FC2ブログ

流れる雲の果て……9 

労わる言葉も忘れ、大二郎は美千緒に夢中になっていた。
静かに伏せる耳元に、囁く。

「美千緒さん、ねぇ……もう一回挿れてもいい?」

「う……。」

無理をさせてしまったと、大二郎が気が付いたのは、動けなくなった美千緒が白い横顔を向けた時だった。

「……ごめんね。無理みた……い。ちょっと休ませて、聡(さとし)……。」

口にしてしまった名前に、驚いたのは大二郎よりもむしろ美千緒の方だった。

「あ……、大ちゃん、ごめん。」

「誰?」

「忘れて。……同じ言葉を聞いたから、つい反応してしまった。ぼんやりしてて、ごめん。」

「話してくれるって言ったよ?おれの聞きたいことはみんな、教えてくれるんでしょう?」

「困ったな。」

大二郎は既に薄々気づいていた。「聡(さとし)」と呼んだのは、きっと美千緒の恋人の名前だ。離れていても、つい呼んでしまうほど、深く心に刻まれている名前。

「聡さんって、美千緒さんの……恋人?」

「昔のことだよ。」

「今も忘れてない。」

「とうに忘れたよ。今は幸せに暮らしている。ぼくみたいな厄介者は、傍に居ちゃいけないんだ。」

「どんな人?姿かたちは、誰に似てるの?」

「大ちゃん……。ごめんね、傷つけてしまったね。どうかしてたんだ。とうに別れた人の名前を呼ぶなんて、未練がましくて情けないよ。」

「いいから、答えて。」

真っ直ぐに問う大二郎の視線ときつい口調に、美千緒は戸惑っていた。

「顔はね……大ちゃんと……というよりも、醍醐さんに目許が良く似てるかな。大きなくっきりとした切れ長の二重でね……吸い込まれそうになる。」

「そう。だから、毎日舞台を見に来たのか。身体の具合が悪くても、お師匠さんに逢いたくて通ってきてたのか。」

「……ごめん。」

「謝ってほしいんじゃない。美千緒さんは、ずっと通い詰めて、お師匠さんに良く似たおれを見てたんだ。」

「うん、ごめん。」

「……夜公演の時間だから、おれ、行くね。」

「大ちゃん、怒った?」

「気にしなくていいよ。色々教えてくれてありがと……おれ、美千緒さんの事、好きだよ。」

心の中で「おれのことを、見てくれなくても」と、呟いた。

脱ぎ捨てたジャージを身に着ける。
これまでと変わらない、美千緒が自分に向けた優しい眼差しを背中に感じる。
自分の向こうに美千緒が見ていた、知らない誰かが妬ましかった。





ちょっと切ない大二郎の初体験でした。

本日もお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチもコメントもうれしいです。
とても励みになっています。

がんばりすぎて(何を?)、朝起きたら首が回らなくなってたこのちん……明日の分はできてるんだけど。
(´・ω・`)とりあえず、整体行ってきた……。  此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村




関連記事

3 Comments

此花咲耶  

Re: タイトルなし

> このちんのえろははかなくて….・゜゜・(/□\*)・゜゜・

きゃあ~、お読みいただきありがとうございます。(〃゚∇゚〃)

> つか、どうしたらこういうのが書けるのかと聞きたくなりますが…。
> (まぁ、それはよし…)
>
それは、そっくりお返ししたい言葉です。エピソードとエピソードをつなぐ自然な流れは、どうすればいいのかなぁ……って思います。
人作品に一つのエチを入れるので精いっぱいの此花には、正直言うとエア・てぃんこ の扱いに困ります。(´・ω・`)
> 正直に答えてもらって大ちゃんは傷ついたのか嬉しかったのか…。
> (そこんとこ、知りたいのもありますが)

泣いちゃいました……(´・ω・`)
大ちゃんは余計に孤独になったかもしれません。かわいそうに……←書いといて。

> さぁちゃんとの未来が見えているからあまり言えないんですけれど…。
> 辛い時は、過ごしたんだよね…。

先に幸せになるからねって、伏線を張っておかないと可哀想です。
別れはいつも突然で辛いものです。
少しでも良かったって思える様に締めたいです。

コメントありがとうございました。
深く読んでくださってありがとうございます。うれしかったです。
大二郎もよろこびます。

(〃^∇^)o彡T 「ありがとう~。お礼にぬぎたてぱんつ~」

ご心配も、ありがとうございます。此花は、元々首が良くないので時々こうなります。
あと少し、何とかがんばります。(`・ω・´)

2012/09/25 (Tue) 21:52 | REPLY |   

きえ  

P.S.追伸って言う…

このちんっ、大丈夫ですか?
後まで読んでいなくて、生体の件、びっくりしました。

こちらは一気に秋めいてきましたよ。
朝晩、ほんと寒くて…。
体調崩される時とは思いますが、どうぞお体、大事にしてくださいね。
レスなんてそんなものはどうでもいいですから続きを(←)
嘘です。ゆっくりとお体の調子を整えてくださいね。

2012/09/25 (Tue) 21:49 | REPLY |   

きえ  

このちんのえろははかなくて….・゜゜・(/□\*)・゜゜・

つか、どうしたらこういうのが書けるのかと聞きたくなりますが…。
(まぁ、それはよし…)


正直に答えてもらって大ちゃんは傷ついたのか嬉しかったのか…。
(そこんとこ、知りたいのもありますが)

さぁちゃんとの未来が見えているからあまり言えないんですけれど…。
辛い時は、過ごしたんだよね…。

2012/09/25 (Tue) 21:41 | REPLY |   

Leave a comment