FC2ブログ

禎克君の恋人 26 

「そんなおいしいものじゃないけどね、さあちゃんの物だからおれは平気。飲めるよ。」

「……ごめん。こんなくそまずいもの出しちゃって。知らなかったよ……。」

大二郎は、まじでへこんでしょんぼりとしてしまった禎克を見上げた。

「さあちゃん、へこむなよぉ……。みんな同じだって。教えてあげるよ、何でこれがこんなにまずいか。おれ、神さまに聞いたことあるんだ。」

そう言いながら、向かい合った大二郎はそうっと手を伸ばし、再び禎克を捉えて上下にゆるく指を這わせていた。

「え?」

おれ、神さまと知り合いなんだと、大二郎は真顔を向けた。

「まずくないと、みんなセクスに溺れちゃうだろ?甘い蜂蜜みたいな味だったらさ、誰も恋人から離れたがらないよ。だからわざと不味くてしてるの。朝から晩までセクスばかりだと、人類は滅亡しますっ。(`・ω・´)」

「大二郎くん……。それ今、思いついたんだろ?」

「うふふ~。でもね、どんなに不味くても、おれはさあちゃんから離れたくないの。困ったね~。」

口をゆすいでぷっと吐き出すと、再び大二郎は禎克にキスをねだった。確かに、これが甘露なものだったらきっと溺れてしまう。そんな気がした。わずかな間に、禎克は深いキスに慣れていた。

シャワーを掛け流しながら、二人は仲良く溶けた。
互いに手を伸ばし口を貪りながら、下肢をこすり合った。向かい合った腰が、グラインドするように前後に揺れる。

「さあちゃん……。」

おれのこと、覚えていてね……と大二郎が潤んだ瞳で禎克を見上げた。

「忘れたことない。言っただろう、物覚えは良い方なんだ。」

「さあちゃん。ぎゅっとして寝よ。」

大二郎にしてみれば、禎克との行為はきっと物足りないものだっただろうが、相手を思いやる気持ちもわかず自分のことで精いっぱいの禎克は、抱き合ったまま、すぐに睡魔の手に落ちた。
携帯のアラームはセットしたから大丈夫……意識をなくす寸前、紅い禿の振袖の女の子に手を伸ばした。

『さあちゃ~ん……』

いつも涙を浮かべて悲しそうなその子が、今日は笑顔で袖を振る。
やっぱり、君、大二郎くんだったんだね。

やっと、笑ったね。
鼻をくすぐる石鹸の匂いの頭を、引き寄せてそのまま眠った。

「いい匂い……だ。」

「さあちゃん。寝ちゃうのか。つまんないぞ~。さあちゃ~ん。」

大二郎は禎克があっさりと眠りに落ちたのを、寂しげに見つめていた。





(´・ω・`) 大二郎 「さあちゃ~ん。続きは~?」

(*/д\*) 禎克 「もう、寝る~」

Σ( ̄口 ̄*) 大二郎 「まじで~?」

本日もお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチもありがとうございます。励みになってます。此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村




関連記事

1 Comments

此花咲耶  

拍手コメントさとうさま

今日もお読みいただきありがとうございます。(*⌒▽⌒*)♪

大二郎くんは、年上のおにいさんやらおねいさんに色々愛されたみたいです。いつか、その辺のお話書きたいです。←テク……ないぞ~

長い間会えなかった二人はやっと会えて、キスしてこすりっこまでしました。
(〃゚∇゚〃) 長かったです。
後、もう少しでこのお話は終わりそうですが、続きがいくらでも書けそうです。
見守って下さいね。(`・ω・´)おれ、がんばる!←なにを?
コメントありがとうございました。(*⌒▽⌒*)♪


2012/08/23 (Thu) 08:29 | REPLY |   

Leave a comment