FC2ブログ

番外編 金襴の契り 3 

鶴千代は杏一郎の為すまま、静かに息を詰めて身体を固くしていた。
言葉を発しないのは、どうなるか先が読めないからだ。心の臓が激しく跳ねる音だけを、気づかれはしまいかと気にしていた。

「鶴千代さま。怖いことは何も致しませぬ。痛いことも致しませぬ。杏一郎は誓って鶴千代さまをとてもお大切に思っております。」

「……うん……」

「杏一郎が手ほどきいたしますのは、好いた相手に与えられるなら何より無上の喜びとなり、憎い相手に与えられるなら屈辱以外の何物でもない行為です。」

「それは……皆が言う衆道の手ほどきか?」

「手ほどきではございませぬ。杏一郎がどれほど鶴千代さまをお大切に思っているか、知っていただきたいのです。」

鶴千代の見つめる杏一郎の手の中には、細い竹筒が握られていて、素早く中身を手のひらにあけた。そう言いながら、膝がしらに手を掛けると手を伸ばし、ゆるく締めた六尺の縦褌を解き、ぷつりと濡れた指で菊門に触れた。
転がされた鶴千代が身を固くして、じっと杏一郎を見つめている。

「お大事に触れますぞ。」

六尺を取り去った下肢は、すでに痛いほど張りつめていて、ささやかなものが腹を打っていた。杏一郎が自分の六尺を解くと、鶴千代が小さくあっと声を漏らすのが聞こえた。

「……乳母やが御台所を迎えるまでは、決して自分で……用を足すとき以外、これに触れてはならぬと言うた……のじゃ。」

「それは、乳母さまが女子だからでございますよ。男子は時折精を抜かないと、身体に障ります。」

視線を絡めたまま、杏一郎は静かにゆるゆると鶴千代の持ち物をこすり続けた。片手は菊門に執着し濡れた指がゆっくりと抜き差しされている。固くなってせり上がった果実にも指を這わせ、時折あやすようになぶった。

「身命を賭して悔いの無い相手と出会えた時に、こうするのです。いつしか自然に花がほころぶように……ああ、双果実が弾けてしまいそうだ。」

「きょ……杏一郎……我慢が……きかぬ。厠に行かねば、粗相をする。手をはな……せ。」

「朝起きた時に、下帯が濡れていたことが有るのなら、精が零れましょう。杏一郎の手のひらに零しておしまいなさい。」

「……でも……」

杏一郎は直もさえずる山鳩の小首を捕まえると、深く口を吸った。舌の侵入を許した鶴千代がはふっ……と喘ぐ。いつしか全身が弛緩して、杏一郎の腕の中にすっぽりと抱きこまれていた。

「さあ、鶴千代さま。」

「あ……ぁっ……」

羽二重の布団を折りたたんで重ねた壁に、鶴千代は沈みこんだ。
切なげに身を捩り、杏一郎の二の腕を掴んだまま鶴千代の腰が揺れた。

ふる……と、息を詰めて戦慄し、鶴千代は杏一郎の手の中に吐精した。
指の間から糸を引いて流れる薄い白濁を見て、鶴千代は困惑したように赤くなって兄分を見つめたが、それはこれから始まる行為の前戯に過ぎなかった。




本日もお読みいただきありがとうございます。(*⌒▽⌒*)♪

それはこれから始まる行為の前戯に過ぎなかった。……なんて、大きく出てしまってだいじょぶか?

(`・ω・´)杏一郎 「がんばりまっす。」←こすっただけ……

(〃゚∇゚〃) 鶴千代 「きゃあ~」←こぼしただけ……

(´・ω・`) 此花 「……くすん。」←必死


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ




関連記事

3 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/04/08 (Mon) 20:46 | REPLY |   

此花咲耶  

Re: 拍手コメントsさま

> 必ず念弟を経験してから念兄になるかというと、此花の乏しい知識の中ではたぶんそうだったのではないかな~と……思うのです。
> キリスト教が入ってから以降、男色はいけないものになってしまって、鶏姦罪(後穴使用すると罪になっちゃうよ)なるものまでできてしまいました。
> でも、戦国時代は男色が常識でほとんどの武将が当たり前にたしなんでおりました。何しろ戦場に女性を同伴できませんでしたから必要だったのでしょう。
> 有名どころの武将のエピソードなど拾っていますと、必ずそういう話が出てまいります。
> でも下層階級出身の豊臣秀吉だけは、成長する過程で男色に触れる機会がなかったせいかその趣味がなく、無類の女好きで 家臣にその事で「男色に興味のない田舎者」と陰口を叩かれていたそうです。
>
> 個人的には、念弟として自分に経験がないと、教えることはできなかったと思うのです。武家の場合、守り役として年長者が教育に携わりましたから、一枚噛んでいるような気がします。
> ウィキペディアで「衆道」と、入れますと簡単な歴史というか、流れが見えてきます。
> なかなか、奥が深いです……。(*⌒▽⌒*)♪
>
> なんちゃってで、はっきりとした 裏付けはありませんが、こういう設定で書いてます。
> お返事になったかどうかわかりませんが、このちんもうっすらだから、ごめんなさい。すまぬ~(´・ω・`)

2013/04/08 (Mon) 20:07 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/04/08 (Mon) 18:32 | REPLY |   

Leave a comment