FC2ブログ

番外編 赤べこ 3 

杏一郎は話をしながら、布団の中から鶴千代を引っ張り出し、しっとりと濡れた夜着を脱がせた。行李に入れてある着替えを取り出し、何事も無いように下穿きも素早く取り換えてしまう。手慣れた行為だった。

「寒くはありませんか?」

「……あい。」

「ちょっとお待ちになってくださいね。」

そっと触れてみても、たいして濡れていない。恐らく部屋の外が暗くて厠に行けず、我慢しきれずに失禁しただけなのだろう。
僅かに濡れたふとんをひっくり返して、鶴千代を入れようとしたとき、布団の中から何やらころりと足元に転がり出てきた。

「あっ……」

初めてお目見えしたときに、杏一郎は自分のお気に入りのお古のおもちゃを、鶴千代に持って来た。赤い牛の頭が揺れるのを小さな鶴千代は気に入って、いつも一人で遊んでいると、大分前に守り役に聞いて居た。

「もう、壊れてしまっていたんですね。それに、すっかり赤い色も剥げている……」

「……す、捨ててはならぬっ!」

「これは、鶴のじゃ……」

鶴千代は壊れた赤い牛のおもちゃを、奪うように胸に抱いた。

「若さま……」

杏一郎の目頭がふと熱くなった。
大切な赤牛を抱えて丸くなった鶴千代が、哀れで愛おしくてならなかった。
厳しく躾けられて、5歳になってからは、お一人で寝間にお行きなさいと言われた鶴千代には、きっと杏一郎に貰ったこの小さな赤牛だけが心の拠り所だったのだ。

「さあ、お寝間にお入りください、鶴千代さま。杏一郎はずっと、お傍に居りますからね。」

「……ほんとう?杏一郎……帰らないで鶴の傍に居るの?」

「鶴千代さまが眠るまで、襖の向こうに居られるように、殿さまにお願いしてみます。鶴千代さまの夢の中に入って、杏一郎が魔物をやっつけて差し上げます。」

「……杏一郎がいっしょなら、鶴も泣かずに退治する……」

「では、げんまんしましょう。武家の子は強くあらねば。」

「……げんまん……」

体温の高い子供が、懐で杏一郎を見上げて、濡れた頬でにっこりと笑った。
おでこをくっつけて小さな小指を絡め、鶴千代と杏一郎は約束の指切りをした。
忠義な国家老の子息の申し出に、藩主は異例の許しを与え、廊下ではなく寝間の中に衝立を置き、それからしばらくの間、杏一郎は鶴千代が一人で眠るまで傍に居た。

*****

二人の絆は、互いが藩主となり国家老となっても、揺らぐことはなかった。

藩主の居室には今も、色の剥げた赤い牛の玩具がある。
不器用な子供の手で修繕した赤い牛は、元通りにはならなかったが、触れるとぎこちなく首を振った。


                           il51_01.png

                          番外編 赤べこ -(完)-                         



お読みいただきありがとうございました。
小さな郷土玩具は、二人にとっても大切なものになりました。

(`・ω・´)杏一郎 「鶴千代さま。直して差し上げますから、お貸しください。」

(´・ω・`) 鶴千代 「……やだ……」

次は、もう少し成長し、婚儀を迎える杏一郎と揺れる鶴千代のお話しを書きたいと思います。
もう少しお付き合いください。 (*⌒▽⌒*)♪此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


関連記事

4 Comments

此花咲耶  

nichikaさま

> 以前という昔々 赤べこ 福島出身の方から頂きました
> 今や奥にしまい込んで出せない状態

nichikaさん、おそるべし……(°∇°;)
やばす~、なんちゃって時代物のはずなのに、特定されちゃいかんだろう、このちん。
(`・ω・´)大好きだから、つい背景で使ってしまいます。余り調べてないので、一応なんちゃって時代物でお願いします。

> あのゆるゆる 優しい首振りが思い出になってます
> やっぱり心優しい父君 番外編 楽しみにしてます。

ありがとうございます。
意外に骨太の父上なのでした。(`・ω・´)

2013/04/05 (Fri) 09:10 | REPLY |   

nichika  

懐かしい

以前という昔々 赤べこ 福島出身の方から頂きました
今や奥にしまい込んで出せない状態
あのゆるゆる 優しい首振りが思い出になってます
やっぱり心優しい父君 番外編 楽しみにしてます。

2013/04/02 (Tue) 17:35 | REPLY |   

此花咲耶  

ちよさま

> 鶴千代の大切な赤べこは、
> 杏一郎と初めて出会ってから
> ずーっと一緒にいたのでしょうね。

はい。(*⌒▽⌒*)♪鶴千代は、赤べこをず~っと、大切にしていました。
たぶん物心ついた頃に、これはいつも遊んでくれる杏一郎様に頂いたのですよ……って誰かに聞いたのかもしれません。

> 壊れてしまっても、そばにあるだけで落ち着いて、
> 手元から離れてしまうと、寂しくなっちゃうのかな…
> 杏一郎がくれた赤べこは、
> もう、ただのおもちゃじゃないんでしょうね。

そうです。わ~い。(*⌒▽⌒*)♪そう思ってくださってありがとうございます。
赤べこは、きっとなくてはならない鶴千代のライナスの毛布なのです。
(`・ω・´)鶴千代「たいせつなのでっす。」

> ちびっこ達が僅かな時間の中で築いた絆。
> その後も続く主従関係。
> お話は一旦区切りのようですが、
> 続きも楽しみです~!!

はい。きっと前後編でお届けできると思います。
困ったことに主従関係のちびっこは此花の大好物なので、気がつくとどこかで読んだような作品になりそうなので気をつけたいと思います。(`・ω・´)
コメントありがとうございました。
がんばりまっす!(*⌒▽⌒*)♪

2013/03/25 (Mon) 23:22 | REPLY |   

ちよ  

鶴千代の大切な赤べこは、
杏一郎と初めて出会ってから
ずーっと一緒にいたのでしょうね。

壊れてしまっても、そばにあるだけで落ち着いて、
手元から離れてしまうと、寂しくなっちゃうのかな…
杏一郎がくれた赤べこは、
もう、ただのおもちゃじゃないんでしょうね。

ちびっこ達が僅かな時間の中で築いた絆。
その後も続く主従関係。
お話は一旦区切りのようですが、
続きも楽しみです~!!

2013/03/25 (Mon) 22:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment