FC2ブログ

夏の秘めごと 8 

数時間後、バスは正門前に到着し、すぐさまインハイ解散式が行われた。
キャプテンが最後の挨拶をした。

「今日は、各自ゆっくり休め。明日は一日休養日にする。明後日からは、ウインターカップ予選に向けて通常練習開始。いいな。」

「はい!」

「ん、金剛?どうした?いつも一番返事でかいくせに、今日はおとなしいな。」

禎克は、何も言えなかった。キャプテンの横に佇む上谷を意識して、とても平常心ではいられなかった。

「車酔いでもしたか~?」

思わず、そうだと肯いた。

「金剛は、よく頑張ってくれたから、疲れが出たのかもしれないな。身体をきちんとケアして、ゆっくり休めよ。」

「はい……。」

キャプテンは、恋人の上谷が自分に何をしたか知らないんだ……と思うと申し訳なくて、まともに顔を見れなかった。

*****

解散式の後、禎克は大二郎が公演しているホテルへと、一目散に急いだ。

ごわごわとした下着が気持ち悪く、早くシャワーを使いたかったが自宅に帰るよりも先に大二郎に会いたかった。
さあちゃんと、呼んでくれたらきっとこの暗い気持ちも晴れる気がする。

立ちこぎで坂を一気に駆け上り、ホテルまでは一直線だ。
劇団醍醐一座の幟旗が、禎克を迎えてくれる……はずだった。

「うっそ……。」

いつかと同じ既視感に呆然とする。
あるはずの、色とりどりの役者名を染め抜いた旗は、既にそこになかった。

「……何で……。何でいつも黙って行っちゃうんだよ。」

その場に自転車を置き、裏口を確認したが、「劇団醍醐関係者出入り口」の張り紙も外されて、侵入を拒んでいた。
一度潤んでしまった涙腺はあっさりと崩壊し、喉元から嗚咽が迸った。誰かが居れば、気を張って立っていられたが、部外者がここに立っていても見咎めるものもいない

「大二郎くん……のばか。」

ひと気のない裏口に座り込んだ禎克は、子供のように膝を抱えて座り込んだ。




(´・ω・`) 禎克「大二郎くんがいない……此花のあんぽんたん……」

(〃ー〃)……えっと~。

本日もお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチもコメントもありがとうございます。
とても励みになっています。 此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村







関連記事

4 Comments

此花咲耶  

きえさま

> なんということ~~~っ。
> 大ちゃんがいないっ?!
>
> やっぱりこのちんは鬼畜だ、悪魔だ、あんぽんたーんっ。

(*⌒▽⌒*)♪うふふ~

> せっかく会えたはずなのに…。

ちょっと思わせぶりです~。すぐに会えるので待っててね。
このちんは、主人公にとても優しいので、きっとすぐにらぶらぶです。(`・ω・´)←大嘘。

> さぁちゃん .・゜゜・(/□\*)・゜゜・どうして言ってくれないの?
> 大ちゃん 。・゚・(ノД`)・゚・。 言えなかった…。
>
> ふたりともこんな気分なのかなぁ…。

(´・ω・`) 何だか、可哀想になってきました。

そうだ、由利たんのお話しの完結おめでとうございました。優しい終わり方で、とても好きでした。
此花が双子を書くとどうなるかなぁ……
すぐに新しいお話が始まってますね。
すごいなぁ……。

コメントありがとうございました。
此花も頑張ります。(`・ω・´)

2012/09/04 (Tue) 13:32 | REPLY |   

たつみきえ  

なんということ~~~っ。
大ちゃんがいないっ?!

やっぱりこのちんは鬼畜だ、悪魔だ、あんぽんたーんっ。
せっかく会えたはずなのに…。

さぁちゃん .・゜゜・(/□\*)・゜゜・どうして言ってくれないの?
大ちゃん 。・゚・(ノД`)・゚・。 言えなかった…。

ふたりともこんな気分なのかなぁ…。

2012/09/04 (Tue) 10:43 | REPLY |   

此花咲耶  

tukiyo さま

ここで萌える、tukiyo さんはいじめっこ~。(´;ω;`)

高校生にもなってね~、なりばっかり大きくて、結構中身は幼い感じです。
上のお姉ちゃんがしっかりしているから、こうなっちゃったかな。

(´・ω・`) o彡□ ←ぱんつ~

2012/09/03 (Mon) 23:31 | REPLY |   

tukiyo  

ゴワゴワのパンツで泣くさあちゃん萌え~~w

2012/09/03 (Mon) 21:56 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment