FC2ブログ

沢木淳也・最後の日 23 

閉ざされた病院で、荻野慶介は鹿島雄一の傍らにいた。

「雄ちゃん、何でぴぃぴぃ泣いてるの?雄ちゃんが泣くと、僕はすごく悲しい気持ちになるんだよ。ね……泣かないで、気持ちいいことしよう?」

「けいちゃん……」

「あの子たち、あっさり死んでしまってつまんないよ。ほら、僕のこここんなになってる。慰めてよ、雄ちゃん。舐める?」

荻野は鹿島を抱き寄せると髪を優しくなでた。

「どうして、震えているの?僕だけだったでしょう?」

「雄ちゃんの味方は、いつだって……出来の悪い雄ちゃん。東大合格したのだって、僕が一緒に勉強したからだよねぇ……?」

「けいちゃん。こんなこと、もうやめよ……?」

「こんなこと?何、言ってるの。」

きっと血走った目を向けると、荻野慶介は鹿島を張り飛ばした。けたたましい音を上げて、ステンレスのトレイに入った手術道具が散乱する。狂気と正気が交互に顔を出す、不気味な荻野に鹿島は怯えていた。

「やめてよ。けいちゃん……怖いよ……前は、うんと優しかったのに。」

震える鹿島に荻野は優しい目を向けた。

「……雄ちゃんってば、ほんとに泣き虫さんだなぁ。ほら、早くしないとベッドの上のホームレスが目を覚ますよ。雄ちゃんが好きになったおまわりさんの顔を、あいつに映すんだ。前の子たちとは手口が違うから、きっと警察は混乱するよ。楽しみだね、雄ちゃん。雄ちゃんのお父さんのあたふたする顔が浮かぶよ。」

荻野は拾い集めた手術道具を手に、寝台に近付いた。
二つの寝台に全裸の男が二人並んで寝かされている。点滴を受けて眠る二人の背格好はとてもよく似ていた。

「麻酔が効いているうちに、やってしまうからね。このおまわりさん、変だね。鼻筋の通った整った顔しているのに、わざと汚くしているみたいだ……。鼻はやっぱりプロテーゼを入れた方が良いな。」

気の毒な男のまぶたにメスが入り、薄く脂肪が抜き取られて沢木の切れ長の目が形成された。小さな傷痕まで見逃さず、荻野は神経質なほど丁寧に時間をかけて、もう一人の沢木を作り上げてゆく。縫合の跡を見ても、かなりの技術だった。

「この腹の傷は、そっくりに作るのは難しいな……まぁ、同じ場所にあればいいかな。」

沢木の腹を男の手が撫でまわした。びくりと腹を波打たせ、沢木が反応する。
沢木淳也は、まだ生きていた。

*****

数時間後、荻野はやっと全ての施術を終え、軽く伸びをした。

「あ~、疲れた~~!」

手術室の片隅に置かれたソファに腰掛けた鹿島は、ぼんやりとその様子を見つめていた。

術後で顔が腫れてはいるが、そこにいるのはまぎれもなく「沢木淳也」だった。あの可愛いけれど幼すぎる沢木の息子に区別がつくだろうか。何故、こんなことになってしまったのか……憔悴した鹿島の頬を伝わる滴は苦かった。
荻野は喜々として、気の毒な男の髪の毛を切り刻んでいる。もう、男に脈はなかった。

「硬直が解けるまでは、二日くらいここに置いておくよ。それから河川敷まで行って、置いて来る。雄ちゃん、あっちでコーヒーでも飲もう。僕、疲れちゃったよ。」

鹿島は仕方なく腰を上げた。
これで犠牲者が4人になった。ふと視線を彷徨わせ、鹿島はそっと沢木に近付いた。
気付かれないように素早く点滴を止めると、居間へ向かう荻野の後を追った。
どうか、一刻も早く気が付いてこの場から逃げ出してほしい。……そう念じた。




本日もお読みいただきありがとうございました。年末は稼業がとても忙しいのです。できる限り頑張るつもりですが、毎日更新は無理かもしれません。
遅れちゃったら、ごめんなさい。

此花咲耶


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> 荻野の目を盗んで 沢木を救おうとする鹿島

鹿島はやっと自分を客観的に見れるようになったのだと思います。

> 彼も 刑事として尊敬できる沢木にまで 害が及ぶ事になって
> ようやく 此処に来て反省し後悔するものが出て来たのでしょうか
>
> それに 隼と会って 父としての沢木に 自分の父とは違う 親子の絆を強く感じ取れましたでしょうし

そうです。きっと沢木との出会いは鹿島には重要でした。そこに気づいてくださってありがとうございます。(〃゚∇゚〃) うれしいです。

> でもね 鹿島、荻野を愛するなら 真正面から向き合って 
> 彼を この狂気の世界から引き摺り出さなくちゃ!
> 荻野の この凶行は 鹿島の為から起こったのでしょ?

一番最初の凶行は、鹿島のために行ったのでした。その辺りの説明をこれから書こうと思います。

> 今日は、マジコメなけいったんだい!ヤル時は ヤルんだからね!
> エッヘン<(`^´)> ヾ( ̄▽ ̄*) 熱、ある?...byebye☆

色々なところが掘り出されてるなぁ……どきどき(〃゚∇゚〃)
携帯でコメントを読んだとき、いったい誰が入れてくださったんだろうと思いました。
コメントありがとうございました。
つんつん(゚∀゚)ー))゚∀゚)あうぅ~……という感じです。

2012/12/17 (Mon) 20:46 | REPLY |   

けいったん  

荻野の目を盗んで 沢木を救おうとする鹿島

彼も 刑事として尊敬できる沢木にまで 害が及ぶ事になって
ようやく 此処に来て反省し後悔するものが出て来たのでしょうか

それに 隼と会って 父としての沢木に 自分の父とは違う 親子の絆を強く感じ取れましたでしょうし

でもね 鹿島、荻野を愛するなら 真正面から向き合って 
彼を この狂気の世界から引き摺り出さなくちゃ!
荻野の この凶行は 鹿島の為から起こったのでしょ?

今日は、マジコメなけいったんだい!ヤル時は ヤルんだからね!
エッヘン<(`^´)> ヾ( ̄▽ ̄*) 熱、ある?...byebye☆

2012/12/17 (Mon) 08:53 | REPLY |   

Leave a comment