FC2ブログ

禎克君の恋人 15 

大二郎が禎克を見上げた。
大きな瞳が濡れている。

「ね、さあちゃん。ホテルの旧館の304ってね、ここに滞在中おれの部屋なんだ。もっと話しようよ。舞台の後で、時間作るから、さあちゃんも時間作れない?」

「うん。少しくらいなら大丈夫だけど、長くはいられないんだ。インターハイがあるから。明日の朝には出発する。」

「また離れ離れになるんだね……。なんか、おれとさあちゃん、織姫と彦星みたいだ。」

「七夕は年に一度あるけど、こっちは11年ぶりだ。」

「でも今は携帯もあるし、そうだ赤外線。メアドと携番教えて。」

「うん。」

ぴっ……と小さな電子音が、二人を確かにつないだ。
仲の良い小さな恋人同士みたいに、頭をくっ付けて来ると、大二郎は写真を撮って待ち受けにした。

「醍醐さんは、大丈夫なのか?手術したんだろ?湊がニュースで流れてたって言ってたよ。」

「うん。出血箇所はすぐわかったし、手術が終わって麻酔が解けた後、意識がすぐに戻ったから大丈夫だろうって、お医者様が言ってくれたそうだよ。気が付いてすぐに羽鳥が、電話をくれたんだ。しばらくは集中治療室らしいけどね。おれにはやるべきことが、たくさん有るから、今は病院へは行けないんだ。」

「そっか……。羽鳥って、醍醐さんに付いてる人?」

「お師匠さんのいい人だよ。おれの母親が亡くなってから、ずっと面倒見てくれているんだ。うんと昔から劇団にいるんだ。おれの母親が亡くなる時に、おれとお師匠さんの事頼むねって言ったらしい。言うなればおっ母さん公認かな。」

「そう。お母さんみたいな人なんだ。」

「うん。おれにおっぱいくれたこともある。出なかったけど。」

「へぇ……?」

「ちなみに、羽鳥は男だよ。」

「おっ……とこ!?」

大二郎はくすくす笑って、もう一度禎克の頬に、柔らかく小鳥のキスを贈った。

*****

「今夜のおれの舞台見てね。さあちゃん。そのあと、一緒にご飯食べよ。」

「わかった。」

「今度のことで柏木醍醐の一人息子がどこまでやれるかって、世間が注目してる。お師匠さんが入院している間の舞台が、劇団にとっても正念場なんだ。人気稼業は一度でもケチがつくと終わりだから、気合入れないと。応援してくれる?さあちゃん。」

「そうか。何もできないけど、応援するよ。頑張れよ。」

「……あい。」

素顔で艶めかしくしなを作った大二郎の所作に、禎克は思わず見惚れた。
見送る禎克に、視線を流した大二郎が言う。

「さあちゃん。舞台を観たらおれに惚れるよ、きっと。」

「ははっ、強気だ。」

禎克は、もうとうに落ちていた。





久しぶりの二人。会話が弾みます。

本日もお読みいただきありがとうございます。
拍手もポチもありがとうございます。励みになってます。(*⌒▽⌒*)♪此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村



関連記事

2 Comments

此花咲耶  

きえちん

> どことなく積極的なだいちゃんは、ついに部屋に呼びました。
> バスケに一生懸命だったウブなさぁちゃんは、単純にお呼ばれに応えました。

(`・ω・´)大二郎 「がんばります!」←何を?

> …どうなるんだろう…。

ね~\(゜ロ\)(/ロ゜)/おろおろしてしまいそうです。

> でもさぁちゃん、とうにおちていた…ってわかっているんだ~。

きっと、大二郎くん演じる赤い禿の女の子が、今もさあちゃんの心の中に住んでいると思います。
後は自分に正直になれるかどうかかな……。(*⌒▽⌒*)♪

> …えーと、影ながら、先輩の存在を気遣ってしまう私でした…。乗り込んでこないよね~?
あ、忘れてた……■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ

めんどくさいから、もういっか~?(*⌒▽⌒*)♪←何とかします~
コメントありがとうございました。

2012/08/11 (Sat) 22:39 | REPLY |   

きえちん  

部屋番号♪

どことなく積極的なだいちゃんは、ついに部屋に呼びました。
バスケに一生懸命だったウブなさぁちゃんは、単純にお呼ばれに応えました。

…どうなるんだろう…。

でもさぁちゃん、とうにおちていた…ってわかっているんだ~。


…えーと、影ながら、先輩の存在を気遣ってしまう私でした…。乗り込んでこないよね~?

2012/08/11 (Sat) 22:23 | REPLY |   

Leave a comment