FC2ブログ

禎克君の恋人 24 

ベッドに腰を下ろした禎克の足の間に座り、強張った白い顔を向ける大二郎の顎を捉えると、優しく頬に触れた。

「ばかだなぁ。そんな切ない顔するなよ……。いやだったら、こんなことしてないって。逃げてないだろ?ぼくだって、覚えていてくれて本当にうれしかったんだから……。信じろよ。」

「うん。」

触れるか触れないかの、禎克から降ってきたついばむようなキスに焦れて、大二郎はどんと体重を預け肩を押した。
性急にTシャツをたくし上げ、禎克の胸に悪戯な白い手が伸びて這った。

「さあちゃん……、ねぇ、色白いね。おれと変わらない。」

「練習、殆ど室内ばっか……だか……ら。」

大二郎が、そこかしこに唇を落とす。薄紅い小柱をかすめたら、禎克がぴくりと身じろいだ。

「んっ……ふあっ……」

ふいにこぼれた、自分の声とは思えないような甘い声に驚いて、思わず口を押える。
静かな部屋に、ぺちゃ……と時折、飼い猫がミルクを舐めるような音が響く。
隠微な音に、禎克の全身の毛が総毛立つ。懸命に何もない胸に執着する大二郎の頭を、つい押さえた。

「そこは、もう駄目……。あ、っ……!」

大二郎の舌が這うのが決して嫌なわけではなかったが、耐えるのはもう限界だった。押しやると大二郎が潤んだ瞳を見上げた。

「だ、大二郎くん。あの……っ!」

「やめない。ほら、さあちゃんのも、おっきくなったよ。」

視線を合わせたまま、大二郎の手が禎克のセクスに触れる。
敏感な下肢の中心に自分以外の手が触れるのは初めてだった。

「感じる?」

「う……うっ。」

滑らかな手のひらに握り込まれて、禎克は小さく呻いた。意識がそこだけに集中する気がする。ぐんと質量が熱を持って、かさが増えたと自分でも分かる。
大二郎は懸命に、禎克の茎を育てていた。甘えん坊の子猫の舌がちろちろと反り返った先端をくすぐってゆく。

「さあちゃん。初めてだから……おれ、ひどいことしないから……。でも、おれが触ってもさあちゃん感じてくれるんだ。うれしい……さあちゃん。」

ゆっくりと力を込めずに、くすぐるように緩く弄られて、禎克の下肢に思わず力が入る。何か、気の利いたことを言おうと思っても、言葉が見当たらない。大きく息を吸って酸素を求めて魚のようにあえぐばかりだった。
大二郎は器用に禎克の着ているものを全て脱がせると、きゅと胸の先端をつまんだ。
ぴり……と研ぎ澄まされた感覚のどこかを、爪で掻かれたようなむずがゆさが、鈍い快感に変わる。

「う……。」

「さあちゃん……感度いい。おっぱい、真っ赤になったよ。」

「ば……かっ。」

これまで、誰かの持ち物と比べたことはない。
ただ、自分に執着する大二郎が満足しているのか、様子をうかがう余裕もなくなって、禎克は大二郎の頭を子供をあやすように、ただゆるゆると撫でていた。
ほんの少しのためらいの後、自身のセクスが大二郎の温かい口腔に含まれたのを感じる。

「駄目だ……、大二郎くん、そこは……あ。」

「んっ。ん……っ。」

「駄目だったらっ!あっ……!あっ!」

じわりと快感の波が立ち上ると、一気にせき止められない奔流が熱の放出を求めて、背筋を這い上がってきたのを我慢できなかった。

「うぁ……っ!」





(´・ω・`) ……こ、困ったぞ~。これから、どうすればいいんだ……。

(`・ω・´)このちん史上、120パーセントでお届けしております。←激しく不安。


本日もお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチもありがとうございます。励みになってます。此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村



関連記事

1 Comments

此花咲耶  

拍手コメントさとうさま

(*ノ▽ノ)キャ~ッ……良かった、さあちゃんの絵を気に入ってくださって。

自分で描きながら、ああでもない、こうでもないと思いながら唸っています。
自分の中にあるイメージを形にする作業は、楽しいのですが時間がかかってます。(´・ω・`)
避けては通れない場面ですが、いつも馴れてないな~と自分でも思います。
でも、ぎこちないさあちゃんの初体験なので、大目に見てください。(*⌒▽⌒*)♪
どうぞ、さとうさんも禎克の事「さあちゃん」と呼んでやってください。きっと喜びます。
(`・ω・´) 大二郎 「おれ。さとうさんなら、さあちゃんって呼んでも許す。」

何様~■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ

コメントありがとうございました。がんばります。(`・ω・´)

2012/08/21 (Tue) 00:36 | REPLY |   

Leave a comment