FC2ブログ

小説・蜻蛉の記(貴久の心)・3 

足の先が、むず痒い。

そっと手を伸ばそうとして、思わず歯を食いしばった。

ほんの少し手を伸ばそうと思っただけなのに、ままならない・・・

一瞬、心が暗いものに覆われた。


足は・・・?


わたしの、足は・・・?


懸命に鈍い感覚を探った。


・・・足は在る。


ほんの少し、安堵の息を吐いた。


気は急くが、身体は思うようにならず重石をかけられて、蒲団にはりつけにされたようだった。



内心、感づいたことが有ったが否定したかった。


渾身の力を込めて、蒲団を引き上げる。


鉛のように重い羽二重は、普段軽すぎて良く滑り落ちて困ると思っていた。


指先に見当を付けて、太ももをつねってみた。


感覚はない。


鳩尾を触った。


腹の筋肉が押し戻した。


股間に触れてみた。


触れている意識はあっても、何の感覚もない。


帳は、黒く全身を包み込み、天井が自分を押しつぶすために落ちてくるようだ。


関連記事

0 Comments

Leave a comment