FC2ブログ

夏の秘めごと 6 

「サダ、うるさいぞ!みんな寝るんだから、静かにしてろ。」

「あ、はい。すみませんっ。」

前方に声を掛けたが、上谷の発した単語一つに心臓が跳ねたまま動悸が収まらない。
試合の後で知ってしまったとんでもない事実に、禎克は焦りまくっていた。

「あの……上谷先輩?ここよりも、キャプテンの所に行った方がいいんじゃ……?」

「なんで?」

「なんで……って。」

顔色も変えない上谷に、さっきの二人の会話はなんだったんだと問いたくなる。上谷は禎克の心を見透かしたように、口角の片方だけを上げた。

「キャプテンは怪我をしているから、ゆっくり一人で座った方が良いだろ?」

「あ、そうか……。」

「俺は、金剛と新チームについて話すつもりだったんだがな。邪魔か?」

「いえ、そんなことないです。」

「新チームは、俺がキャプテンを引き継ぐことになると思う。」

「はい。」
「金剛はポイントガードとして、チームの要になる。」

バスケに関しては、禎克もチームについて話をしたいと思っていた。チームについて話はしたい……したいが、困る。

非常に困る。

「あ、あの……っ。せ、先輩。」

「なんだ?」

「手が……。」

話をしながら、上谷の手は禎克の太腿に乗せられ、静かに内側に向かって動いていた。
しかも一点に集中して、くすぐるように這うように、下肢のそこばかりで蠢く指に、思わず反応してしまい、慌てて上から握り込んだ。
刺激を受けて、ずんとこそばゆいような熱が集中する。

「それ以上は、だめ……です。上谷先輩……出、出ちゃいます……。」

「何が?」

禎克は泣きそうな顔を向けた。

「金剛。静かにしていないと、眠ってるみんなが気が付くよ。こんなところ、見られてもいいの?」

「ど……どうして……?」

「どうしてこんなことをするのかって聞きたいの?」

禎克は相手の腕を抑えたまま、必死に肯いた。耳元に口を寄せて、上谷は吐息のようにささやいた。

「これは、罰だよ。ぴ~ちゃんは、余計な秘密を知ってしまったからねぇ……。俺も弱みを握っておこうと思ったのさ。誰にも言わないって約束、ちゃんと守れる?」

「ま……」

守れると言いたかったが、もうどうにもならなくなっていた。せき止められた劣情が、押し寄せる快感となって背筋をさかのぼる。簡単に抑え込めそうになかった。腕を抑えても上谷は動じなかった。

「発情した?」

ふるっと身震いした禎克は、小さく呻いた。我慢できない。

「……あ、あ……っ。」

上谷が片手で禎克の口を押え、するりとトレーニングパンツの中に手を滑り込ませた。
そのまま勃ちあがった芯を直接ぎゅっと握り込むと、こすり上げる。抗いたくとも、思ったよりも上谷の力は強く、斜めに体重を掛けられて狭い座席で身動きもとれない。
弱った魚のように、禎克は全身で力なく抗った。

「……しっ。」

「声を出すなよ。気付かれるぞ。」

「う、う……っ。」

肘置きを掴む手に力が入り、禎克の腰が逃れようと揺れた。我慢しようとしたが、手慣れた指が敏感なところを狙ってかすめてゆく。




(*/□\*) 禎克 「や……やめて……。」

♪ψ(=ФωФ)ψ 上谷 「ふふふ……。声出すなよ。」

(´;ω;`) 禎克 「あ、あう~……」

(〃^∇^)o彡さあちゃん、がんばれ~……的な。

( *`ω´) 大二郎 「このはな、こら~!」

泣くな、きっと。(`・ω・´)

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村




関連記事

2 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> 先輩~ キャプテンに悪いっすぅ~バスの中でっすぅ~無理っすぅ~声が抑えられましぇ~ん!

Σ( ̄口 ̄*) じ、実況されてる……。←さあちゃん。

> 上谷先輩は、弱みを握る為に  さあちゃんの”Jr”を握っちゃうのー!∑(*・ω・*)ポッ
> それだけでは ないような・・・?

|゚∀゚)おお……ばれてる……?どうも、自分と重ねた部分もあるみたいです。
バスケ以外、何も知らないさあちゃんは、先輩から見るととても危うい存在みたいです。
>
> コメ欄での 此花さまと きえ様の 「エアー+ちん」の話しに 爆笑♪
> ニャハハハ!!ヾ(▽^ヾ)ヾ(  ̄▽)ゞニャハハハ!!...byebye☆

きえちんは、あれだけ詳細に書いておきながら、「てぃんこ」など持っていないと言い張ります。
ドS師匠けいったんさんも、絶対……持ってるに違いない。
|゚∀゚) 「エアてぃんこ~」

■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ

コメントありがとうございました。(*⌒▽⌒*)♪

2012/09/02 (Sun) 13:11 | REPLY |   

けいったん  

先輩~ キャプテンに悪いっすぅ~バスの中でっすぅ~無理っすぅ~声が抑えられましぇ~ん!

上谷先輩は、弱みを握る為に  さあちゃんの”Jr”を握っちゃうのー!∑(*・ω・*)ポッ
それだけでは ないような・・・?

コメ欄での 此花さまと きえ様の 「エアー+ちん」の話しに 爆笑♪
ニャハハハ!!ヾ(▽^ヾ)ヾ(  ̄▽)ゞニャハハハ!!...byebye☆

2012/09/02 (Sun) 08:44 | REPLY |   

Leave a comment