FC2ブログ

わんこと白狐さまの一大事 2 

そんな平和なある日、夏輝が顔色を変えて走って来た。持ってきた回覧板を、ワンルーム(犬小屋)の前で振り回していた。
夏輝ってば、子供みたいだ。

「ナイト!大変だ。狗寢股神社のあの小さな祠って、今も白狐さまが住んでるんじゃないのか?」

「わん。」←住んでるぞ!

「取り壊されるかもしれない!」

「わふっ?」←まじで!?

俺は大家さんがいないのを見計らって、大急ぎで九字を切ると人型になった。

「どういうこと?白狐さまは、あの祠に封印されているから、動けないんだ。それに、土地神も兼任してるから、花菱町一帯はれっきとした結界に護られた神域なんだ。いくら何でも神社を壊すような、ばちあたりな人間はいないだろう??」

夏輝は真剣に回覧板を読んでくれた。
新しく宅地造成し、県営住宅を誘致するのだそうだ。今のお社は、壊されることなく原形のまま少し離れた山のふもとへと移築されるらしい。
俺はその話は、とても不思議だった。

「ねえ、花菱町ってさ、魔が関わるような凶悪犯罪って少ないだろ?それって、白狐さまが結界張ってくれているからなんだよ。白狐さまは動物霊だけど、修行を積んでいるから張った結界は神さまレベルだって父ちゃんが言ってたよ。白狐さま本体が、魔の通り道の花菱町を守る楔になってるって。だから、白狐さまのお社を壊したりしたら、それこそ町中、悪霊とか下等魔の住処になっちゃう……。」

「そうなのか?あの小さな社の意味って、大きいんだな。」

「そういうことが人間にはわからないから、祠を移すなんてバカなことを思い付いたんだ。あっ!夏輝、大変だ……もしかすると祠を離れたら、白狐さまが力尽きちゃうかもしれない。だって、白狐さまの霊体は祠に封じ込められてるんだもの。祠を移動させたりなんかしたら白狐さまが消えちゃう……。」

俺は夏輝と顔を見合わせて、真っ青になった。

「そんなことになったら、大変じゃないか。」

「とにかく、とうちゃんに知らせなきゃ!」

すぐさま渡り烏に声を掛け、全国を飛び回っている椋鳥にも話を付けてもらった。野良の犬猫にも話を付けた。
とにかく俺が知る限り、白狐さまの一大事だった。
白狐さまに降ってわいた災難を早く父ちゃんに知らせたかったが、遠くさすらいの空の下にいる父ちゃんの行方は杳(よう)として知れなかった。
一体、どこをほっつき歩いてるんだ、父ちゃんってば。こんな大事な時に、大好きな白狐さまの傍にいないなんて、それでも神さまの端くれなのか?
父ちゃんのばか。

回覧板には、まだ造成工事に着工する日時は出ていなかったけど、県議会で決まればきっと重機が入るはずだと夏輝が言う。何も知らない能天気な人間たちは、白狐さまが必死に張った結界をバリバリと平気で崩して行くのだろう。
これまで多くの土地が、人知れず魑魅魍魎(ちみもうりょう)の跋扈(ばっこ)する恐ろしい場所になって行ったのを、人間以外の生き物はみんな知っていた。
テレビなんかで時々やっている、心霊スポットの類は大抵これまで白狐さまが手放した結界のほころびだ。

犬も猫も猪も雉も、いたちも狸も、辺りに住む動物たちが白狐さまを心配して集まっている。俺のワンルーム前の庭は、すっかり生き物が知恵を絞る場所、ちょっとした集会所になっていた。

「白狐さま、大丈夫かなぁ……」

「うん、心配。何とかならないのかしら。」

「人間って、本当にどうしようもない生き物だよなぁ。」

「馬鹿な人間のせいで、もしも白狐さまに何かあったら……。どうするんだよ。」

「そうだ。少しでも生気を集めて元気になってもらおう!」

なんだかんだと言いながら、みんな綺麗で優しい白狐さまのことが大好きだった。生き物は少しでも白狐さまに元気になってもらおうと、白狐さまの為に出来るだけ多くの生気を運んでくることと言う集会の決議案に賛成票を投じた。生気がたくさん集まれば、白狐さまはきっと取りあえず元気になる。
みんなショックを受けているはずの白狐さまに、心から元気になって欲しかった。

県議会では、お社をどこか違う場所に移すという無謀な企てもあるみたいだったが、そんな話を黙って聞いて居るわけにはいかなかった。祠の存在がどうのこうのではなく、その場所に意味があるんだ。でも、そんな大事なことを判っている人間は、夏輝たち一握りしかいなかった。
神域に住むものは、位によって霊体を維持できる場所があるけど、そういう高等な話は人間には理解できないんだ、きっと。夏輝と文太は、俺を知っているから素直に信じてくれたけど……。




(´・ω・`) か、花粉症……鼻が詰まっているのに鼻水が垂れる。
あうあう~(つд⊂)←遅くなってすまぬ~。
関連記事

0 Comments

Leave a comment