FC2ブログ

小説・蜻蛉の記(貴久の心)・4 

腰から下の感覚が、まるでないことに狼狽していた。


誰かに縋りたかった。


母上・・・


母上はいずこに、おわす・・・?


そうだ、母上はもうこの世にはいらっしゃらないのだ。


自らの浅はかな行動が、我が身に降りかかっただけのことだ。

運命をにらみつける自らの双眸に、涙が盛り上がった。


長い間、はらはらと静かに涙は溢れ、蒲団に吸われていった。


拳でぬぐうこともできず、運命を受け止めきれず幼子のように涙は止まらない・・・


この先の事など考えようもなかった。


もし、傷がいえても身体の感覚が戻らなければ、この身はお家の荷物となるだろう。


母上がいつも語っていた、昔語りを思い出した・・・


「貴久。そなたの身の上は三里藩のためにあるのです。」

「いつかきっと、兄上のお役に立つのですよ。」


母上。


母上・・・。


貴久は、母上のお心に叛きました。


面目次第もございません。

関連記事

0 Comments

Leave a comment