FC2ブログ

わんことおひさまのふとん 13 

            Apm_eNCTdV2Ul8v.jpg


もう駄目だ……。
俺……夏輝に嫌われてしまった……
毎朝食べるたまごかけごはんも、夜のぱんのみみのパン粥も、バイトの給料日にだけ買うオージービーフも……もう一緒に食べることはない。
凍える夜に手を差し伸べてくれた、誰よりも大好きな……夏輝に嫌われてしまった……。

傷心の俺はひたすら駆けた。
周囲の人垣が開いて俺を飲み込んで、再び閉じてゆく。
泣きながら走る俺に手が伸びる。

「どうしちゃったの~、君、大丈夫~!」

「泣くのなら、叔父さんのハンカチ貸してあげようか?」

「ハナセ……!ハナセ!」

いらない、いらない。
誰の手も要らない。俺の欲しいのは、夏輝の手だけだ。夏輝だけが欲しかったんだ。
涙が止まらず、頬はべたべたになった。
あっちこっちで、人にぶつかりながら、雑踏の中を俺は祠のある場所に向かっていた。
俺は、心の中で父ちゃんを呼んでいた。

「とうちゃん……俺、夏輝に嫌われたんだ。どうすればいい?」

「とうちゃん、俺、夏輝がいなくなったら一人ぼっちなんだ。」

「とうちゃ~~~~ん!」

「荼枳尼神社」の祠の前で父ちゃんを呼んだ。
父ちゃんは旅立ちの前に、名残を惜しんで最後に白狐さまをあんあん言わせているところだった。
凄絶に綺麗な白狐さまは、身体の下に長く輝く髪を広げて大きく開いた足の中心で父ちゃんとつながっているのが見えた。

「あ……んっ、次郎長~~っ、おっきぃ~~っ!」

「次に会うまで、俺を覚えていろよ。ふんっ。この身体に刻み込んどけ……っ!」

白狐さまが感じるのに合わせるように、父ちゃんは深く腰を突き入れた。

「いやああぁ~~~っ……んっ、いっぱい、来た……んっ……長次郎~~っ!」

別れが悲しいのか、感じたのか、白狐さまが父ちゃんの胸に縋ってしくしくと泣いていた。
祠に封印されたまま、父ちゃんと一緒に行けない白狐さまも辛いのだ。大好きな人との別れは、本当につらい。
自由にあちこちを飛び回り、思い出したようにやってくる風来坊の父ちゃん(狗神)を、白狐さまは、封じ込められたこの場所で、じっと待っているしかない。荼枳尼天という女神さまも結構厳しい。もう許してあげればいいのに……。

「とうちゃんってば、俺がこんなに傷ついてるのに……ばか。自分ばっかり……白狐さまとあんあんして……。」

「どうした、ナイト。恋のキューピッドはうまくいったのか?可愛くなったなぁ。」

「とうちゃんなんて、自分だけ白狐さまと仲良くして……俺……なんか、人間になったら夏輝に…嫌われちゃったぁ~~~~わ~~~ん……夏輝ぃ……。」

白狐さまが、泣き喚く俺にとろりと熟れた視線を向けていた。

「おや。このだだ漏れのフェロモンが効かない男がいたのかえ。」

*****

一方、夏輝は夏輝で、見知らぬ少年を傷付けてしまったと、落ち込んでいた。

「夏輝!捜したぞ。」

「あ……、文太。」

文太と付き合っている少年を傷つけたと思っている夏輝は、声を聞くなり後ずさってその場から逃げようとした。

「あっ!ちょっ、待てって!夏輝、ナイトはどうしたんだよ。お前に逢いに来ただろう?」

足元にぱさりと、数枚の似顔絵が落ちる。

「ナイトは、俺が一人で捜すから。……文太は帰ってよ……、もう、放っておいて。」

「放ってなんておけるかよ!白いふわふわした奴が、お前を探して来なかったか?」

ふわふわ…と聞いて夏輝は、とうとうぶちまけた。

「放っておいてって、言ってるだろう!綿毛みたいにふわふわしたやつなら来たよ!それが、何?文太と付き合ってるやつが、親友の俺の顔を見に来た。そういうことなんだろう?どうだっていいよ!さっさと二人で行っちまえばいいだろう!」

「は……?お前、何言ってるの?あれは……。」

「俺は、親友だなんて思ったことない。ガキの頃からずっと俺は……あんな奴が出てくるまえからずっと……俺はお前のことが好きだったのに……ひどいよ、文太。二股かけるなんて!しかも、あんなガキ。」

文太の顔がくしゃと歪んで、笑顔になった。

「夏輝ってば……ほんっとに、ばかだなぁ。うわぁ、信じられない。」

「ばかってなんだよ。」

「何もわかってないから、ばかだって言ったんだよ。お前、これまでずっと一緒に居て俺の何を見て来たんだよ。ふわふわしたやつだって、俺はすぐにわかったぞ。耳のところ、茶色のメッシュが入ってたじゃないか。」

「は……?」

「そいつにナイトか?って聞いたら、そうだよって答えたけどな。」

夏輝の見開いた目から、どっと涙が溢れてすぐに後悔の悲嘆に変わった。

「うそ……。だって、あの子はどうみても人間だったよ。」

「ああ、何故だか知らないけどな。だけど、足首に夏輝が買ってやった猫用の赤い首輪をはめてた。どうせ、その状態じゃ見なかったんだろ?」

「うそ……。ど、どうしよう……。君なんか、知らないって言ってしまった。もっと酷いことをたくさん言ってしまった……。あっちに行けって。触るなって、手を振り払ってしまったんだ。泣かせてしまった……ナイト。」

考えてみれば、あの下から見上げる瞳は、文太が殺人的に可愛いと言って何枚も写真を撮ったナイトのものだったのに。どこかで見たことあると思ったのに。深く考えないで傷付けた。

「俺、ナイトをバシッと叩いた……。ナイト、泣いてた……。俺、八つ当たりしたんだ。文太の恋人だと思ったから……俺が必死でナイトを探しているのに、脳天気な笑顔で寄って来たと思って、何だか無性に悔しくて。」

膝を抱えてすっかり意気消沈してしまった夏輝は、ぼんやりと雑踏を眺めていた。

「あの可愛い子、ナイトだったのか……。」

似顔絵がかさ……と音をたてた。




。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。夏輝~~~。

ランキングを外れているのにも関わらず、お運びいただきありがとうございます。
励みになっています。
ご意見ご感想お待ちしております。 此花咲耶


表紙風にしてみました。(*⌒▽⌒*)♪
このお話は、15話でお終いです。▼・ェ・▼の話はシリーズです。
お読みいただければ嬉しいです。

関連記事

0 Comments

Leave a comment