FC2ブログ

沢木淳也・最後の日 28 

鹿島の構えた拳銃の銃口は、静かに荻野慶介に向けられていた。

「お終いだ。けいちゃん。」

「な……なんで~?雄ちゃんがこいつを撃てばいいじゃないか。そしたら、僕はこいつの顔を変えて、またどこかへ捨てに行くよ。雄ちゃん……。ねぇ、雄ちゃんは僕を裏切るの?嫌いになったの?」

「違うよ。けいちゃんが好きだから、こうするんだよ。」

「やだよ、雄ちゃん~、あっ!やめろー!」

沢木は静かに手錠を受け取ると、カチャと硬質な金属音を響かせて荻野の手に掛けた。片方を寝台の足につなぐ。

「それでいいんだ、鹿島。お前は刑事なんだからな。」

沢木はうなだれた鹿島に、初めて優しい声を掛けた。

「いいな。すべての利害は無視して、常に刑事としてすべきことを考えろ。」

「沢木さん……僕も罪を償います。けいちゃんをここまで追い込んだのは、僕です。結局僕は何もできなかったばかりか、けいちゃんに罪を重ねさせてしまった。けいちゃんがこうなったのは、全部僕のせいです。」

呆けたように荻野慶介は、自分の手に掛けられた冷たい手錠を見やり、次いで鹿島の顔を見つめた。

「雄ちゃん。もう泣いていないの?」

「うん。もう泣かないんだ。大好きなけいちゃん……少しの間、離れ離れになるけど僕はずっとけいちゃんの傍に居るからね。沢木さん……けいちゃんをお願いします。僕は先に逝ってけいちゃんを待って……」

「鹿島っ!」

一歩下がってこめかみに銃口を当て、引き金を引こうとした鹿島に沢木の旋回した足が届いた。一瞬沢木は、ぽっと肩のあたりの一点が熱くなったのを感じた。
何が起こったか沢木には分かっていた。
鹿島の撃った弾丸が沢木が蹴りを見舞ったことで狙いが外れ、肩を貫通したのだ。刺された時と同じように、撃たれた瞬間は熱を感じるだけで痛みを感じない。
だが、瞬時に耐えきれないほどの骨の砕けた痛みが沢木を襲う。意識が飛びそうになり、平衡感覚を失って天井がぐるりと回ったと思った。
立っていられなくなった沢木はその場に、がくりと膝を付いた。

「ばか……野郎……鹿島。よく考えろ。これが刑事のすることか?」

この場で気を失う訳にはいかなかった。

*****

既に、荻野形成外科の周囲に張り込んでいた刑事たちは、銃声を聞き一斉に飛び込んだ。踏み込んだ刑事たちは、肩口からの出血に染まった沢木が傷口を抑えたまま、床で呻いているのを見た。
撃たれた沢木が、取り上げた銃を持ち、キャリアの鹿島刑事が重要参考人、荻野慶介を抱きしめている状態にどこか違和感を覚えながら、刑事たちは速やかに救急車両の手配をする。

「実行犯……荻野慶介、殺人ほう助、鹿島雄一。鹿島警視監に連絡を頼む……」

肩の骨が砕けた沢木淳也は、それだけを言うと気を失った。




鹿島の教育係だった沢木淳也は、鹿島を守りました。

本日もお読みいただきありがとうございました。(*⌒▽⌒*)♪ 
あと、もう少しでっす。 (`・ω・´) 此花咲耶


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ


関連記事

2 Comments

此花咲耶  

鍵付きコメントkさま

本日もお読みいただき、ありがとうございます。(*⌒▽⌒*)♪

何とか間に合いました。

隼とパパが早く会えるといいなぁと思いながら、書いています。
コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2012/12/21 (Fri) 23:59 | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/12/21 (Fri) 22:01 | REPLY |   

Leave a comment