FC2ブログ

落日の記憶 【作品概要】 

今回は、平成大江戸花魁物語の主人公、澄川東呉の祖父の若いころの話です。
美老人、澄川財閥当主、澄川基尋が戦後、大江戸へ行った前後の頃の物語です。

公家華族として何不自由のない暮らしを送っていた、柏宮基尋の生活は戦後一変しました。
お金に困った多くの華族たちと同じように、苦労する父親(柏宮子爵)の窮状を見かねて、基尋は大江戸に行く決心をします。
小姓の柳川浅黄を供に連れ、花菱楼の裏木戸をくぐった基尋の運命は……(`・ω・´)

健気な少年のお話になるはずです。(´・ω・`) ←

*****

明治の頃、東京の地下に大江戸という大きな男だけの花街がつくられたと言う、ありえない設定のお話です。
そこは江戸吉原と同じようなしきたりの遊郭が並び、時代の特権階級、富裕者だけが足を踏み入れることができるのです。




新しいお話です。
いつも通り9時にアップする予定です。着地点が決まりましたので、連載開始いたします。
不定期になるかもしれませんが、本年もどうぞよろしくお願いします。 此花咲耶



にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



関連記事

0 Comments

Leave a comment