FC2ブログ

禎克君の恋人 5 

初日は散々だったが、それでもやがて禎克は、激しい練習に次第に慣れはじめた。
合宿も終盤の頃には、試合形式の紅白戦でも、少しずつ思い通りのパスが出せるようになっていた。

二人がかりでガードされながら、相手の隙をつきバックステップを入れてフリーになり、ついにパスを通した。

「先輩!」

「よっしゃ!ナイスパス!」

綺麗な放物線を描いて、禎克のパスを受けた上谷の3Pが決まった。

「ナイシュー!」

紅白戦相手の先輩から、拍手をもらった。
手荒い祝福を受ける。

「他の一年なんて、皆ついて来るだけで精いっぱいなのに、やるなぁ、金剛。さすが全中選抜。」

「最後のパス、もう少し精度上げれば、上谷のスリーだけじゃなくてさ、アリウープ狙えるんじゃないか?」

「狙えるな。いっちょ全国で、やってやろうぜ。」

「お前ら、浮かれて油断してると、金剛にレギュラー取られるぞ。気合入れて行けよ。」

自分ではまだまだ納得がいかない禎克は、専属コーチの高評価にも戸惑っていた。

「粗削りだけど、結構使えるじゃないか。高校バスケのスピードにも慣れるの早いな、金剛。良い試合勘持ってると思うぞ。」

「見かけによらず強心臓だしな、金剛は。ポーカーフェイスなのがいい。」

「見た目、おとなしそうなんで、合宿途中で泣きながら帰ったら、どうしようかと思ってたがな。」

「なんですか、それ……。根性だけはあるつもりです。」

明るいチームメイトとの会話に、何とかやれそうな手ごたえを感じていた。

*****

「金剛!手が空いたらこっち手伝え!仕事あるぞ。」

「はい!」

声を掛けてきたのは、二年生のマネージャーだ。
一年生には雑用全般が振り分けられている。
禎克は、洗濯洗剤の買い出しを任され近くのスーパーまで行くことになった。

「一人でおつかい大丈夫か~?一年生。」

「一緒に行ってやろうか?」

「チャリ有るんで大丈夫です。」

「迷うなよ。」

「地元ですから。」

「ばか。そこは「ひとりでできるもん」って、返すんだよ。」

夕暮れの風が熱のこもった身体には心地よかった。スーパーで目的の物を買い、袋に入れている時、ふと置かれたチラシの束が目に入った。

「あ……。」

トン……と鼓動が高く跳ねた。

「劇団醍醐……?」

割引券の艶めかしい花魁の姿に、懐かしい既視感を覚えた。
その姿に、見覚えがあった。

自分の持っているお守りの写真の背景に、同じポーズのポスターが写っていた。




本日もお読みいただき、ありがとうございます。
拍手もポチもありがとうございます。励みになっています。

劇団醍醐が、ご当地再び参上!です。いよいよ逢えるかな~(*⌒▽⌒*)♪ 此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村




関連記事

0 Comments

Leave a comment