FC2ブログ

禎克君の恋人 3 

上谷に声を掛けられたのは、三月前の、入学式後のことだった。

「よお、来たな。金剛は、てっきり城聖高校に行くんだとばかり思ってたよ。この辺だと、あそことうちがいい勝負だからな。」

「あの……?」

「あ。ごめん、バスケット部二年の上谷彩(かみやひかる)だ。監督に金剛が入るって聞いて、すっげぇ楽しみで、待ってたんだ。」

「ありがとうございます。見学したとき、ここがチームワーク良いと思ったんで……。」

「まあ、部員が少ないからな。だが、監督が頑張ったんで、今年の一年には結構いい人材が揃ってると思うぞ。ほら、初瀬中の明神とかさ。」

「そうですね。」

「……おい。それだけかよ。噂通りの無愛想だなぁ。だがな、全中選抜(全国中学生選抜)のポイントガードの金剛が入ってくれれば、うちもインターハイ出場も夢じゃなくなると思って楽しみにしてたんだ。行こうな、インターハイ。(全国大会)」

「はい。よろしくお願いします。」

思わず頭を下げた。

「丁寧だなぁ……。もう少し、くだけてもいいぞ。人見知りか?」

「……普通だと思いますけど。」

「いや、固いって。」

くしゃと笑ったら、上谷の片頬にくっきりと印象的なえくぼができる。
同じ中学からの連れはいなかったが、この先輩となら、たぶんやっていけると思った。

*****

「一年の部屋は、二階なんだ。判るか、金剛?」

「はい。部屋割り表貰いましたから。あ……っと。」

階段で落とした荷物の横ポケットから、かさと乾いた音を立てて、何かが滑り落ちた。

「なんだ?……写真?」

「あ、それ、ぼくのお守りなんです。」

「へぇ……。ずいぶん古いものだな。写ってるの金剛……と?」

「昔、仲の良かった友達です。」

上谷が拾って見つめる古い写真は、いつか舞台を見に行ったときに、二人を並べて劇団員が撮ってくれたポラロイド写真だった。色も変わってしまったが、捨てられなくてパウチしていつも持っている。

「実は……これを持って臨んだ試合は、これまで負け知らずなんです。だから練習中も持ってれば怪我とかしないかなって思って、いつも持ってます。気休めだと思いますけど。」

「そうか。金剛のゲン担ぎなんだな。おれも、大きな試合の時に必ず穿くソックスがあるんだ。元の布の方が少ないくらいのツギだらけだけど、捨てられないんだ。知ってるか?こういうの「ライナスの毛布」って言うんだぜ。心の拠り所っての?」

「……聞いたこと無いです。」

「ははっ、おれのも受け売りだ。ま、大事なお守りを、俺のつぎはぎソックスと一緒にされちゃ、かなわんよな。」

上谷は声をあげて笑った。

実は高校を決める時、禎克は仲間とあちこち見学して回った。
スカウトしてくれた他校との練習試合を見に行ったとき、上谷が何度も綺麗な弧を描いてボールを沈めるのを見て目が釘付けになった。

「すごい……。綺麗なフォームだなぁ……。」

その後、点差の開いた試合を見ながら、きっと自分なら、もっとあのシュートを生かせるのに……と思った。自分なら瞬時にパスコースを探し出し、もっと楽にフリーでシュートを打たせてやれるはずだ。その自信はあった。
センターも強いし、上谷の居るこのチームなら、きっとインターハイまで行けるだろう。そう思って、ベスト4どまりだったこの高校の誘いに乗った。





バスケ三昧のさあちゃんの生活です。
ひそかに大二郎くんの写真を、お守りにして持っています。しかもパウチまでして大切に。
少しは覚えているのかな。

つか……この先輩ってなに? (*´・ω・)(・ω・`*) ね~

本日もお読みいただき、ありがとうございます。
こういう感じのお話は書いたことなかったので、ちょっとどきどきです……(〃゚∇゚〃)
拍手もポチもありがとうございます。励みになっています。(*⌒▽⌒*)♪ 此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
にほんブログ村




関連記事

0 Comments

Leave a comment