FC2ブログ

夏の秘めごと 13 

「こっち来て座って、さあちゃん。」

忙しなくバスタオルを使った大二郎は、禎克の手を曳くと、寝台の横に坐らせた。湯上がりの肌にバスローブをふわりと肩から掛けると、膝を付いてうつ伏せになるようにささやく。
戸惑っていると、こうするんだよと手を伸ばして伏せて見せた。

「……こう?」

視線を絡めて、変わらぬ笑顔を向ける大二郎にほっとする。

「そうそう。さあちゃんが一番楽な方法で、いい気持ちになれるようにするから、おれに任せて。ね……。足、少し開いて。」

「う……ん……。」

パイルの生地越しに、背中に大二郎を感じた。下部に当たるのは、自分と同じ大二郎の昂まった部分だとわかる。
心臓の音が大二郎にも聞こえているのではないかと思うほど、高く激しく打ち続けた。経験の無い禎克には、下肢に当たる熱いものの行き先が自分の最奥だと、想像しなかった。
肩から落とされかけたバスローブが、少しでも引っかかって良かったと思う、高ぶる自分をすべてをさらけ出すのは、とても耐えられそうにない。
でも、大二郎が自分に触れるのは、決して嫌ではなかった。

全身を耳にして、上半身を寝台に投げ出すような格好で、痛いほど打ち続ける心臓の鼓動に耐えながら、禎克は静かに伏せていた。背後から、いくつものキスが落とされるのを感じていた。否応なしに、反応して禎克の肌が染まる。

「さあちゃん……。おれ、ずっと、さあちゃんとこうしたかった。本当はこの前もね、こうしたかったけどすごく我慢したんだよ。嬉しい。やっと、願いがかなう……。」

「ぼくは……大二郎くんに何をしてあげればいい?分からないから、お、教えて……?」

「きゃあ~、さあちゃんってば。何ていじらしいっ。」

「わっ……。」

禎克の必死のその言葉に喜んで、背後から被さった姿は、傍目にはきっと滑稽なものだった。長身の禎克に張り付いた大二郎は、大木に掻きついた小動物のように見える。

そして……まぎれもなく、小動物は奮闘した。

*****

クーラーの効いた部屋で、禎克は薄く汗ばんでいた。

「う、だ……だいじろ……う……く……。」

「大丈夫?さあちゃん、……ゆっくりするから。」

言葉通り、大二郎は性急に事を運ばなかった。
大切に愛おしむように、恋人を追い詰めて、新鮮な反応を確かめながら感じる場所を見つけ拾ってゆく。

「さあちゃん、感じる……?」

「はっ、はふ……っ。」

「だ……いじろ……うくん……。」

唇が落とされる場所から、熱を持った花が咲く。
長い指が煽り、背筋を這い登る快感にさらわれながら、禎克は大二郎の名を呼んだ。洩れる吐息が、だんだんせわしくなって、追い詰められているのを感じる。

「さあちゃん。辛くない……?」

ゆっくりと背後から膝を付き、高まりを押し付けたまま、手を伸ばして禎克自身に触れて確かめた。

「うん……。気持ち……いい。大二郎くんの手……温かくて優しいね。」

「良かった。もっと、いい気持ちになって、さあちゃん。」

「大二郎くんも……。」

「うん、でもちょっと待って。このままだと、いくらなんでも無理だと思うから。」

「何が?」

何か粘着質なものが背後から垂らされ、下肢を流れるのに気が付いた。
敏感な最奥に、再びぷつりと指が忍び込む。

「ひゃ……あ。」




(*⌒▽⌒*)♪ 必死の大二郎くんと、さあちゃんでっす。←……こいつも。

肌を合わせる場面は、他の場面に比べると、書くのに数倍の時間がかかります。
ちゃんと、初々しい二人の秘めごとが書けているかどうか分かりませんが、伝わっていればうれしいです。

本日もお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチもコメントもありがとうございます。
とても励みになっています。きゅんきゅん~♡ (*⌒▽⌒*)♪此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村






関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> ~♪(*´○`)o¶~~♪ 「初めてのォ~XxXX~♪ 君とぉ~XxXX~♪」←キテ○ツ大百科のテーマ曲で歌ってね(*^-')b
>
(*⌒▽⌒*)♪BGM~♪

> 初心者のさあちゃん相手に 余裕の大二郎くん
> この慣れた手練手管は、何時?、何処で?、 誰と?の賜物でしょうね~

いつかその辺りの話も書いてみたいです。髪の長い綺麗な優しい受けのお兄さんが出てきそうです。
でも、今はさあちゃんとのお話がんばります。

> ちょっと 気になるなぁ…
> 「役者ですから、そりゃぁ 色々とね♪(*^-')b 」by大二郎
> 「∑( ̄◇ ̄:)エッ!?…」byさあちゃん
>
どきどき……(〃゚∇゚〃) 本当はプラトニックでもいいかなぁと思っていたのですが、ここまできてしまいました。

> 後々 厄介な事にならなきゃ いいけどね~
> う~ん… "σ(._.@)...byebye☆ 

厄介なことになる余裕が今はなさそうですけど、いつかふと我に返ったら「ん?」と思うかもしれません。
先輩も何とかしなきゃな~
いい意味で裏切れるように、頑張ります。(`・ω・´)

コメントありがとうございました。(*⌒▽⌒*)♪←いっぱいいっぱいです~

2012/09/09 (Sun) 13:19 | REPLY |   

けいったん  

~♪(*´○`)o¶~~♪ 「初めてのォ~XxXX~♪ 君とぉ~XxXX~♪」←キテ○ツ大百科のテーマ曲で歌ってね(*^-')b

初心者のさあちゃん相手に 余裕の大二郎くん
この慣れた手練手管は、何時?、何処で?、 誰と?の賜物でしょうね~

ちょっと 気になるなぁ…
「役者ですから、そりゃぁ 色々とね♪(*^-')b 」by大二郎
「∑( ̄◇ ̄:)エッ!?…」byさあちゃん

後々 厄介な事にならなきゃ いいけどね~
う~ん… "σ(._.@)...byebye☆ 

2012/09/09 (Sun) 12:38 | REPLY |   

Leave a comment