FC2ブログ

紅蓮の虹・8 

よくよく考えると、ここに来たのは強引に連れて来られたようなもんだ。

爺さんは、施設長の目前に証拠書類を山と広げ、大切な俺がいかにして行方不明になったか演説をぶちあげた。

広げたアタッシュケースの中に、札束を山ほど忍ばせて経営が思わしくない施設に善意を見せた。

坊ちゃまのお世話になった場所です。

この先の経営について、困ったことが有れば何なりとおっしゃってください。

そんな笑顔で、異例の処置を勝ち取って、俺は今ここにいるのだ。

たった一晩で、人生が変わった。

側で長い足を組んでいる男は、やはり身内には違いないのだろうと思う。

近くで見ると、頬をつついてみたくなる・・・

「どうした?わたしの虹。」

どあっぷ!

「うわ~!」

「遠慮しないで、わたしに触れてもいいぞ。

そうだ、これから一緒に湯を使おう。」



冗談じゃない。

何がうれしくて、親父と一緒に風呂に入らなきゃならないんだ。

「照れるな・・・」

「違うっ!」

おまえ、ぜったいどこかおかしいだろ・・?

行方不明だった息子が手元に戻ったというわりには、妙な余裕を持って遊んでいるように見えた。

「それより、それはなんだよ。」

額に入った、それは何か古い旗のように見えた。

聖杯と細長い十字が描かれていた。

それに二人の天使。

天使が誰なのか、俺はそれを知っている気がする。

俺はきっとそいつのすぐ側にいたはずだ。

砲弾が飛んできたのだ。

白い綸子の袖が、ちぎれて風に舞った・・・

「・・四郎さまっ・・・!」

身体中を包み込むように既視感が襲ってきて、俺はその場にぶっ倒れて痙攣した。

「虹っ!」

駆け寄る南蛮具足の武士の手の中で、過去の俺は息絶えたのだ・・・・




関連記事

0 Comments

Leave a comment