FC2ブログ

沢木淳也・最後の日 13 

沢木は、木本に、「もし何かあったら遠慮しないで連絡してください。裏の事はこちらの方が動きやすいこともありますから。」と言われていた。
木本のような893くずれに手を借りるつもりはなかったのだが、用を足す振りをして、片手で携帯を通話にした。実際は本部に連絡を入れるべきだったのだろうが、鹿島に知られたくはなかった。
ただ、刑事の勘で今誰かに伝えないとまずい気がする。

ざっと濁った水が流れた。

「そういや鹿島。ここ何丁目だっけ?」

「え?4丁目のはずです。」

「ああ、そうだったな。確か、このあたりは木庭組の縁戚のシマだ。後で班長に報告するから、一応、地図にチェックを入れておかなけりゃならん。ユニ○ロの裏通りだったな、よしっと。」

沢木は会話の中で木本にさり気なく場所を教え、蜂の巣のような店の入り口に、わざと数枚のコピーを落とした。新しい鍵が沢木に迫る危険を告げていた。

そして、見つめる鹿島の光る目の理由に、沢木はやっと気付いた。
最初に出会った時から、鹿島は瞳孔が開いているのだ。

例えば、覚せい剤のアンフェタミンは、交感神経を興奮させ瞳孔を散大させる。瞳が光るのは、犯行が露見する恐怖に緊張する犯罪者独特の瞳孔が開いた状態だ。
彼なりに所轄の刑事の性格、家庭環境、検挙率などを調べたうえで、緊張して対面したのだろう。平静を装っていても、まさか瞳孔が演技をできるわけもない。
そして、あるものに気付いた沢木は、極めて何事も無いように努め鹿島に問うた。

「鹿島。ここに来たことが有るんだな。何で最初に言わなかったんだ?無駄な仕事を増やさずに済んだのに。」

「……いいえ?初めて来た場所です。どうしてですか?どうしてそんなことを聞くんですか?理由を教えてください。」

大抵の実行犯は、証拠があるなら見せろと言う。沢木は鼻白む思いだった。

「ああ……それはな、鹿島。お前がここをホテル代わりにしているからだ。」

「え?なっ、なんで……そんな。」

びくりと指先が強張ったのを沢木は見逃さなかった。今、顔を見れば血の気が引くところが見れるだろうが、沢木はわざと視線は外したままだ。

「ほら。枕が変わると寝れないって言ってたじゃないか。あそこにあるの、お前のキャリー(ローラー)バッグだろ?」

鹿島の顔が強張ったまま、ゆっくりとコンクリート打ちっぱなしの店内に向けられた。動揺を抑えようとして、瞬きの回数が異常に減ったのがわかる。

「……どうして、僕のものだと?あんなもの、どこにだってあるじゃないですか。」

「そうだな、どこにでもある代物だ。だがあれは、お前のものだ。癖なんだろうな、キャスターのちび方が偏っていて、新品なのに立てた時右に傾いているんだ。気付いてなかったのか?」

「あれは……僕のものじゃない……。」

鹿島雄一は雑居ビルの外に逃げ出すのではなく、走って中に向かった。

「鹿島!」

突き当りの部屋の奥に逃げ込み、逃げ場を失って振り返った鹿島は、叫んだ。

「沢木さん!そこ、腐ってますよ!」

突然大声で叫ばれたら、人は誰でもその場で一瞬棒立ちになる。置かれた薄い横板が、沢木の体重を支えきれずメリ……と割れた。

「――――!」





Σ( ̄口 ̄*)パパ沢木が落っこちた……?

(〃゚∇゚〃) 本日もお読みいただき、ありがとうございます。此花咲耶


にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ





関連記事

4 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> ァㇾㇾㇾ~ナンダ~コㇾワ~ヾ(@∇@;)ノ?
> 腐った床から 落ちるって!

( *`ω´) パパ沢木「……悪かったなぁ、どんくさくてよぉ。」
>
> 沢木の危機は、もっと こう…
> 犯人集団に追い詰められ 緊迫したものかと…
> ヾノ≧∀≦)ィヤィヤ
> これも 沢木の危機ではあるのですけどね…危機ではある…危機だよーー!

もう少し、危機は続くのです。(`・ω・´)パパ沢木の運命はいかに。|゚∀゚)
一難去って、また一難がやってきます。

> 沢木パパ~ン、御無事ですか~?
> ヾ(:´Д`●)ノアワワワヾ(●´Д`;)ノ...byebye☆

無事だといいね~♪ψ(=ФωФ)ψ←
コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2012/12/07 (Fri) 16:45 | REPLY |   

けいったん  

ァㇾㇾㇾ~ナンダ~コㇾワ~ヾ(@∇@;)ノ?
腐った床から 落ちるって!

沢木の危機は、もっと こう…
犯人集団に追い詰められ 緊迫したものかと…
ヾノ≧∀≦)ィヤィヤ
これも 沢木の危機ではあるのですけどね…危機ではある…危機だよーー!

沢木パパ~ン、御無事ですか~?
ヾ(:´Д`●)ノアワワワヾ(●´Д`;)ノ...byebye☆

2012/12/07 (Fri) 09:16 | REPLY |   

此花咲耶  

たつみきえさま

> パパ~~~~っっっっ。

(´;ω;`) 落ちちゃったよ……

> さすが超ドSこのちん。
> 鹿島のナンチャラがあかされるごとに追い詰められていくババン。

( *`ω´) こら~、きえちん。誰かが本気にしたら、どうするんだ~。
何とか起死回生してほしいね。(´・ω・`) ←書いといて

> 何を狙っているの???

うふふ……(〃ー〃)今の所、ばれてないな。

> パパを手に入れたいがために近づいたのかしら…。

鹿島も色々抱えているようです。

コメントありがとうございました。(〃゚∇゚〃)

2012/12/06 (Thu) 21:58 | REPLY |   

たつみきえ  

パパ~~~~っっっっ。

さすが超ドSこのちん。

鹿島のナンチャラがあかされるごとに追い詰められていくババン。

何を狙っているの???

パパを手に入れたいがために近づいたのかしら…。

2012/12/06 (Thu) 21:14 | REPLY |   

Leave a comment