FC2ブログ

禎克君の恋人 28 【最終話】 

禎克は、ぐいと大きく背伸びをした。

「さ。ぼくも、大二郎くんに負けないように頑張らないとな。」

「うん。さあちゃんも試合頑張ってね。一年生なのに、すごいよね。」

「今回はぼくの実力じゃないんだけどね。主力選手が膝を傷めてしまって、ポジションが空いたんだ。奪い取ったわけじゃない。中学の頃は高校に入ってもそこそこ動けると思ってたんだけど、入ったらレベルが全然違ってて、最初はこれでやれるのかって、すごくショックだったんだよ。でも、チャンスだと思って必死にやるよ。」

「うん。一番くじけそうな時ほど、周りに見られてるからね。」

「そう思うよ。大二郎くんとは、環境が違うけど、お互い今が頑張り時だ。」

「おれ、離れ離れになるのは哀しいけど、さあちゃんとはまた会えると思っていいよね。」

「勿論、そのつもりだったよ?あ、もうすぐ夜が明ける。大二郎くんは、もう少し寝ないと身体が持たないよ。集合時間が早いから、ぼくはもう行くね。アラームが鳴る前に起きれて良かった。」

「さあちゃん。もう、お別れ……?」

縋る瞳の大二郎が、鼻の頭を赤くした。

「集合6時なんだ。」

「……そう。」

「大二郎くん。次に会えるのが楽しみだね。電話で話も出来るし、お互いにもう昔みたいに何もできずに泣いてたチビとは違う。時間が出来たら、大二郎くんの所へ訪ねてゆくよ。興行先が決まったら、メールでも電話でもいいから教えて。」

「そっか。そうだよね。これでおしまいになるわけじゃなかった……。馬鹿みたいだ、おれ。さあちゃんとお別れしたら、その後どうしようと思った。なのに、さあちゃんったらぐうぐう寝ちゃうんだもの……。」

そう言って、うれしげに微笑んだ大二郎の頬を、ころ……と滴が転がった。

「大二郎くん。役者は泣いちゃいけないって言ってたくせに、ほんとは泣き虫だろ。」

「う~、ゴミが入った~。」

「うそつき。」

禎克は大二郎をそっと引き寄せると、抱きしめた。
胸までしかない大二郎が、愛おしくて離れがたくなっているのは、自分の方かもしれないと思う。
真っ直ぐに向けられた想いに、自分も思い切って正直に応えようと思った。

「……好きだよ。大二郎くん。忘れないでいてくれてありがとう。」

「さあちゃん。」

「あのね。紅い振袖の可愛い女の子が、ぼくの初恋だったよ。」

「さあち……え~ん……さあちゃ~ん……。」

ぽんぽんとあやすように、禎克は大二郎の背中を撫ぜた。

「またね、大二郎くん。」

二人はもう一度、キスを交わして別れを告げた。
離れがたいが今は仕方がない。互いに進むべき道がそこにある。

「おれ、さあちゃんの恋人?」

「ぼくは、そうだったらいいなって思う。」

巻き付けた腕に、もう一度力を込めて大二郎は離れた。
今はもう悲しくはなかった。

*****

別れ際、大二郎が耳元でささやいた。

「今度はもっと激しいことしようね。寝かせないから覚悟して会いに来て。」

「激しいこと?」

「さあちゃんの知らない世界、見せてあげるよ。」

「ん~?」

ぶんぶんと大きく手を振る大二郎に応えて、禎克は手を上げた。

朝日の中を、禎克は駆けてゆく。
長い影を、禎克の恋人が見つめていた。

*****

インターハイ後、自宅に帰った禎克がパソコン検索を掛けて、男同士が愛し合う方法を知り、絶叫したのはそれから何日か先のことだった。

「うわ~~っ、何これ~~っ!!??」





長らくお読みいただき、ありがとうございました。
拍手もポチもありがとうございます。
日々の励みになってます。このお話は、いくらでも続編が書けそうなので、構成を考えたいと思います。
らぶらぶの二人とかね……(〃▽〃)←大丈夫か? 此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村






関連記事

5 Comments

此花咲耶  

拍手コメントさとうさま

(〃゚∇゚〃) 何とか、一段落つきました。
ぞ、続編……がんばります~(°∇°;) ←テ、テクが……激しく不安……
翻弄されるさあちゃん、書きたいです。うふふ~(〃゚∇゚〃)

これから、頑張って伏線拾います!(`・ω・´)
コメント励みになりました。
ありがとうございました。(*⌒▽⌒*)♪

2012/08/25 (Sat) 07:54 | REPLY |   

此花咲耶  

ちよさま

> 遠く離れていたけれど、強く結ばれていた二人の想いが通じて、
> 確かめ合えて、一安心~。

(*⌒▽⌒*)♪結構、二人とも一途でした。
幼馴染ラブかな~。

> 取りあえず…、
> 禎克くんは予習(?便利な世の中でよかったネ)しているみたいなので、
> 今後のラブラブへの道、待ってます~。

(°∇°;) ←こんな顔になってます。奥手のさあちゃん、頑張れ~!
らぶらぶへの道は結構険しそうですが、きっと幸せになると思います。

> もちろん、かなりの珍道中…かな?
> 楽しみにしております~(´∀`)σいえ~い!

(〃゚∇゚〃) だ、だいじょうぶかなぁ~
ありがとうございます。今後も頑張ります。

2012/08/25 (Sat) 01:07 | REPLY |   

此花咲耶  

きえさま

> さすがこのちんです。
> 大事なところすっぱ抜いて余韻残して、終わりにしてくれました。
> 焦らしプレイと鬼畜プレイを同時に行えるのは、このちんの特技(←?)だよね~。

(*/д\*) ……すっぱ抜いちゃいました~。えっと……、たぶん次回に期待してください。(`・ω・´)
>
> いやぁ、でも成長過程、面白かったです。
> さぁちゃん、今後何を学ぶのかしら(o´艸`o)
> 寝られない夜を知ってもさぁちゃんは逃げないよね。
>
ありがとうございます。もう少し大人になったらどうなるんだろうと考えています。伏線張りまくりなので、すこしずつ回収してゆきたいです。
むしろ、此花がお勉強しなくては!(`・ω・´)←何を。
教えて、きえちん。

> 私的には先輩に教えてもらう(まだ言う…)のがいいのでは~と影ながら応援します。

先輩も出てこないといけませんよね。
でも、きえ珍一押しの先輩は、あまりいい役回りではなさそうです。♪ψ(=ФωФ)ψ
コメントありがとうございました。うれしかったです。

2012/08/25 (Sat) 01:03 | REPLY |   

ちよ  

長い間…

遠く離れていたけれど、強く結ばれていた二人の想いが通じて、
確かめ合えて、一安心~。
取りあえず…、
禎克くんは予習(?便利な世の中でよかったネ)しているみたいなので、
今後のラブラブへの道、待ってます~。
もちろん、かなりの珍道中…かな?
楽しみにしております~(´∀`)σいえ~い!

2012/08/25 (Sat) 00:03 | REPLY |   

きえ  

さすがこのちんです。
大事なところすっぱ抜いて余韻残して、終わりにしてくれました。
焦らしプレイと鬼畜プレイを同時に行えるのは、このちんの特技(←?)だよね~。

いやぁ、でも成長過程、面白かったです。
さぁちゃん、今後何を学ぶのかしら(o´艸`o)
寝られない夜を知ってもさぁちゃんは逃げないよね。

私的には先輩に教えてもらう(まだ言う…)のがいいのでは~と影ながら応援します。

2012/08/24 (Fri) 23:26 | REPLY |   

Leave a comment