FC2ブログ

露草の記 (壱) 30 【最終話】 

抱き合って眠る二人を襖越しに覗き、兼良と藩主は声を殺して笑い合った。

「見よ、兼良。愛いのう。まるで、仔犬の兄弟じゃな。睦まじいことじゃ。このまま、しばらくは起こすまいぞ。」

「いえ、於義丸はとうに気が付いているようですよ。ほら、義兄上、こちらを向いた。」

「ほう……。やはり、さすがは草というべきかの。気配を読むか。」

傍で看てやりたいと殊勝なことを口にした秀幸は、於義丸の布団に入り傍らでぐっすりと眠っていた。無理もない、この数日の間に、秀幸にも多くのことが起こった。
ずっと寝ずの看病をしていたが、於義丸が気がついた今は、安堵してひたすら眠っていた。
果報者の草は、人差し指を口に当て、静かに……と、二人に合図を送った。

*****

そして一枚襖を隔てて、二人は他愛もない話をしていた。その声は、次第に大きくなり隣りの部屋に筒抜けだった。

「ところで義兄上。秀幸殿は筆下ろしはもうお済ですかな?」

「うん?」

藩主は頬に手をやった。

「さぁて、どうであったかな~……。確か、秋津が若さまの念兄は、藩医の倅がどうのこうの、女子は器量よりも性分ですぞと言っておった気がするが……。のう?忙しさにかまけて考えていなかったが、やはりこういうものは親として教えないと、まずいかな?」

「それはそうでしょうよ。わたしは、初恋の義兄上に手取り足取り、衆道の嗜みも教えていただきましたけれど、こういう事はやはり場数を踏んで慣れておきませんとね。露丸の方が経験はあるでしょうから、任せておけばいいですかな?」

余りにあけすけな物言いに、於義丸に肩を揺すられ起こされた秀幸は、苦虫をかみつぶしたような渋顔になった。
二人の会話を聞きながらしばらくは我慢していたものの、熟れた烏瓜のように真っ赤になっている。
於義丸が頬を赤らめ、くすりと笑った。

「いやいや……。秀幸はできもしないことを出来ると勘違いする節がある。そうなると於義丸が気の毒じゃ。いっそ、初手は傍で色々指南してやっても……。」

とうとうたまらず、秀幸はがらりと襖を開けて叫んだ。

「……なんの心配をされているのか存じませぬが、お二人とも大きなお世話ですっ。この秀幸、双馬藩嫡男として諸事分かっておりまする。いつまでも、前髪の童子ではありませぬっ!」

父と兼良は、思わず顔を見合わせた。

「お?さすれば……?秋津が悪所(遊女屋)へでも連れて行ったのか?さすがは、老いたりとはいえ双馬藩随一の忠臣じゃ。」

「まだまだ童と思っていたが、そちらの心配はいらなかったのだな?それは重畳。」

「おギギ。無用の心配のようじゃ、良かったのう。」

「叔父上!父上!え~い、おギギまで……そのように笑うで無いっ!」

久しぶりに憂いの無い時が戻っていた。
双馬藩の未来は、明るかった。

*****

……時が流れた。

双馬藩の新しい藩主、「安名秀幸」の傍らに控える槍の名手の名は、忠義の義の字を持つ「安名義元」という。
槍の使い手、安名兼良の養子となった、於義丸(本名 つゆ)の元服後の姿だった。

双馬騒動で、嫡男の影となり活躍したこの静かな武人は、女性と見まごう儚い花の風情ながら、一度槍を振るえば、軍神といわれた兼良に匹敵するほどの勇猛さで、天下に名を知られていた。

双馬藩に大事が起こったときには、再び天下無双の朱槍を掲げる双頭の龍が立つと、領民は信じている。

紅龍と蒼龍は、夜明け近く地平線を走り、雲間に遊びながら双馬を守る。
そんな噂は、まことしやかに領内の隅々にまで広がっていた。

義元の旗印は、丸に露草。
幼名にちなんだものと、双馬軍鑑に書き留められている。
安名秀幸のもとに安名義元が、やってきたのは天の差配であると、後の世までも藩史は伝える。

書の「序」には、こう記されている。

「二頭の龍が、此の地に降りたるは、天が決めた事たり……」




                             露草の記(壱)―完―





( *`ω´) 秀幸 「…ぷんっ。」

(〃゚∇゚〃) つゆ 「……」

(ノ´▽`)ノヽ(´▽`ヽ) ←父と叔父

本日もお読みいただきありがとうございました。
ランキングに参加しております。よろしくお願いします。

第一部が終わりました。
引き続き、第二部をお読みいただけたらと思います。
於義丸の過去のお話です。 此花咲耶

にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ





関連記事

2 Comments

此花咲耶  

tukiyo さま

> 緞帳がすーーっと降りてきたような終わり方ですねー。
> もしくは波がざぶ~~んと岩に打ち付けてる映像に「完」と出てるような?

松竹とか、東映の時代劇ですね~(*⌒▽⌒*)♪ざぶ~ん……エンターテイメントなお話になってればうれしいです。
……エチなくてごめんね~。指吸って終わってしまいました(´・ω・`) ←がんばったけど、おギギがけが人だったので手が出せず断念……。
>
> 第二部はおギギの過去とな?

伊賀の里を織田軍が容赦なく叩きのめしたところから始まるのです。
一人前の忍者になるため、がんばります。(`・ω・´)

> すおう
> はこべら
> ほことのざ
> ・・・泣きそうな予感。

tukiyo さんに、泣いてもらえるようにがんばります!(`・ω・´)
コメントありがとうございました。励みになります。(〃▽〃)

2012/05/18 (Fri) 23:49 | REPLY |   

tukiyo  

わー

緞帳がすーーっと降りてきたような終わり方ですねー。
もしくは波がざぶ~~んと岩に打ち付けてる映像に「完」と出てるような?

第二部はおギギの過去とな?
すおう
はこべら
ほことのざ
・・・泣きそうな予感。

2012/05/18 (Fri) 23:40 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment