FC2ブログ

禎克君の恋人 22 

再会した大二郎は、少し慣れて来ると、とんでもない甘えん坊だったのが判明した。
禎克も上に姉がいて、自分をそれほどしっかりしている方だと思ったことはないが、出会った時から大二郎は、禎克に常にべたべたと触れている気がする。
まるで、触っていないと母親がどこかに行ってしまうような気がして、離れられない赤子のようだ。

「大二郎くん。せめて、ぱんつ穿かない?直接、太ももに当たるんだよね。あの、ナニが……。」

うる……と瞳が濡れる。

「さあちゃん……、おれの事、うっとおしいの?」

「ううん。そんなことない。懐かしかったよ。」

「他には?言ってみて。」

「えっと……どきどきします。」

「さあちゃんっ!」

gIMyMIUfItPFO4O.jpg


もう一度、襲われて長いキスを交わした後、やっと二人は食事にありついた。大二郎は禎克に叱られて、おれ、部屋では何も着ないタイプなのに~といいながら、仕方なくバスタオルを緩く腰に巻いた。
普段着物で締めつけているから、ぱんつのゴムの締め付けも嫌なんだと言う。

*****

食事をしながら、二人は色々な話をした。長い空白が、違和感なく紡いだ会話で埋められてゆくのが不思議だった。

興行で日本中回った話、テレビに出演したときの失敗談。
禎克も、珍しく語った。
中学選抜に選ばれてから、漠然としていたバスケへの夢が本気に変わったこと。親にも話したことの無い夢を禎克は語った。

やがて、懐かしいこまどり幼稚園での話になった。大二郎は毎日、ピンクのスモックを着ていた禎克を、当然のように女の子だと思っていたらしい。

「……おれ、ピンクのさあちゃんが初恋だったんだよ。」

「そうなんだ。」

「小さくて可愛くておとなしくて。お友達になれたのが嬉しくて、他の誰にも取られたくなくてさ、お嫁さんにするって公言したら、湊が弟だって言ったんだ。信じないぞって怒ったら、じゃあ、ぱんつ下ろしてみれば……?って言われてさ。つい勢いで下ろしたら、付いてたんだよ、おれと同じ物。ちっこいナニがぽろん……って。あの時のショックったら、なかったよ。」

「仲良くしてた大二郎くんに、いきなりぱんつ下ろされて、ぼくも切れちゃんだよなぁ……。」

「お互い、すごい衝撃だったね。ぱんつ下ろしたこと、さあちゃんも覚えてたのか。」

「ぼくは、年少さんで、既にひらがなも書けるお利口さんだったから、忘れません。記憶力はいい方だよ。」

大二郎は口をとがらせた。

「ぶ~。ひらがなは、小学校でやっと覚えました~。」

「掛け算は?」

「おれ、二ケタの引き算でつまずいちゃったから、算数嫌いなの。」

「引き算でつまずいたのか……?九九じゃなくて?」

「学校あまり行けなくてさ、羽鳥が教えてくれたんだけど。羽鳥の教え方が、まじで下手くそだったんだよ。隣りから十借りてきて引きます……とか言ってさ。11から9引くと……、ほら、一の位は引けないだろ?だから、隣から借りて来るっていうんだけど、おれは貸さないって頑張ったの。」

「それじゃ、計算にならないな。」

「だってね。8とか9とかたくさんあれば貸してあげてもいいけど、十の位には1しかないんだよ。いくら、宵越しの銭は持たない江戸っ子でも、ない袖は振れない。道理だろ?」

十の位に同情して、引き算ができないなんて……。

「お……おかしい……。あはは……。」

禎克は笑いが止まらなくなってしまった。

「さあちゃん。おれのこと、ばかだと思ってる……。」

哀しげに顔を曇らせた大二郎の肩を引き寄せた。

「違うよ……違う。可愛いって思っただけ。傍に居たら、教えてあげられたのにね。きっと、十の位はさ、何もかも失くしてもいいと思えるほど一の位が好きだったんだよ。そう思わないか?」

「そう言えば、おれにもわかるのに……。やっぱり羽鳥の教え方が下手だったんだ。さあちゃんが先生なら、良かったのに。」

「そんなこと言うと、羽鳥さんが気の毒だ。」

「羽鳥はお師匠さんがいればいいんだよ。おれなんて、毎日お邪魔虫だよ。」

きっぱりと言い切る大二郎は食欲旺盛で、テーブルの上に広げた大量の食事は二人の胃袋に見事に収まった。

「あ~、食べたね~!」




本日もお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチもありがとうございます。励みになってます。此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村



関連記事

1 Comments

此花咲耶  

拍手コメントさとうさま

(〃゚∇゚〃) うふふ~大二郎くん、裸族でした。
小さなころとは、イメージがまるで逆転しています。すっぽんぽんの大二郎くんの絵も今描いているので、そのうちあげたいと思います。
さあちゃんは、大二郎くんがあまりに甘えんぼさんなので、ちょっと困っています。
で、このちんはこの二人のエチ場面がむずかしくててこずっています。(´・ω・`)

何でもいいから、夢中になれるものがあるといいなって思っています。
算数なんて大人になったらできなくても困らないもん~!←作者。(*⌒▽⌒*)♪

コメントありがとうございました。がんばりまっす!(`・ω・´)

2012/08/19 (Sun) 10:44 | REPLY |   

Leave a comment