FC2ブログ

露草の記・参(草陰の露)14 

「このお詫びはどうすればよろしいでしょう。」

しばらく考え込んでいた照姫は、ぱっと明るい顔をして義元の前に駆け寄った。

「義元さま。良きことを思いつきました。義元さまには、照の持参した大切なお内裏様を差し上げます。」

(……せっかくのお申し出なれど、……義元は、人形遊びはもう致しませぬよ。)

笑みを浮かべてはいるものの、聞き取れないほど細い声で辞退する義元に、不思議そうな顔をして、くるりと振り返って問う様に秀幸のほうを見た。

「義元の声か?実は義元は、わたしをかばって喉に大怪我をしたせいで、声がままならぬ。」

「戦場での名乗りが、義元の声の聞き納めとなってしまった。」

「まあ……。おかわいそうに。」

ぽろと、不意に大粒の涙が零れた。

「義元さまは御身を投げ打って、照の大切な秀幸さまのお命を、お救い下さったのですね。」

「義元さまに、お礼を申します。この通り。」

好奇心旺盛なだけではなく、気持がどこまでも素直で気立ての良い姫である。
無垢な姫は、真っ直ぐな秀幸に似合いだと思った。
くるくると良く変わる表情は、人懐こい小犬のようで、どこか秀幸に似ているような気がする。

*****

結局しばらくすると、約束どおり照姫は国許から持参した雛人形を持って、自室に戻った義元に届けに来た。

「思ったとおり。義元さまは、照のお雛様に良く似ておいでになります。」

ほら……お内裏様とお似合いじゃと、楽しそうに人形と義元を並べて、悦に入っている。

「いずれ婚儀のときには、お雛さまのお道具も持ってまいります。」

「義元さま。桃の節句には、照と一緒に貝合わせをして、おいしい白酒をいただきましょう。」

(はい……。楽しみにしております。)

元服も終えた5つも上の義元に向かって、照姫は年長の姉のような口をきいた。
大好きな秀幸をかばって喉を痛めたときいて、どうやら、妙な責任感が湧いたようである。
聞こえぬように、そっと秀幸が囁いた。

「おギギ、許せ。」

「照姫は、まだまだ子どもなのだ。」

そういう秀幸の顔も、まだあどけなさの残る15である。
義元は内心一人、苦笑していた。

きっと微笑ましい雛人形のような、夫婦になるだろうと義元は思う。

(お可愛らしい……。若さまにお似合いの、ご気性のまっすぐなお姫様です。)

「うん。義元が気に入ってくれて良かった。」

*****

「あーっ!」

突然にわかに、高い叫び声が上がった。

「……何か、あったか?」

何やら、部屋の外が騒がしく、御付の老女が転がり込んで平伏した。先ほど、はしたないと姫をいさめた老女とは思えない、慌てぶりである。

「ひ、姫さま、申し訳ございませぬ。」

「どうしました。騒々しい。」

「めじろが逃げましてございます。」

「まあ……照の弥太が?」

餌をやるときに、うっかりと老女が逃がしてしまったのだという。
はるばる国許から連れてきためじろは、どうやら弥太と言う名が付いているらしい。




にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ




関連記事

0 Comments

Leave a comment