FC2ブログ

沢木淳也・最後の日 20 

木本の運転する車は、滑るように警察署の駐車場に入った。事前に訪問することは告げていたので、数人の関係者が出迎えてくれていた。隼はその中に、顔見知りの署長の顔を見つけた。

「隼君。こんなことになってすまないね。」

「いいえ。パパの身内は、ぼくしかいないから。」

「そちらは木庭組の?」

「はい。親父の代理で参りました。木本と申します。」

「商売上手らしいな。木庭(組長)が喜んでいたよ。」

「いえ、まだまだ若輩者です。今回は、沢木君がうちの周二さんの級友なんで、こちらに来るのはさすがに尻がこそばゆいんですが、お邪魔しました。」

「そうだったのか。不思議な取り合わせだと思っていたよ。同級生なのか。」

隼はうん、そうなの。仲良し。と頷いた。

「こっちだよ。」

署長自ら、遺体安置所のある別棟まで案内してくれた。

大切な部下の家族を前に、署長も歯切れが悪かった。しかも隼の事を昔からよく知っていたから尚更だった。

「隼君……大丈夫かい?その初めて見るだろうけど……死体と言うのは、なかなかよそよそしくてね。しかも少しばかり、状態が良くないんだ。傷付けられていてね。」

「ぼくは……大丈夫です。いつもパパが、パパにどんなことが遭っても……覚悟だけはしておきなさいって言ってるから。」

「そうか。沢木は君にそんなことを。」

扉を開けると、すぐに横たわっている姿が見えた。

ステンレスの寝台の上に、何もつけない状態であおむけに置かれた遺体がある。身体の中央に、申し訳程度にバスタオルだけが置かれていた。扱いは雑と言って良いくらいだ。確認作業が済むまでは、たとえ身分がどうであろうと遺棄死体はどれも同じ様に扱われる。

隼は遺体の傍に静かに近付いた。

*****

これまでに発見された遺体と同じように、随所に暴行を受けた痛ましい姿だった。髪は引きちぎられるように乱暴に切り刻まれたらしく、傷ついた頭皮に血が滲んでいた。指先は焼かれ、指紋の採取は出来ない。ひどく殴られたせいで、苦悶の表情を残した顔は腫れ、歪んでいた。隼は知らなかったが、ただ一つ幸いなことに、その腹にディスクを入れたポケットはなかった。

覗き込んだ隼が、ごくりと息を飲む。
腹に置かれたバスタオルを手に取ると、隼は視線を巡らせて、縋るように周二の顔を見た。
大きな瞳から、ぱたぱたと涙が溢れた。

「周二……く……」

「隼―――!!」

そのまますとんと力が抜けて、隼はその場にへたり込んだ。




|ω・`) ……つ、続く~
このちん、「ドs」ではありませんことよ……。

本日もお読みいただき、ありがとうございます。此花咲耶


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ






関連記事

6 Comments

此花咲耶  

たつみきえさま

> 隼ちゃん、このちんに殴られまくって…
> でも健気に立ち向かって…
> えらいぞ――――。

( *`ω´) 殴ってないぞ~、このちん優しいもん。
>
> 超ドSこのちんに負けるなぁ(`・ω・´)ノ

ヾ(。`Д´。)ノ違う~~というに!
>
> パパ~ぁ。
> このちんのきちくぶりに負けないで復活してねぇ。
> ラブリー息子が待っているんだし。

きえちんが言うから、どんどんドs疑惑が大きくなってるじゃないか~!

|゚∀゚)パパ、復活~!
>
> いじわるしたこのちんを、おしばりの刑とかしてさぁ。
> (きえちんはSじゃないからどうしたらいいのか分かりませんが。)

うそつききえちんに、お仕置きっ!■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ

> それにしても、こういった背景、きちんと書けるこのちん、すばらしいです。

褒められてるのか……?
背景はとても気になるタイプです。コメントありがとうございます。(*⌒▽⌒*)♪


2012/12/14 (Fri) 20:15 | REPLY |   

たつみきえ  

隼ちゃん、このちんに殴られまくって…
でも健気に立ち向かって…
えらいぞ――――。

超ドSこのちんに負けるなぁ(`・ω・´)ノ

パパ~ぁ。
このちんのきちくぶりに負けないで復活してねぇ。
ラブリー息子が待っているんだし。

いじわるしたこのちんを、おしばりの刑とかしてさぁ。
(きえちんはSじゃないからどうしたらいいのか分かりませんが。)

それにしても、こういった背景、きちんと書けるこのちん、すばらしいです。

2012/12/14 (Fri) 17:48 | REPLY |   

此花咲耶  

ちよさま

> 隼ちゃん!
> パパさんじゃない事を確認できた…?(;°Д°)?

(´・ω・`) 隼「ちよさん、あのね……」

■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ 此花「隼ちゃん、言っちゃ駄目!」

> でも、パパさんじゃなかったら別な方のご遺体になるわけだし…
> 何れにしても心が痛む事です…。・°・(。pωq。)・°・。

(´・ω・`) そうなの、色々とね~
刑事ものって、どうしてもこういう場面かかなきゃいけないから、辛いね。
>
> 署長さーん、こちらのご遺体さん、
> 隼ちゃんに確認してもらわなければ判断出来ない程、
> パパさんにそっくりなの?
> どうなのよ~(;°皿°)ノ

どうやらそうみたいです。署長さんも隼ちゃんの小さいころのこととか知ってるみたいなのですが、こういう場合はやはり身内の確認が必要みたいです。

 ( -ω-)y─┛~~~~署長「何とも言えんのです……」

コメントありがとうございました。(*⌒▽⌒*)♪もうちょっとだから、待っててね。

2012/12/13 (Thu) 23:01 | REPLY |   

此花咲耶  

けいったんさま

> エ―――――(;OдO)―――――!?
> どっちーーー!
> 沢木なの? それとも ??

\(゜ロ\)(/ロ゜)/オロオロ……あわあわ……
>
> 隼、起きて~教えて~
> オキテー ( TωT)ノ☆(*_ _)バシィッ...byebye☆

(´・ω・`) 隼 「あのね、けいったんさん……」

■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ此花「隼ちゃん、言っちゃだめ~!

コメントありがとうございました。(*⌒▽⌒*)♪引っ張ってごめんね。

2012/12/13 (Thu) 22:56 | REPLY |   

ちよ  

隼ちゃん!
パパさんじゃない事を確認できた…?(;°Д°)?

でも、パパさんじゃなかったら別な方のご遺体になるわけだし…
何れにしても心が痛む事です…。・°・(。pωq。)・°・。

署長さーん、こちらのご遺体さん、
隼ちゃんに確認してもらわなければ判断出来ない程、
パパさんにそっくりなの?
どうなのよ~(;°皿°)ノ

2012/12/13 (Thu) 22:07 | REPLY |   

けいったん  

エ―――――(;OдO)―――――!?
どっちーーー!
沢木なの? それとも ??

隼、起きて~教えて~
オキテー ( TωT)ノ☆(*_ _)バシィッ...byebye☆

2012/12/13 (Thu) 21:13 | REPLY |   

Leave a comment