FC2ブログ

露草の記・参(草陰の露)5 

凍り付いて笑みさえ浮かべぬ情の強(こわ)い少年に、何をされても耐えよ、忍びは人ではない、風の言うまま揺れる草なのだと、養父は何度も諭したが、露草に変わりはなかった。

頭では分かっているつもりでも、身体が裏切り思うようにならなかった。本多がどれほど優しく手をかけても、頬を濡らし息を詰めているばかりだった。自分でももどかしく、申し訳ございませぬと頭を下げた。

後孔に丁子油を垂らし、何とか身体を入れても息を止めてしまう。そればかりか、無理に開くと声も立てずにくたりと気を失った。

「諦めた方が良いのではないか?他に使う道もあろう。此度はその方の見る目が甘かったという事じゃな。」

「は……。」

本多にそう言われ激昂した養父は、銀杏の大木に露草を吊るして、意識がなくなるまで力任せに打った。
露草は痛みも感じないように、くるくると蓑虫のように回るばかりで、ぽっかりと空ろになった、瞳は何も映していなかった。

「これまでか……。」

養父が悔しげに漏らした。
露草は、養父が幾度も見てきた、己を捨てきれなかった「陽忍」の、精神が壊れる寸前の様子を呈していた。

「……ここまで散々、手をかけたものをっ。」

「おのれっ、役たたずめがっ。目が覚めるまで、うぬはそこに居よ!」

苦々しげに吐き捨てる養父の苛立つ心中は、足蹴にしても、どれほど打っても、収まることはなかった。縄目を受けた露草は柿の木を背にして、三日三晩捨て置かれた。

*****

やがて、見かねた本多が声を掛けた。

「もう良い。縄を解いてやれ。他の者を当てればいいだけの話ではないか。」

「は……しかし……。何の為にこれまで育てて来たかと思えば、情けなく……。」

本多は、散々に打たれた露草を抱きとった

「さあ、しっかりせよ。露草、大丈夫か?水を飲ませてやろうな。」

「……あい。も、申し訳もございませぬ。」

「良い。こういう事には向き不向きがある。露草にも、いずれ影として存分に働く日も来よう。おお、そうじゃ……。そちに、良きものをやろう。」

本多は思い出して懐を探り、がさがさと包みを取り出した。
兄と露丸の、金平糖の話を本多は知らぬ。
たまたま懐に有ったのを、ぽんと一つ、呆けた口許に放り込んでやった。

「……あ。」

「こんぺいとう……?」

「知っておったか?」

砂糖菓子の甘さに、しばらく驚いたように黙ってしまった露丸が、ひたと目を据えて「玄太にぃ……お役目じゃ。」と呟いた。

心の底に沈んでいた玄太との約束が、ゆらりと浮かび上がってきた。






(o・_・)ノ”( ゚д゚ ) 露草「玄太にぃ……。」

露草は金平糖をきっかけに、陽忍になれるのでしょうか……。ヽ(゚∀゚)ノ←

本日もお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しております。どうぞよろしくお願いします。此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ







関連記事

0 Comments

Leave a comment