FC2ブログ

沢木淳也・最後の日 15 

沢木は朦朧としながらも、相手に掴みかかろうとしていた。
必死に伸ばした腕を、相手は難なくすり抜けた。

「な……にを使いやがった?」

「ん~?薬品名で言うなら、パンクロニウム……?なんてね、冗談ですよ。そんなきついものじゃありません。怖いなぁ……そんな恐ろしい顔しないでください。雄ちゃん、なぁにこの人、薬が効かないの?まじこわいよ~。」

「パンクロニウムだと……?」

筋弛緩剤の一種、パンクロニウムはアメリカでは死刑執行の際に使われる。そんな薬物の名を一般の人間が知るはずもない。

「お……まえは?なに……だ……」

「何者って聞きたいの?雄ちゃんのお友達でっす~。心配しないで、おまわりさん。僕は医者だから、こういったものの扱いに慣れているんだ。雄ちゃんはおまわりさんが嫌いだけど、僕はそんなに嫌いじゃないよ…………雄ちゃんのお父さん以外のおまわりさんは、大抵優しいですもん。あいつだけは、最低だけどね。あいつは、僕の雄ちゃんを泣かせてばかりだ。」

青年は吐き捨てるように、口にした。
沢木の視界がぐらりと揺れ、相手の顔が歪んだ。

恋人が医者だと言ったのは本当だったのか。間延びした喋り方に聞き覚えがあった。
そうだ……あのディスクの中で、少年をいたぶって哄笑を上げていた男の声だ。
意識を何とか保とうとしたが、闇が這い上ってくる。

「雄ちゃん。新しい献体はできたの?僕、練習しないと。もう二度と失敗できないんだよ……ねぇ~ってば……」

意識を手放すまいとした沢木の耳に入った言葉は、そんな会話だった。沢木に締め落された鹿島が何とか身体を起こし、何か言葉を発した気がしたが、沢木には聞こえなかった。

爪先で男が沢木の身体を軽く蹴った時、パンツのポケットから携帯が滑り落ちた。

「やだなぁ、このおじさん、やばいことしてる~。雄ちゃん、ねぇ、ちょっとまずいから場所かえようよ。」

男は、携帯が通話になっているのを確かめると、静かにかかとを乗せて踏みつけ、会話を聞いて居た木本も、沢木の陥った状況を把握した。

*****

「そう……?いいよ。雄ちゃんがそうしたいなら、そうしてあげる。このおまわりさんがそんなに好きなの、雄ちゃん?僕よりも?」

誰かの顔が近づいてくる。

「……かし……?」

「ごめんなさ……い。沢木さん、ごめんなさい。」

這って近寄ってきた鹿島が、泣きながら沢木に触れる。両頬は痺れていたが、手で触られている感覚はあった。
キスをされているのだと分かったが、もう沢木には抗う力もなかった。弛緩したあごから溢れた唾液が、つっと筋になって零れた。





Σ( ̄口 ̄*)ぴ~~んち!!??

パパ沢木の運命は一体どうなるのでしょうか。(`・ω・´)←

本日もお読みいただきありがとうございます。拍手、ポチ、コメントもありがとうございます。
とても励みになっています。 (〃゚∇゚〃)


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ



関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> 「雄ちゃんが そうしたいなら そうしてあげる」って
> 沢木に いったい 何をする気なのよ~~ォロ(∀ ̄;)(; ̄∀)ォロ

なんか、すごく不気味です……いったい、こいつはどんな奴なのか。(`・ω・´)←書いといて。
いいところを突いてくださるので、ちょっと焦ってしまいました。どきどき……♡

> 沢木ピンチーー!

ピンチでっす!\(゜ロ\)(/ロ゜)/あわあわ……

> 「ピンチはチャンスなんだ~MY friend~♪」by Hey! Say! JUMP
> って 事にならないのかな~!?

なるかな~、どうかな~(〃゚∇゚〃)
コメントありがとうございました。

> ☆彡   (-人-;) 願い事願い事...byebye☆

2012/12/09 (Sun) 20:53 | REPLY |   

けいったん  

「雄ちゃんが そうしたいなら そうしてあげる」って
沢木に いったい 何をする気なのよ~~ォロ(∀ ̄;)(; ̄∀)ォロ

沢木ピンチーー!

「ピンチはチャンスなんだ~MY friend~♪」by Hey! Say! JUMP
って 事にならないのかな~!?
☆彡   (-人-;) 願い事願い事...byebye☆

2012/12/09 (Sun) 14:48 | REPLY |   

Leave a comment