FC2ブログ

流れる雲の果て……13 

月明りの下を、二人は手をつなぎ並んで歩いた。

「明日はお休みだから、ゆっくりできるね。大ちゃん。」

「うん。やっとお休みが貰えるよ。梅川は膝を曲げっぱなしだから、おれ、あちこち筋肉痛なんだ。」

「そうか。お客さんに綺麗に見せる格好って、結構きついものね。」

「身体はお師匠さんにくっつけて、顔はお客さまの方に向ける箇所多いからね。テレビとかに出始めて、お師匠さんの演出、前よりもきつくなったから大変。殆どアクロバットだよ。」

そう言いながらも、大二郎はどこか嬉しそうだった。
求められるものが多くなったのも、自分が出来るようになったからなんだと、頬を染めた。

「もう教えることはないから、お師匠さんが、おれにお父さんって呼んでもいいって。」

「そう。醍醐さんに、褒めてもらったのがそんなに嬉しかったのか。大ちゃん、何だかいつもより大人っぽい顔してる。お父さんの事、本当に好きなんだね。」

「うん。尊敬してる。おれ、お師匠さんみたいに、いつか自分の劇団背負えるようになりたいの。」

「大ちゃんならなれるよ。きっと。」

「ありがと。」

照れたようにそう言った大二郎は、つないだ手をぶんと大きく振った。
手が届きそうで届かない美千緒と、たくさん話をしようと思っていた。
美千緒の抱えた影に何が有るのかわからなくても、自分は明るく傍に居よう。
そうすれば、これからもつないだ手を放さずに済むかもしれない。

*****

だが、そんな大二郎のささやかな希望は、すぐに打ち砕かれることになる。

切れかかった街燈の下から、ぬっとあらわれた男が声を掛けてきた。

「美千緒……?」

「さ……。」

一瞬すくんでしまった美千緒が、つないだ手に力を込める。

「さ、早く部屋に行こう、大ちゃん。お腹すいただろう?一緒に食べようと思って、お弁当買っておいたんだ。プレミアムロールも好きだったね。」

「うん。好き。」

ぐいぐいと強く手を引っ張る美千緒は、青い月光の中で強張った顔をしているように思えた。ぱたぱたと急ぎながら、思わず問うた。

「ね。電柱のところに居た人、美千緒さんって呼んだんじゃないの?」

「知らない。声を掛けて来たのなら……きっと、大ちゃんのファンの人だよ。」

「そうかなぁ。」

背後に視線を感じながら、二人は手をつないだまま、外階段をぎしぎしと言わせながら登った。

錆の浮いた鉄の階段はペンキが剥げて、乾いた魚の肌のようにざらざらとしている。
つないだ美千緒の手は、何故かひどく冷たかった。




  │ω・`) 「美千緒……?」

(´・ω・`) 大二郎「誰なんだろう……あの人。」

♪~(・ε・。)美千緒「きっと、大ちゃんのファンだよ。」

これからお話が動きます。
その前に、此花史上120パーセントの大ちゃんと美千緒さんのらぶらぶがあるんだよ……←大問題どす。
(`・ω・´)がんばります!←大丈夫か~

本日もお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチもコメントもありがとうございます。
とても励みになってます。 此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村




関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> 突然 美千緒の前に現れた男!
> 確かに 名前を呼ばれたのに~~
> 美千緒だって 言いかけたのに 知らんぷりするって~~!

大ちゃんは美千緒と一緒に居るので舞い上がって、その人に注意を留めませんでした。

(´・ω・`) 男「ちゃんと、呼んだのに……」
♪~(・ε・。)美千緒「知らんもんね~」
>
> σ( ̄、 ̄*)ん~~ 不自然すぎる
> まだ 中坊の大二郎には、人の心の揺れに気づくのは 無理なのかな。

不自然な美千緒の行動に、実は抱えている闇の部分があるのでっす。
ちゃんと、このあたりに気がついてくださってありがとうございます。
大ちゃんは、美千緒とのエチにもう気がせいているので、役立たずです。

> とっても 気になるけど…
> その前に 此花さまが エアティンを 奮い立たせる ”R”があるんだね!
> ガンバリ━━(`・д・´)ノ━━マショウ!......byebye☆

励まされた~~|゚∀゚)

エアてぃんこをきびしくしてがんばります。
ただね、どうしてエチ場面になると筆が止まるというか、……点々で時の経過を表したくなります。
朝チュンはいけませぬと、言われました。(*/∇\*) キャ~

逃げると、文章が上手にならない気がするので、がんばります。
いつか、けいったんさんや皆様が鼻血ぶ~となるような場面を書けるようにがんばります。(`・ω・´)←いつ~

コメントありがとうございました。(*⌒▽⌒*)♪

2012/10/01 (Mon) 12:00 | REPLY |   

けいったん  

突然 美千緒の前に現れた男!
確かに 名前を呼ばれたのに~~
美千緒だって 言いかけたのに 知らんぷりするって~~!

σ( ̄、 ̄*)ん~~ 不自然すぎる
まだ 中坊の大二郎には、人の心の揺れに気づくのは 無理なのかな。

とっても 気になるけど…
その前に 此花さまが エアティンを 奮い立たせる ”R”があるんだね!
ガンバリ━━(`・д・´)ノ━━マショウ!......byebye☆


2012/10/01 (Mon) 09:45 | REPLY |   

Leave a comment