FC2ブログ

番外編 赤べこ 1 

大津の父、双馬杏一郎の若かりし頃の話である。

代々、国家老を務める双馬家に、7歳になる惣領を連れて登城せよとの沙汰が下った。

「杏一郎。どうやら、殿はおまえに、若さまの遊び相手をさせるおつもりらしい。謹んでお受けせねばの。」

「あい、父上。でも、若さまはお小さくて、まだご一緒には遊べないのでしょう?」

「どうかな。わしはまだお目にかかったことはないが、お前と顔合わせだけでもさせておく心づもりなのであろうよ。早く、支度をおし。」

「あい。」

杏一郎は自分のおもちゃを一つ見繕って懐に入れると、父と共に馬上の人となった。

*****

藩主に嫡男が生まれ国中が喜びに湧き立ったのは、わずか10か月ばかり前の事であった。お召しを受けて杏一郎(きょういちろう)は父の後に付き従った。

「これは、国家老様。ご嫡男ですかな。中々凛々しい男振りでござる。」

皆が声を掛けてくれるのを、少し面映ゆく思いながら杏一郎は神妙に頭を下げた。長い着物を引きずった見目良い女性が、こちらへと誘(いざな)ってくれた。

「さ、皆さまが、広間でお待ちでございます。杏一郎さまも、どうぞご若さまにお目通りくださいますように……」

青々としたい草の香りの高い広間には、城主と御台所、若さまと御付きの侍女が数名いて、国家老親子を待っていた。

「杏一郎、よう参った。待ちかねたぞ。これが我嫡男の鶴千代じゃ。近う参れ。」

「鶴千代君(ぎみ)……お初にお目にかかりまする。杏一郎にございます。」

赤子は福々とした健康そうな男子で、藩主の腕を支えにつかまり立ちをしていたが、やがて人懐こい笑顔を浮かべて、まっすぐに杏一郎の膝へと這い寄って来た。

「おお、鶴千代さまは杏一郎どのを気に入ったと見える。」

若い御台所も、ころころと嬉しげに笑った。

「……そうだ。これを差し上げようと思って持って参りました。」

「それは?」

「わたしが赤子の時に、これを動かして見せれば泣き止んだそうなのです。わたしにはもう必要ありませんから、若さまに差し上げようと思い持って参りました。」

それは首を上下に振る小さな赤い牛のおもちゃで、杏一郎は幼子の前に置くと、ちょんと頭をつついて振らせた。
小さな手で力任せに触れようとするのを止め、抱き上げると背後からそっと手を添えて軽くつつくのだと教えた。

「……だぁ……」

「お上手です、鶴千代さま。」

乳の匂いのする赤子は、手を添えてもらって熱心に赤い牛の頭をつつき、にこにこと良く笑った。

それが、いずれ藩主となる鶴千代と杏一郎の出会いだった。




お読みいただきありがとうございます。(*⌒▽⌒*)♪

三話完結の番外短編です。
大津のパパが7歳、藩主はまだ一歳になっていません。
甘々な裁決をした、藩主と国家老のエピソードです。

(〃゚∇゚〃) 大津「7歳の父上がかわいい~」

(*⌒▽⌒*)国家老「まあ、わたしが殿の子守をしましたって言う話ですな。」


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



関連記事

2 Comments

此花咲耶  

ちよさま

> 国家老パパのちびっこ時代。

ちびっこです。(。・ω・。)ノぁぃ♪しかも、藩主は赤ん坊です。ばぶ~(*⌒▽⌒*)♪
び……BL……?ベイビーラブ……■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ

> 後のお殿さまと国家老パパさんは、
> お互いこんなに幼い時からの
> お知り合いだつたのですね…

主従関係です。どうやら大津のパパは、兄上みたいな存在です。

> 若くても、深く考えを巡らすことが出来るお殿さま。
> パパさんとの深い主従関係には、
> どんな出来事があったのかな!?

うふふ~(*⌒▽⌒*)♪
エピソードを拾い始めると、いっぱいありそうなのですが、とりあえずかけがえのない存在になるところまで書こうと思います。

> 楽しみです~!!

お読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃) ベイビーラブでがんばります。←どうだろう~
コメントありがとうございました。

2013/03/23 (Sat) 23:50 | REPLY |   

ちよ  

国家老パパのちびっこ時代。

後のお殿さまと国家老パパさんは、
お互いこんなに幼い時からの
お知り合いだつたのですね…

若くても、深く考えを巡らすことが出来るお殿さま。
パパさんとの深い主従関係には、
どんな出来事があったのかな!?

楽しみです~!!

2013/03/23 (Sat) 23:14 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment