FC2ブログ

流れる雲の果て……7 

大二郎は泣いた。
泣きながら乱暴に、美千緒のシャツを裂いた。

「あっ。だ、大ちゃんっ。待って。」

「やだっ。おれは美千緒さんが好きなのに、美千緒さんはおれの前から消える事しか考えてない。美千緒さんがおれから離れるって言うのなら、絶対離れられないようにする。おれ、美千緒さんの恋人になる。絶対、忘れられないようにする。美千緒さんを苦しめる人を、心の中から追い出すっ。」

一途な大二郎の思いは激しく、とうに忘れたはずの美千緒の劣情に火が点く。忘れるために全てを捨てて流れて来たのに、どうあっても忘れられない面影があった。

*****

艶めいた微笑みを浮かべた美千緒は、そっと優しく大二郎の頭を抱いた。

「大ちゃん。ありがとう。ぼくを、必要としてくれて……。」

「え……。」

「ぼくで良いなら、愛する方法を教えてあげるよ。大ちゃんはぼくでいいの?」

大二郎は思わず、必死に頷いた。

「おれっ、美千緒さんが良い。美千緒さんに傍に居て欲しい。おれだって、劇団の中で大勢いる中で、いつだってひとりなんだもの。寂しいのは美千緒さんと一緒だよ。」

「大ちゃん。」

いつも明るい大二郎の、それは痛ましい本音の吐露だった。抱えてきた孤独を、誰にも打ち明けたことの無い大二郎が涙を拭いた。

「みんなおれに優しくしてくれるけど、それはお師匠さんの息子だからで、ただの柏木大二郎を認めてくれているわけじゃない。他の座員の子供もいるけど、みんな何かあったら親の所に行くんだ。……おれだけ、いつだって一人だもの。うんとちびの頃から、お師匠さんの事、お父さんって呼んだこともない。参観日や運動会なんて、一人のお弁当で寂しいだけだったよ。」

寂しいと全身で訴える大二郎に手を伸ばし、美千緒は力を込めた。
心に風の吹く者同士、舐めあうような愛が有ってもいいのではないか、そう思った。

*****

美千緒はゆっくりとシャツを脱いだ。
あばら骨の浮く薄い胸を、大二郎はじっと見ていた。まろみの何もない、青ざめた骨ばった身体だった。

「あんまり見ないでくれるかな。貧相でみっともないから……。」

「美千緒さん。あのね、おれの好きな初恋のさあちゃんも、男なんだ。おれね、時々さあちゃんの事、頭の中で抱くんだよ。方法がわからなくて、ぎゅっと抱きしめるだけなんだけど、おれのちんこは固くなってきびしくなるの。美千緒さん、ほんとに、おれ……でもいい?」

「いいよ。おいで。教えてあげる。」

美千緒は大二郎を引き寄せると、初めて唇を重ねた。薄い二枚貝を割って、口腔を翻弄した後、あちこちに滑るように唇を落としてゆく。

「あ……っ。あ……。」

びくびくとその都度、慄く大二郎は、魚のように跳ねた。

「可愛い大ちゃん。大ちゃんは、ぼくを抱きたい……?それとも、ぼくに愛されたい?したいようにしてあげるよ。」

「どうしたいのか、自分でもよくわかんない。だけど、美千緒さんが好きだ。」

膝を割って伸ばされた腕に、おずおずとセクスが反応してゆっくりと腰が前後に揺れる。じっと見つめる美千緒の視線が熱を持っていた。見つめられるだけで、下肢が熱を持つ。
まだ幼い容の名残を残したそこに、長い指が触れる。上下に鳥の羽根で撫でられるようになぶられて、やがて下肢の力が抜けて行った。

「美千緒さん……。美千緒さん。」

大二郎は、ただ名前だけを繰り返して美千緒の名を呼んだ。





(*/д\*) ……じ、時間がかかりました~。

この描写に、もう少しかかりそうです。

本日もお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチもコメントもありがとうございます。
とても励みになっています。 此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村



関連記事

5 Comments

此花咲耶  

nichika さま

そうですね。(´・ω・`)
寂しい者同士、埋め合うようなセクスです。
切ない二人、書いてて時間がかかりました。
コメントありがとうございます。(*⌒▽⌒*)♪

2013/02/19 (Tue) 14:00 | REPLY |   

此花咲耶  

けいったんさま

> 大勢の中での孤独を知る大二郎と 一人ぼっちの孤独を知る美千緒
>
> 2人には共鳴するものがあって余計に惹かれ合ったのかもね

たぶん美千緒は、大二郎の抱えた寂しさを理解したのではないかと思います。
寂しいもの同士です。
大人なので余計に、可哀想になってしまったのではないかと……。←書いといて。(〃゚∇゚〃) >


> {[(_-*)_▼)y-]}゜゜゜ ハジメテダッタノカイ?...byebye☆

大二郎には、初めてでした。美千緒には色々過去があるので、これから明らかになってきます。
コメントありがとうございました。(*⌒▽⌒*)♪

エチ場面って、どうしてこんなに時間がかかるんだろうと、エア・てぃんこのこのちんは必死こいています。

2012/09/23 (Sun) 23:58 | REPLY |   

此花咲耶  

きえさま

> お~~~っ
> お初がぁ。

(*/∇\*) キャ~!お初の大ちゃん、大丈夫でしょうか。
いつもらぶらぶの、お父さんと羽鳥とかがそばにいますけど、こればっかりはねぇ……。

> 大ちゃん、いい人に巡り合えて、成長してきたのね。

(`・ω・´)大二郎「おれ、成長した。」

> エロさ、ワクワクです。
(〃゚∇゚〃) きゃあ~、エア・てぃんこのきえちんに、ワクワクされてるっ。

本音を言うと、時間ばかりかかってどうしましょうと言う感じです。(´・ω・`)
なかなかむつかしいですが、がんばります。
コメントありがとうございました。

2012/09/23 (Sun) 23:47 | REPLY |   

けいったん  

大勢の中での孤独を知る大二郎と 一人ぼっちの孤独を知る美千緒

2人には共鳴するものがあって余計に惹かれ合ったのかもね

{[(_-*)_▼)y-]}゜゜゜ ハジメテダッタノカイ?...byebye☆

2012/09/23 (Sun) 22:31 | REPLY |   

きえ  

お~~~っ
お初がぁ。
大ちゃん、いい人に巡り合えて、成長してきたのね。
エロさ、ワクワクです。

2012/09/23 (Sun) 22:25 | REPLY |   

Leave a comment