FC2ブログ

夏の秘めごと 10 

勝手知ったる小さな風呂に、禎克は湯を張った。
シャワーだけでなく、きちんと湯につかりたかった。

「さあちゃん、着替え持ってる?おれの使う?」

「あるよ。一回戦で負けてしまったからね。」

「あんなところで眠ってるんだもの、驚いたよ。汗だくでしょ?」

「うん。 べたべた。」

「ねぇ、さあちゃん。一回戦の相手って、強かった?」

「うん。半端なく強かった。ガタイがでかくて、何度も飛ばされたよ。ほら、ここの所、痣になってるだろ。」

「うゎぁ、いたそ~……」

肩や腕に幾つもできた大きな青痣に、大二郎は目を剥いた。

「バスケットって見てるぶんには、もっと優雅な優しいスポーツだと思ってたけどな。」

「俊敏性の必要な格闘技だよ。2メートル近い相手から、ボール奪うんだ。ぼくなんて、ガタイが無いからボールごと転がされまくりだ。大二郎くんは、アメリカのNBAって知ってる?」

「うん。聞いたことくらいはある。」

「日本人でね、NBAの選手がいたんだよ。今は、全日本の選手なんだけど、173センチででかい相手と渡り合って、すごく格好良かった。ポジションがぼくと同じポイントガードなんだけど……ほんと、すごいの。こうやってね、シュート体勢に入るだろ、その時に、相手の二メートル級の選手を抜くようなそぶりして、身体を沈めて一つフェイクを入れるんだ。」

「じゃあ、おれが相手のでかいやつね。さあ、来いっ。」

大二郎は張り切って、両手を上げると禎克の前に立った。

「ぼくがこう沈み込むと、つられるだろ?」

「うん。頭が下がると、ボール取りに行きたくなるよね。」

「そこでステップバックするんだ。一歩下がれば、そこは3ポイントラインで、相手は反応できない。そこからシュート……。」

「おお~。」

禎克はしゅっと、シュートを打つ素振りをした。

「今のでスリーポイントが決まりました。」

「そっか~!やっぱりかっこいいな、さあちゃん。バスケットやってる所、見てみたいな。試合とか見に行ってさ、周囲がきゃ~とか言ってる横で、かっこいいでしょ、あれ、おれの恋人なんだって、さりげなく自慢したいよ。」

「あはは……本気で言ってるの?大二郎くんが試合会場に現れたりしたら、大変だよ、まじで。」

「う~ん……、さあちゃんが思ってるほど、おれは知名度ないからね。電車に乗っても、ほとんど何も言われないし、平気かも。」

「そうなの?すごく目立つと思うけどなぁ。」

意外だなと思う。誰がどう見ても、目だって仕方がないと思うのだが、本人が自然体なせいだろうか、普段騒がれたことなど無いと言う。
暗い気持ちがいつしか晴れてきているのに、禎克は気付いていなかった。自然に笑っていた。





Σ( ̄口 ̄*) 大二郎 「さあちゃん、痣だらけ~」

(*⌒▽⌒*)♪禎克 「こんなの平気~」

(*⌒▽⌒*)♪ちょっといい感じです。良かったね。


本日もお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチもコメントもありがとうございます。
とても励みになっています。 此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村




関連記事

2 Comments

此花咲耶  

ちよさま

> ほのぼのムードに一安心~(^∀^)

(〃゚∇゚〃) ありがとうございます。ほのぼのです~

> 怒りや暗い気持ちを持続させるのって、
> パワーがいるよね。

行き場のない気持ちを抱えて落ち込んでいたのですけど、きっとこれから話を聞いてもらって落ち着くと思います。

> でも、大好きな大二郎くんと大好きなバスケのお話で、
> 明るい禎克くんの顔が見れました~
> 大二郎くん、禎克くんを癒してあげてね

(。・ω・。)ノ大二郎 「これから、さあちゃんを襲いますっ!」

(°∇°;) 禎克 「え……?」

コメントありがとうございました。(*⌒▽⌒*)♪
 

2012/09/05 (Wed) 22:53 | REPLY |   

ちよ  

二人の…

ほのぼのムードに一安心~(^∀^)
怒りや暗い気持ちを持続させるのって、
パワーがいるよね。
でも、大好きな大二郎くんと大好きなバスケのお話で、
明るい禎克くんの顔が見れました~
大二郎くん、禎克くんを癒してあげてね

2012/09/05 (Wed) 22:37 | REPLY |   

Leave a comment