FC2ブログ

流れる雲の果て……19 

尾関美千緒と松井聡は、大学時代の同級生だった。
学部は違ったが、ゼミで出会った当初から不思議と話が合った。

ある日、明治大正の頃の建物に興味があるんだと、打ち明けた美千緒に運命を感じた聡だった。
友人は多かったが、ここまでウマの合う相手は初めてだった。

静かな声で話す美千緒は、線が細くとも女性的なわけではなかったが、同期生の中でも端整な容貌で目立っていた。
もっとも本人にはそんな自覚はなく、本当かどうかわからないが、長い髪も実際は散髪に行くのが面倒だったのでほおっておいたら、いつの間にか伸びてしまったんだと、聡に話をした。
美千緒は、聡の他愛のない冗談に良く笑った。

*****

「なあ、次の連休、明治村へ行かないか?」

「あ!帝国ホテルのある所?あの石の建物、良いよね。移築した後、今も使われてるんだよね、あそこ。明治村に行くんだったら、思い切ってデジカメ買おうかな。」

「いっそ、泊まろうか?前に行ったことあるけど、とても一日じゃ回りきれないくらい、広いんだ。」

「うん。泊まりたい。」

明治村へ写真を撮りに行った小旅行で、初めて唇が触れ合うだけのキスをした。
互いに好意を持っていたし、周囲に誰も二人を知っている者はいなかったから、素直になれたのかもしれない。
小さな子供のように、「笑わないでね、これがファーストキスなんだ。」と頬を染めて打ち明けた美千緒が愛おしかった。

「おれもだよ。」

「え?嘘、松井君もてるじゃない。同じゼミの女の子たちも、松井君狙いだって話してたよ。」

目を丸くした美千緒に、聡は片目をつむって見せた。

「君とは、ファーストキスだ。で、セカンドもサードもその先も一気に済ませたいと思ってる。打ち明けると、ゼミにおれは美千緒狙いで入った。最初からすごく惹かれていたんだ。美千緒のことを、何もかも知りたいと思ってるけど、いいかな?君はどう思う?」

「あ、あの……。」

真面目な顔で、美千緒はよろしくお願いしますと、的外れに答えた。

「笑わない?こんな年齢なのに、経験ないんだ、ぼく……。あの、先輩に誘われたけどそういうお店にも行ったこと無くて……だから、ぼくの中身はきっと小学生レベルだと思う。がっかりさせてしまうけど、それでもいい?」

松井聡は赤面した美千緒を、抱きしめた。

「すごい。紫の上だ。」

「紫式部?」

「ああ。美千緒は源氏物語の若紫だ。光源氏は自分好みに相手を育てたんだよ。美千緒はおれが光源氏でも構わない?」

さすがに美千緒はむっとしたようだ。

「しょってる。稀代の遊び人ってところは一緒なのだろうけど……。ぼくは不器用だから遊びで恋愛なんてできないよ。大勢の恋人の中の一人なんて、まっぴらだ。」

「本気で愛したいと思ったのは美千緒だけだ。出会ったのは運命だと思う。遊びなんかじゃない、誓うよ。」

「何に?」

しばらく逡巡した後、聡は答えた。

「明治に建てられた、この帝国ホテルの建物に誓う。」

「聡。」

どうやら答えは正解だったようだ。

松井聡はその日、最愛の半身を手に入れた。





二人の出会いは大学でした。
引きあうように惹かれあっていた二人が、なぜ別れることになったのか……(´・ω・`)

(`・ω・´) 聡「絶対、離さないから!」

(´・ω・`) 美千緒「お願い、忘れて……。」

( *`ω´) 大二郎「美千緒さんを泣かすな~。」



本日もお読みいただきありがとうございます。
真実の愛が美千緒に降り注ぎますように。 此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村





関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> 惹かれ合ったのが 互いに運命と感じた2人
> なのに 今は 離れ離れに~(T▽T)

聡の語りで、少しずつ過去が明らかになってきます。
可哀想にね……(´・ω・`) ←書いといて。

> 美千緒の病気も 一因かもしれないけど まだ他に…?

(ノд-。)ありそうです……。

> しゃべるな (ノ ̄ー ̄(; ̄X )ゝもごもご...byebye☆

( *`ω´) けいったんさん~!む~

背後から~■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ

コメントありがとうございました。結末はほぼ想像がつくと思いますが、少しでも予想を裏切れればいいなぁ……と思います。(〃ー〃)

2012/10/07 (Sun) 17:40 | REPLY |   

けいったん  

惹かれ合ったのが 互いに運命と感じた2人
なのに 今は 離れ離れに~(T▽T)

美千緒の病気も 一因かもしれないけど まだ他に…?

しゃべるな (ノ ̄ー ̄(; ̄X )ゝもごもご...byebye☆

2012/10/07 (Sun) 11:05 | REPLY |   

Leave a comment