FC2ブログ

流れる雲の果て……17 

くすん……と、背後で洟をすする音が聞こえた。

「美千緒さん。痩せてるね。」

「そうだね。昔から食べても太らない性質なんだよ。貧相で嫌なんだけど、仕方ないね。」

美千緒は、結局大二郎に後始末を任せて、そのまま布団に包まった。

「大ちゃんは、もう劇団に戻った方が良いよ。遅くなったら明日の打ち合わせに間に合わなくなるだろう?」

「でも……美千緒さんが心配だもの。」

「今日は、ぼくはここでこのまま眠るから、明日又会おうね。起こしてあげられないけど、学校は遅れずに行くんだよ。」

「……美千緒さん。」

「そんな顔しないの。先生は聞き分けのいい子が好きだよ。」

「傍に居ちゃいけないの?」

「劇団を背負うような役者になるんでしょう?昔っから、役者は親の死に目にも会えないって言うよ。その位、舞台が大切にするってことだね。それにね、大ちゃんは寝相が悪いでしょう?おふとんをはぐ度、気になって眠れないよ。」

「……そっか。おれがいると、美千緒さんがゆっくり眠れないんだ。」

「違うよ。そうじゃなくてね、可愛いおへそが見えたら、悪戯したくなって困るから、一人でゆっくり眠るよ。朝ご飯、食べに行くから。」

「ほんと?」

「指切りしようか?」

「そんな子供じゃない。約束のキスして。」

青ざめた顔で笑顔を作ろうとする美千緒の頬に、一つキスを贈って大二郎は一緒に居るのを諦めた。

*****

階段を下りながら何度か振り返ったが、アパートの薄い扉があくことはなかった。

階段を降りたところで、待っていたらしい背の高い男と対峙した。
美千緒は大二郎のファンだろうと言ったが、そういう雰囲気ではなかった。

「……君。ちょっといいかな。」

「なんですか?」

男が決して上にいけないように、意識して身構えた。長身の男に合わせて一つ階段を昇り、背にする。

「君が今出てきた部屋にいるのは、尾関美千緒さんかな?」

「あなたは?」

「尾関美千緒の古い知り合いで、松井と言います。」

「ずっと美千緒を探していたんだ。逢わせてくれないか?」

大二郎は訝しげな目を向けた。先ほど声を掛けて来た時、美千緒は気が付いたはずだ。でも、あえて気が付かないふりをした。
……という事は、きっと会いたくない相手なのに違いない、と見当をつけた。

「美千緒さんは、今少し具合が悪くなって眠っているから、起こさない方が良いと思います。」

「そう……。一人で大丈夫なのかな。」

大二郎は相手の顔をじっと見つめた。……誰かに似ていると思った。
雲の切れ間から強い月の光が射して、男の顔がはっきりと見えた時、大二郎は理解した。

男は、柏木醍醐に似ている。




美千緒を探しに来た男は、一体何を語るのでしょうか……。

(´・ω・`) 大二郎「なんか、いやな予感~」


本日もお読みいただきありがとうございます。
美千緒の過去話が始まります。
過去作品の一気読みしてくださった方、たくさんの拍手をありがとうございました。
励みになります。(*⌒▽⌒*)♪  此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村






関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> 松井は 柏木醍醐に似ているの!?
> あぁ~それで 美千緒は 毎日のように舞台を見に来ていたんだね。

ε=(ノ゚Д゚)ノ あわあわ……

> ってことは、美千緒はまだ…

\(゜ロ\)(/ロ゜)/あたふたあたふた……
> 危な~い!
> 余計な事まで 言いそう~!

えいっ!■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ

> (: ̄≠ ̄)クチチャック♪...byebye☆

(°∇°;) ……此花の脳内……見た?
困ったなぁ……。
( *`ω´) ぐるぐるまきだなっ!

コメントありがとうございました。うふふ~(*⌒▽⌒*)♪

2012/10/04 (Thu) 21:52 | REPLY |   

けいったん  

松井は 柏木醍醐に似ているの!?
あぁ~それで 美千緒は 毎日のように舞台を見に来ていたんだね。

ってことは、美千緒はまだ…

危な~い!
余計な事まで 言いそう~!
(: ̄≠ ̄)クチチャック♪...byebye☆

2012/10/04 (Thu) 21:44 | REPLY |   

Leave a comment