FC2ブログ

夏の秘めごと 4 

帰りのバスに乗り込む前、禎克は上谷の姿が見えないのに気が付いた。

「あれ?上谷先輩?さっきまでいたのに……。」

「キャプテンを迎えに行ったんじゃないのか?」

ボールを入れたバッグも見当たらない。

「ちょっと、捜しに行ってきます。」

用具運びは一年の仕事だと思い、もう一度控室に戻った禎克は、ドアの前で固まった。
上谷の低い嗚咽とキャプテンの慰める声が聞こえてきた。

「……うっ……うっ……。」

「インハイ……終わったんだな。もう一度、お前と同じフロアでやりたかったよ。」

「先輩……っ。俺……このまま終わりたくはなかったです。」

「俺も、怪我さえなかったらとは思うが、これも仕方がない。だがな、この怪我があったから、上谷が俺に応えてくれたと思っている。そう思えば、耐えられるさ。」

「怪我のせいなんかじゃないです。そんなの自分の気持ちに気付いた単なるきっかけで……俺はあなたのプレイに憧れてここまでやって来たんだから。あなたが居なかったら、おれはここにはいなかった。」

「俺が怪我の後、腐らずに済んだのは彩がいてくれたおかげだよ。バスケは高校だけじゃない。彩が大学でもずっと一緒にやりたいって言ってくれたから、何とか吹っ切れた。彩が後を追って来るなら、怪我を直してもう一度頑張ろうと思えたんだ。」

「ずっと……中学の時から、あなたは俺の憧れでした。遠い遠い存在で、こんな近くで話ができるとも思っていなかったし、役に立てるとも思っていなかった。」

鈍い禎克も、さすがにこの会話を聞いて、少しおかしいと感じ取った。
先輩を「あなた」と呼ぶ上谷は初めてだ。
普段、全ての部員を苗字で呼ぶキャプテンが、上谷を彩(ひかる)と下の名で呼ぶのも初めてのような気がする。

「これ……って?」

「彩は俺が考えてた以上に、チームを良く支えてくれたよ。お前ら二年は、人数が多い上に推薦で入ってきた奴が何人かいたから、まとめるの大変だったろ?彩が支えてくれたから、このチームはここまでこれたんだ。一年の金剛が、すんなりレギュラーに溶け込めたのも、お前がちゃんと気配りしたからだって知ってる。二年の間でブーイングが出たのもな。」

「あなた……がいたから、おれは頑張れたんです……。いつも、見ていてくれたから……。」

「彩、おいで。」

「達也さん……。」

「んっ……。」

(うわ~~~~~っ、上谷先輩とキャプテンがっ……!?)

叫び声をあげそうになって、禎克は口を覆った。そして思い出した。
自分が少し前、大二郎と別れる時こんな風ではなかったか?
傍から見ると、こんな気恥しい空気だったのか……。体中の血が顔面に集中した。

(これって……これって。)




(°∇°;) 「うわ~……!」

(ノ´▽`)ノヽ(´▽`ヽ) 「彩~」「達也さ~ん」らぶらぶ~

いつもお読みいただき、ありがとうございます。
拍手もポチもコメントもありがとうございます。とても励みになっています。(*⌒▽⌒*)♪
上谷先輩には、どうやら意中の人がいるみたいです。
うふふ~

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村




関連記事

5 Comments

此花咲耶  

けいったんさま

> 先輩とキャプテンが!と、私も同じく 予想外です~~Σ(*゚д゚*)!!!
> てっきり 先輩は、さあちゃんをと、思ってましたもんねー

(〃゚∇゚〃) 実は……■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ
ちょっと屈折した性格の上谷先輩です。うふふ~、展開を待っててください。
皆様、読みが深くてどきどきします。(*⌒▽⌒*)♪
>
> 先輩とキャプテンの…を見たら さあちゃんは、大二郎に会いたくなったでしょ♪
> 大二郎~♡(*ノ`・ω・´)ノヽ(^▽^ヽ) さあちゃん~♡...byebye☆

(`・ω・´)ノ 禎克「会いたいっす!」
会えるかな~……

これからちょっとだけ、いじめっ子の展開です。
コメントありがとうございました。(*⌒▽⌒*)♪

2012/08/31 (Fri) 11:12 | REPLY |   

けいったん  

先輩とキャプテンが!と、私も同じく 予想外です~~Σ(*゚д゚*)!!!
てっきり 先輩は、さあちゃんをと、思ってましたもんねー

先輩とキャプテンの…を見たら さあちゃんは、大二郎に会いたくなったでしょ♪
大二郎~♡(*ノ`・ω・´)ノヽ(^▽^ヽ) さあちゃん~♡...byebye☆

2012/08/31 (Fri) 09:45 | REPLY |   

此花咲耶  

拍手コメントさとうさま

(ノ´▽`)ノヽ(´▽`ヽ) こんなところに、らぶらぶカップルがいましたね~。

でも、これからちょっとした事件が起こります。
さあちゃんと大二郎くんの幸せな日々は、ちゃんと来るのでしょうか。

(´・ω・`) いつもエチ場面になると、時間がかかって煮詰まってしまいます。自然な表現ってどうなんだろう……このちん、てぃんこ生えてないからなぁ……さとうさん、貸してください。←持ってる?

(*/∇\*) きゃ~がんばります~。コメントありがとうございました。

2012/08/30 (Thu) 23:47 | REPLY |   

此花咲耶  

きえさま

> >(うわ~~~~~っ、上谷先輩とキャプテンがっ……!?)
>
> このお言葉をそのままお返しし…。
>
> え――――――――――っっっっっ?!
> そんなぁ、せんぱいぃぃぃぃ。
> 私の中では大どんでん返しでした。

(*⌒▽⌒*)♪うふふ~。実は、ちょっと癖のある先輩なのです。
予想を裏切れたようで、よかったです。
>
> でもさぁちゃん、大ちゃんとのことをあらためて考えたのね。

ほんの数日間の話しなのに、すごく濃い気がします。ちゃんとらぶらぶになるかなぁ……(´・ω・`)

> エロくていいんだよ~♪
> もっとこのちんを困らせて(いえ、本性を出させて)ください。

純情可憐なこのちんは、なかなかエロい展開にならないので困っています。(´・ω・`)
きえちんみたいに、生のてぃんこが付いてないから仕方ないのかも……。
がんばりまっす。(`・ω・´)
コメントありがとうございました。

2012/08/30 (Thu) 23:15 | REPLY |   

きえ  

>(うわ~~~~~っ、上谷先輩とキャプテンがっ……!?)

このお言葉をそのままお返しし…。

え――――――――――っっっっっ?!
そんなぁ、せんぱいぃぃぃぃ。
私の中では大どんでん返しでした。

でもさぁちゃん、大ちゃんとのことをあらためて考えたのね。
エロくていいんだよ~♪
もっとこのちんを困らせて(いえ、本性を出させて)ください。

2012/08/30 (Thu) 22:49 | REPLY |   

Leave a comment