FC2ブログ

小説・若様と過ごした夏・5 

「うつけものめが。・・・頭が高いと言ったのじゃ。」


「はあ・・・?」


こちらに向けた顔だけがとりえの宗ちゃんは、脳みそをこの暑さでやられたに違いなかった。


「今年もお世話になります。よろしくね。」


・・・さっさと、そこからどいてくれないかな。


あたしは、汗かいた服を着替えたいの。


「女中。名は何と申す?」


従兄弟の宗ちゃんは、どうやら完璧におかしくなったみたいだった・・・


後ずさったあたしは、階下に向かって叫んだ。


「おばあちゃーん!大変よ!」


「宗ちゃん、熱射病みたい!」


「病院に、行った方がいいと思うーっ!」


「・・・驚かせて、ごめんね、真子ちゃん。」


帰ってきた佳奈叔母さんは、ちょっぴり暗かった。


確かに一人息子があんな風じゃ、あたしだって落ち込むわ~・・・


何でも、最近時々ああなるらしい。


お気の毒なことです・・・


ご同情致します・・・


「驚いたの。あたしの事、女中だって言ってたよ。

後ね、図画大会ってなんなの?」


「・・・・真子ちゃん、それはきっと「頭が高い」って言ったのよ・・・」


佳奈叔母さんは、仏間から線香を持ってきた。


それ以上聞けないで、あたしは後ろを付いてゆく。


頭が高いってなんなの?


テレビの水戸黄門だっけ?


この紋所が目に入らぬか~!


入るか~っての。


高さのある裏山の中腹を広く削り取って、篠塚家の代々墓は立っていた。


ご先祖様は、この辺りのお殿様だったらしい。


だから古いお墓といっても、そこはかなり立派なこしらえになっている。


今は分家の方が羽振りがよくなったけど、本家は墓守だけはきちんとするものらしく、綺麗に掃き清められて、掃除が行き届いていた。





関連記事

0 Comments

Leave a comment