頭を下げた。
ぱたぱたと涙が滴り落ちた。そのまま頭も上げられない。
肩が震えていた。

「……ったく。お前ってやつは冗談も通じないのか。つまらねぇやつだな。話をしたら、兄弟喧嘩くらいでエンコ詰めてどうするんだって、おやっさん笑ってたぞ。大体なぁ、スケコマシが女と指切りできなくなってどうするんだ。そこは大事だろうが。」

驚いたように涼介が目を瞠る。

「兄貴……おれのこと、許してくれるんですか?つか、たぶん……おれはスケコマシには向いてないっす……」

「だから、みんな冗談だって言ってるだろうが。」

「え……?だって……おれ……とんでもないことやらかしたのに。」

「今回の事は許すも何も、鈍感すぎるおれが一番悪いって雪が言ってたぞ。お前に応えてやらないおれが一番悪いってさ。散々一緒に居るのにちゃんと相手してやらないなんて、おれも、つくづく馬鹿野郎だったよなぁ。悪かったな、涼介。おれへの気持ちは麻疹みたいなもんで、いつか目が覚めると思っていたんだよ。お前は、本気だったんだな。」

「……うっ……うっ……えっ~……ん……」

涼介の嗚咽は止まらなかった。決して、口に出せない届かぬ思いだと思っていた。
月虹の優しい口調に涙線が、決壊する。

「す……みません。すみません……兄貴。おれ、気持ちだけ先走って……。半人前のおれのこと、ちゃんと考えてもらおうなんて……思ってもみなかったです。でも、花菱のママが、当たり前みたいに兄貴の事誘うの見てたら、頭に血が登っちまって……おれ……おれの方がずっと前から……って……」

「そうか。確かにおれとお前は長い付き合いだったよな。」

「……はい。」

「もういい、忘れろ。背中の薄皮が一枚破れただけだ。」

「はい。」

「それよりな、おれの恋人がどうのと言ってただろう?覚えてるか?」

「……はい。」

「今も知りたいか?」

涼介は、こくりと頷いた。

「知りたいっす……兄貴の心の中に住んでる人の事……教えてください。」

「話してやるよ。」




本日もお読みいただき、ありがとうございます。(*⌒▽⌒*)♪
無事に帰ってきた涼介です。

(つд⊂) 涼介 「……兄貴。すみませんでした……」

月虹の心の中には、いったいどんな人が住んでいるのか……悲しい過去のお話しへと続きます。


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



関連記事

4 Comments

此花咲耶  

nichika さま

> 涼介さんにとって悲しい気持ちを増やすのだろうけど
> 月虹が涼介に語ることによって より深く気持ちが繋がることを思います

月虹が語るのは、たぶん涼介が一番知りたいことだと思います。
話を聞いて、それでも気持ちが揺らがなかったら、本物かな。

> たしかにスケコマシに 指がないのはちょとね (ノ◇≦。) ビェーン!!痛い
> 涼介 心して 聞くのだぞ。。。

(*⌒▽⌒*)♪痛いよね~
意地悪な月虹でした。
涼介は意外に泣き虫です。(つд・ )……泣いてないもん……

コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2013/04/22 (Mon) 23:14 | REPLY |   

nichika  

ついにですね

涼介さんにとって悲しい気持ちを増やすのだろうけど
月虹が涼介に語ることによって より深く気持ちが繋がることを思います

たしかにスケコマシに 指がないのはちょとね (ノ◇≦。) ビェーン!!痛い
涼介 心して 聞くのだぞ。。。

2013/04/22 (Mon) 20:47 | REPLY |   

此花咲耶  

ちよさま

> 月虹さん。
> 事情を解った上で、背中の薄皮が一枚破れただけ…。
> って涼介を諭すなんて、おっとこ前です!!

(*⌒▽⌒*)♪うふふ~~♡男前に見えてよかったです。
>
> 今まで以上に涼介が心酔してしまいそう( ♡∀♡)

(*/д\*) まじで、好きです……←涼介
これから、月虹が涼介とどうなるか……楽しみにしていてくださいね。(*⌒▽⌒*)♪

> いよいよ月虹さんの過去と心の中の方が判明するのね…

悲しい過去が明らかになります。月虹の心の中に住んでいる人には、きっと涼介は太刀打ちできないけど、それでも知りたいと思っているはずです。(`・ω・´)「話してやるよ。」

> 毎回楽しみです!!

(〃゚∇゚〃) きゃあ~♡
嬉しいお言葉ありがとうございます。これからもがんばりまっす!

2013/04/22 (Mon) 20:31 | REPLY |   

ちよ  

月虹さん。
事情を解った上で、背中の薄皮が一枚破れただけ…。
って涼介を諭すなんて、おっとこ前です!!

今まで以上に涼介が心酔してしまいそう( ♡∀♡)

いよいよ月虹さんの過去と心の中の方が判明するのね…

毎回楽しみです!!

2013/04/22 (Mon) 18:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment