FC2ブログ

沢木淳也・最後の日 30 

やっと面会許可が下りた沢木は、最愛の息子の見舞いに目を細めていた。

「隼。署長に聞いたぞ。パパにそっくりの遺体を見ても、泣いたり取り乱したりしなかったんだってな。男を上げたな。」

隼は寝台に腰掛けると、すりすりと沢木の膝に頭を乗せて沢木を見上げた。

「パパの子供だもん。パパかどうか位、一目でわかるよ。」

「そうか。」

「それにパパが、いつも覚悟だけはしておきなさいって言ってたでしょ。ぼく、漢だもん。」

……もんって。

「パパ。このクリスマスケーキの飾り付けね、ぼくがしたんだよ。きのこも飾りもマジパンでぼくが作りました。どう?」

「おお~、この、なま……いや、赤いサンタクロースも隼が作ったのか?大きな目が可愛いなぁ。」

「うんっ!やっぱりパパには、これがサンタさんだってわかるんだね。」

「これがサンタじゃなきゃ、なんだってんだ?」

「周二くんはね……なまはげだって。」

「……あ~ん……?隼が精魂込めて作ったクリスマスの飾りを、なまはげだぁ?野獣の癖に、目が悪いんじゃねぇのか。頭も悪いし、いいとこないじゃないか。」

「パパ、言い過ぎ。」

目が悪いのは隼だっつ~の。それに今、くそ親父だって、確かにケーキのサンタの事なまはげって言おうとしたよな?

*****

「周二さん。何で、そんな所に突っ立ってるんです?」

豪勢なクリスマスの料理を重箱に詰めて、木本と松本も遅れて沢木の見舞いにやってきていた。実際、代紋を下ろしているとはいえ、彼らには臆する場所だったが、木本に話があるからと呼び出されたらしい。

「ああ。久し振りだからさ、二人っきりにしてやろうと思ってここに居たんだ。あんな嬉しそうな隼の声を聞いたのは、いつだったかなって思うぜ。」

「ねんね。沢木の旦那が無事で、本当に良かったっすね~。」

松本はくしゅっと鼻をかんだ。隼を大好きな松本は、涙も見せずに健気に沢木の帰りを待っていた隼がいじらしくてたまらなかったらしい。

「木本さ~ん。パパがお話があるって。入ってください。」

「そうか。例の事件の詳細がわかったか。」

*****

沢木は木本を呼ぶと、深々と寝台の上に正座して頭を下げた。

「世話になった。この通りだ。礼を言う。今度の山が片付いたのは、木本のおかげだ。」

「何言ってるんですか。木本につなぎを付けた沢木の旦那のお手柄ですよ。」

「いや。話を聞いただけで場所に直行できたのは、地理に明るかったお前の働きだ。」

「なんにせよ、旦那が無事で良かったですよ。ねんね……隼ぼっちゃんの屈託のない笑顔を、木本は久しぶりに見ました。検死に来いと言われた時は、周二さんも木本も腹をくくりましたからね。隼ぼっちゃんだけが、腹の傷に気付いたんですよ。」

「……刑事が絡んだから、今回は事件が余計にややこしくなってな……」

沢木は話し始めた。




( *`ω´) 周二「今、くそおやじ、なまはげって言いかけただろ?」

 ( -ω-)y─┛~~~~パパ沢木「バカ野郎。サンタとなまはげの区別もつかねぇのは、お前くらいだ。」

本日もお読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)
もう少しでっす。


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

良い子のこのはなでっす!(`・ω・´)

> 「なまはげ」って
> 知ってはいますが、すぐに 思い浮かべるって どうなの?(笑)

隼ちゃんは色々残念な子なので、すごく不器用なのです。きっと、どう見てもなまはげそっくりのサンタクロースだったに違いありません。

> 沢木が助かったのには 木本の働きだったのね!
> それを知ったら 生徒会長は喜ぶだろうな~(*´・ω-)b ネッ

(〃゚∇゚〃) 蒼太「さすがは僕の、木本さん~~~♡」

> あっ こうしている場合じゃなかったわ!
> お昼から 沢木パパのお体を 拭き拭きがあるんだったわ♪
> 念入りに~念入りに~隅から隅まで 細部にわたって 精一杯 拭かせて頂きますわ~♡

(°∇°;) ほ、本気だ~~……

 ( -ω-)y─┛~~~~パパ沢木「よろしく頼む。ま、触られるくらい、どうってことないさ。減るもんじゃないしな。」

周二「むしろ増えたりして……」(*´・ω・)(・ω・`*)隼「けいったんさん。びっくりしないかな~?」

> ジュル(゜ρ゜*)□ヾ(`◇´)ノ彡☆ヨダレヲフキナサレ!!...byebye☆

(*⌒▽⌒*)♪コメントありがとうございました。

2012/12/24 (Mon) 13:17 | REPLY |   

けいったん  

悪い子は いねぇかぁーー!byなまはげ

「なまはげ」って
知ってはいますが、すぐに 思い浮かべるって どうなの?(笑)

沢木が助かったのには 木本の働きだったのね!
それを知ったら 生徒会長は喜ぶだろうな~(*´・ω-)b ネッ


あっ こうしている場合じゃなかったわ!
お昼から 沢木パパのお体を 拭き拭きがあるんだったわ♪
念入りに~念入りに~隅から隅まで 細部にわたって 精一杯 拭かせて頂きますわ~♡
ジュル(゜ρ゜*)□ヾ(`◇´)ノ彡☆ヨダレヲフキナサレ!!...byebye☆

2012/12/24 (Mon) 09:00 | REPLY |   

Leave a comment