FC2ブログ

流れる雲の果て……12 

醍醐もまた、父親の顔になっていた。

「本気で恋をしろよ、大二郎。情や艶ってのは、経験を重ねて育つもんだ。手練手管は習うよりも慣れろって言うしな。まぁ、大概の色事は、年上の相手と枕数をこなしゃ……」

「醍醐さんっ!大二郎はまだ中学生ですよ。」

傍で話を聞いて居た羽鳥が話がそれかけたのに気付いて、思わず声を掛けた。羽鳥の目が怒っているのを見て、醍醐は慌てた。

「いや……え~と、まあ、そういうことだ。しっかりやんな。」

大二郎は泣き笑いになった。認めてもらえたのが、ただ嬉しかった。
そして、大二郎は襟を正すと、きちんと手をつき座長に告げた。

「お師匠さん。おれは、まだまだ自分で納得できるような芝居も踊りも出来ていません。だから当分は、お師匠さんって呼ばせてもらいます。これからもご指導よろしくお願いいたします。」

「そうかい?せっかく息子に格上げしてやろうってのに。まあ、好きにすればいいさ。」

「はい。じゃあ、お見送りの支度してきます。」

ぱたぱたと、着物の裾を持って、大二郎は自分の化粧前に駆けた。
泣いて崩れた化粧を素早く直しお客さまのお見送りをする。
大勢の客が、大二郎が現れるのを待っていた。

*****

醍醐はくるりと踵を返した。

「なぁ、羽鳥。大二郎のお相手は、あの先生かい?」

「そうだと思います。ずいぶん懐いているようでしたから。」

羽鳥が頷くと、ほっと醍醐はため息を吐いた。

「一回り以上も年上だろう?訳ありの相手に惚れるのは、おれの血かねぇ……。」

「さあ。そうかもしれません。大二郎はファザコンですからね。初恋のさあちゃんは別にして、年上に弱いんじゃないですか?」

慣れた手つきで、羽鳥は着物を畳んでいた。

「隙ありっ。」

ぐいと羽鳥を引き寄せると、醍醐は唇を弄った。

「ん~~っ!!だ、醍醐さんっ。お見送り行かないと。」

「あ~あ。口紅がべったりついちまったなぁ。すごい顔になってるぞ、羽鳥。」

「あああ~~~~~っ!!もう~~~!!」

鏡を覗いた羽鳥が、口紅だらけで叫ぶのは、終演後の日課になっていた。

*****

お見送りの一人一人に、大二郎は花を渡し言葉を交わす。

「良かったわ。明後日も来るわね、大ちゃん。」

「ありがとう存じます。お待ちしております。」

賛辞の言葉を掛けながら流れる客に、笑顔で礼を言いながら、目の前に来た次の客に大二郎は固まった。

「大ちゃん、すごく綺麗だった。最後の場面は泣いてしまったよ。」

「あ、ありがと。美千緒さん……。」

「握手してください。」

「……はい。」

手を握った美千緒がぐいと腕を引っ張り、耳元で告げた。

「待ってるから、部屋に来て。」

美千緒の言葉に迷わずうなずき、大二郎は花のように綻んだ。
例え、美千緒の心の中に誰かが住んでいようと構わない。
報われない恋を全うしようと思った。




大二郎の恋の行方はどうなるのでしょう。(´・ω・`) ←散々、報われないと書いといて、ちょっとかわいそうになってきた……。

(`・ω・´)大二郎 「おれ、がんばる。」

(〃ー〃)美千緒 「いい子だね、大ちゃん。」

本日もお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチもコメントもありがとうございます。
とても励みになってます。 此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村




関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> そうだったΣ(*゚д゚*)b ハッピエンじゃなかったんだ!

顔文字かわいい~(〃゚∇゚〃)
そうなんです。別れは少しずつ、近づいてきます。何とか少しでも幸せを感じさせたいと思っています。
>
> でも 最後はそうであっても それまでがほんの少し 幸せなら いいのではないかと、私は思います。

(*⌒▽⌒*)♪やった~!けいったんさんから、おっけ~出ました。
着地点に向かってまっしぐらに頑張ります。
>
> (☆^ω^(★^ω^【*☆*―ぁなたと出会えて幸せ―*☆*】^ω^★)^ω^☆)...byebye☆

(ノ´▽`)ノヽ(´▽`ヽ)大ちゃん~、美千緒さん~♡

コメントありがとうございました。(*⌒▽⌒*)♪

2012/09/29 (Sat) 23:30 | REPLY |   

けいったん  

そうだったΣ(*゚д゚*)b ハッピエンじゃなかったんだ!

でも 最後はそうであっても それまでがほんの少し 幸せなら いいのではないかと、私は思います。

(☆^ω^(★^ω^【*☆*―ぁなたと出会えて幸せ―*☆*】^ω^★)^ω^☆)...byebye☆

2012/09/29 (Sat) 22:45 | REPLY |   

Leave a comment