FC2ブログ

夏の秘めごと 9 

いつまでそうしていただろう。
疲れていた禎克は、いつの間にか裏口のドアにもたれて眠っていたようだ。
誰かの気配を感じて、目を上げれば小さな影が立っていた。

「さあちゃん……?」

「……。」

逆光の中に、待ち人がいるのを信じられない面持ちで見上げた。ずっと会いたかったから、夢を見てるのかな……と思う。

「さあちゃん。暑いのにこんなところで待っていないで、部屋に入ってれば良かったのに。」

「……大二郎くん?」

「待っててくれたの?メール見たよ。さあちゃん、もしかしてまだ夢の中?」

「ん~……」

大二郎は真横にすとんと腰を下ろすと、禎克の顔を覗き込んだ。

「さあちゃん。ぼうっとして可愛い。襲っちゃうぞ~。」

「……いないかと思った。旗とか無くなってるし。前と一緒だと思った。」

「前?」

「ちびの時。旗が無くなってて……。ぼくは、そのあと泣きすぎて熱出したんだよ。覚えてる。」

「さあちゃんはさ……こんなに大きくなったのに、昔の可愛かったさあちゃんが、今もここにちゃんと居るんだね。」

大二郎は自分の胸をとんとんと小さく拳で叩いた。

「成長してないって言いたいんだろ。湊によく言われるよ。形ばっかり大きくなっても、中身はまるで変わらないって。」

腰を下ろして目線を合わせた大二郎が、ふっと優しく笑った。

「嬉しいって言ってるんだよ?素直で真っ直ぐで、熱いよ。変わらないさあちゃんが、おれにはすごく眩しい。」

「褒められてるとは思えないけど……大二郎くんが嬉しいならいいことにする。そうだ、先に聞かなきゃいけなかった。あれから、お父さんの具合はどう?」

「ん~。少しずつ良くなってる感じだね。頭の血管が切れてしまったから、今すぐ退院っていう訳には行かないよ。さあちゃん、部屋で話しよ。」

「あの……シャワー使わせてもらってもいいかな……。」

「うん?あの部屋はしばらくおれが借りることにしたから、自由に使って。次の興行先が決まったってメールしたでしょ。特急で一時間半くらいかかるけど、毎日通う事にしたんだ。お師匠さんの病院からは近いし、それにさあちゃんと、少しでもこうして会えるしね。」

大二郎は腕を掴むと、ぐいと禎克を立たせた。

「さあちゃん。逢いたかった。」

くっ付いてきた大二郎の、髪の毛の優しい香りが鼻をくすぐった。

「やっぱり、でかいな、さあちゃん。おれ、胸までしかないや。」

「大二郎くんは、何センチ?」

「見え張って167くらいかな~。女形やるには良いんだけどね。でもね、男は二十歳過ぎても伸びるんだよ。」

「ぼくは、バスケット始めるまではずっと前から三番目だった。」

「うん。小さかったよね。前はさあちゃんがおれの胸の所までしかなかったのに、逆になっちゃった。」

他愛のない話をしながら、二人は旧館の古いホテルの自室へ向かう。二人の思惑は違っていた。

大二郎は、禎克と甘い時間を過ごせると思っていた。

禎克は、早くシャワーを浴びて、張り付いた残滓の痕跡を拭い去りたかった。




(〃゚∇゚〃)大二郎 「 わくわく……さあちゃんと何しよう。」

(´・ω・`) 禎克 「早く、ぱんつ脱ぎたいっす……。」

本日もお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチもコメントもありがとうございます。
とても励みになっています。 此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村




関連記事

6 Comments

此花咲耶  

きえさま

> わーいっヽ(゚∀゚)ノ
> 出会えた~。
> 先走りしてごめんなさい。

(*⌒▽⌒*)♪心配してくださってありがとうございます。
逢えました~(ノ´▽`)ノヽ(´▽`ヽ)
>
> もうこのホテルでカピカピパンツを洗って干して…。
> 殴られそうだけど…。
> 大ちゃんがどう受け止めるでしょぅか。
> 大ちゃんとさぁちゃん、どうなるのでしょうか。
> 清き人にこの先、私も学ばせて頂きます。

うふふ~(〃゚∇゚〃)
この二人だったらどうするかな~って、一生懸命考えながら書いてます。なかなか先に進みません。
(〃^∇^)o彡□ ←問題は、ぱんつです。
>
> 由利たん、完結のコメントありがとうございました。
> このちんから頂いたイラストで集客力upですヽ(゚∀゚)ノ

あんなので集客できたとは思えませんけど、此花がCさまから、さあちゃんのイラスト頂いたときはさすがに効果絶大でした。絵と文章がうまくかみ合うのが理想です。
だから、きえちんの気持ちはよくわかります。
まだまだへたっぴなのに、喜んでくださってありがとうございます。(*⌒▽⌒*)♪

> きえちんも何かお礼したいところだけど…。何もないね~。
> もらうばかりで本当にすみません。

いえいえ~。そのうち巨匠になるので待っててください。(´・ω・`) でもね~、時間が足りないの、
文章と絵を両方かくのは大変です。


コメントありがとうございました。

2012/09/05 (Wed) 21:02 | REPLY |   

きえ  

わーいっヽ(゚∀゚)ノ
出会えた~。
先走りしてごめんなさい。

もうこのホテルでカピカピパンツを洗って干して…。
殴られそうだけど…。
大ちゃんがどう受け止めるでしょぅか。
大ちゃんとさぁちゃん、どうなるのでしょうか。
清き人にこの先、私も学ばせて頂きます。

由利たん、完結のコメントありがとうございました。
このちんから頂いたイラストで集客力upですヽ(゚∀゚)ノ
きえちんも何かお礼したいところだけど…。何もないね~。
もらうばかりで本当にすみません。

2012/09/05 (Wed) 15:32 | REPLY |   

此花咲耶  

けいったんさま

> 良かったぁ~大二郎くんは、このホテルに滞在することになって(〃´o`)=3 フゥ

たぶんリーズナブルなホテルです。
少しでも逢いたくて、決めました。(*⌒▽⌒*)♪←大二郎。

> 以前のように 何も言わず居なくなったら さあちゃんが可哀想
> しかも 先輩に ”あんな事”をされた後で 気持ちが弱っているしね~

軽くへこんでいます。これからの部活はどうなるのかなぁ……とか、キャプテンに悪いとか……。
根が真面目なさあちゃんです。

> 大二郎くん!
> 先輩の手で穢された さあちゃんのティン+コを 大二郎くんの その白魚の様な手で 清めてあげてね♪
> (*^-')b...byebye☆
>
(*⌒▽⌒*)♪ 大二郎 「おれ、がんばります!」

( ゚д゚ ) 禎克 「……何を?」

「さあちゃん、元気出して。」ナデナデ(o・_・)ノ”(´・ω・`) 「……うん。」

コメントありがとうございました。(*⌒▽⌒*)♪ 

2012/09/04 (Tue) 21:52 | REPLY |   

此花咲耶  

ちよさま

> よかった、よかったヾ(=^▽^=)ノ

(〃゚∇゚〃) このちんは、どこまでもハピエン主義ですから。
■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ

> でも、大二郎くんのウキウキ度と、
> 禎克くんのスッキリしない(いろんな意味でね)気分…
>
> デリケートな禎克くんのこと、今は気遣ってあげてね。

そうなんです。そこが問題です。
がびがびになったぱんつ……大二郎くんは気がつくのかな。
>
> う~ん、心配だよ、大二郎くん。暴走しませんように…
> |ョωΦ)ジィィィ…(誰かが見張っているぞ!)

(*ノ▽ノ)キャ~ッ!みられてる~!
暴走できればいいんですけど、うちの子みんな奥手なので、ちゃんとできるかどうか心配です。(`・ω・´)
がんばりまっす!(`・ω・´)

コメントありがとうございました。(*⌒▽⌒*)♪

2012/09/04 (Tue) 21:47 | REPLY |   

けいったん  

良かったぁ~大二郎くんは、このホテルに滞在することになって(〃´o`)=3 フゥ

以前のように 何も言わず居なくなったら さあちゃんが可哀想
しかも 先輩に ”あんな事”をされた後で 気持ちが弱っているしね~

大二郎くん!
先輩の手で穢された さあちゃんのティン+コを 大二郎くんの その白魚の様な手で 清めてあげてね♪
(*^-')b...byebye☆

   

2012/09/04 (Tue) 21:39 | REPLY |   

ちよ  

無事、再開できて…

よかった、よかったヾ(=^▽^=)ノ

でも、大二郎くんのウキウキ度と、
禎克くんのスッキリしない(いろんな意味でね)気分…

デリケートな禎克くんのこと、今は気遣ってあげてね。

う~ん、心配だよ、大二郎くん。暴走しませんように…
|ョωΦ)ジィィィ…(誰かが見張っているぞ!)

2012/09/04 (Tue) 21:39 | REPLY |   

Leave a comment