FC2ブログ

落日の記憶 1 

通いなれた洋館の螺旋階段を慌ただしく駆け上り、澄川財閥の直系、澄川東呉(すみかわとうご)は当主の部屋を訪ねた。大学を卒業してから、系列会社に入社以来既に数年の時が経っている。
少年の面影を残し、東呉は26歳になっていた。

「柳川さん。じいちゃんの具合はどうなの?」

「ああ、東呉さま。少し高い熱が出ましたので、連絡させていただきました。今はお薬が良く効いて熱も平熱まで下がったようです。驚かせて申し訳ございません。」

「そうか~。良かったよ。熱が下がらないって言うからさ、肺炎にでもなったかと思った。ほら、子供と老人の肺炎って怖いじゃない。」

そっと扉を押して、中の様子を覗いた。
薄暗がりの部屋から、「東呉か……」と呼ぶ声がした。

「うん。じいちゃん、大丈夫か?」

「ここにおいで。もう気分はいいんだ。柳川は大げさで困る。」

「旦那様。ご無理はいけません。」

起き上がろうとした主人に、執事の柳川は思わず口調を荒げた。子供のころから長年、寄り添って生きて来たと言う柳川には、当主も頭が上がらない。身内よりも長く一緒に過ごして来たのです、と以前聞いたことが有った。

「柳川……久しぶりに夢を見たよ。」

『なんの夢でございますか?』

『なんの夢を見たの?』

思わず同じ質問をしてしまい、柳川と東呉は顔を見合わせて笑った。

「あれは……あの風景は、子供の頃に初めて訪れた大江戸だったな。紅柄格子の二階建てが、明々とした雪洞(ぼんぼり)に照らされていた……美しいが誰もいない場所は寒々としていて、柳川が傍に居なければ逃げ出してしまいそうだった。」

「そうですか。柳川もお傍に居りましたか。」

「腐れ縁だの。」

「そういえば、爺ちゃんも大江戸に行ったことが有ったんだ。あそこは、夢みたいな場所だったね。ぼくも時々は思い出すよ。初めて見た水化粧の雪華花魁の姿は、ほんとに夢のように綺麗だった。」

「そうだな。東呉には一度話しておくのもいいかもしれない。その昔……わしの時代にも、色々なことが有った。」

祖父は寝室に置いた写真立ての、一枚の色あせた写真を懐かしむようにじっと見つめた。

「それ、じいちゃんの昔の写真?」

「いや……これは、兄の光尋とその情人の写真だ。」

「軽装だけど、これ。この人は花魁だよね。」

「ああ。戦後すぐのころの、花菱楼の雪華大夫だ。この人が居なかったら、今のわしはここに居ない。大江戸で一方ならぬ世話になったんだ……まさに地獄で仏……ではないな、菩薩にあったような心持がした。」

「へぇ……。由綺哉さんの何代前の雪華花魁だろう。この人も綺麗だね。」

セピア色の写真を眺めていると、極彩色の懐かしい大江戸の風景が脳裏に浮かんだ。





じいちゃんは、その昔かなりの美人だった設定です。(〃゚∇゚〃)
新しいお話は、じいちゃんが子供のころのお話です。
よろしくお願いします。  (*⌒▽⌒*)♪



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



関連記事

2 Comments

此花咲耶  

chobonさま

> じいちゃん、かなりの美人だったの?マシで⁈
> マジじゃ
>
> ノリのいいじいちゃん♡
> 第一作目から隠れファンでした

きゃあ~♡chobonさま。(*⌒▽⌒*)♪
今年もよろしくお願いしまっす!(`・ω・´)

戦後に苦労した華族さまのじいちゃんなのです。
好きな背景ですと、つい熱く語りたくなってしまうので、ちゃんとBLになるようがんばります!
美貴ちゃんが幸せになりますように。(〃゚∇゚〃)

2013/01/05 (Sat) 08:16 | REPLY |   

chobon  

じいちゃん、かなりの美人だったの?マシで⁈

マジじゃ


ノリのいいじいちゃん♡
第一作目から隠れファンでした

2013/01/04 (Fri) 23:56 | REPLY |   

Leave a comment