FC2ブログ

小説・蜻蛉の記(貴久の心)・2 

ほんの数刻前、母上が冷たい骸になって城から帰ってきたのは確かだった。


初めて聞かされた、心の臓の発作。

わたしは叫んだ。

健やかな母上が、心の臓の病などお持ちのはずがない。

突然、乳母のお福に死因を告げられても、そんなことは到底信じられなかった。



真実を話せと詰め寄っても、お福は何も語らず視線を合わせようともしない。


だから、わたしは母上が最後に対面した義母上に会いに行くつもりで、夕暮れの迫る中、馬を駆った。


大輔が後から懸命に付いてきたはずだ。


そうだ、疾風。


疾風はどうした?


わたしの疾風は、無事だろうか。



「うっ・・・!!」


起き上がろうとしたが、力が入らない。


この体中の針で刺すような痛みは、どういうことなのか・・・


長い時間をかけて、やっと腑に落ち合点した。


わたしは、疾風から落ちたのだ。


夜目の利く疾風に鞭をくれて、薄闇を走らせた自分の愚かさに呆れた。


疾風に済まぬことをしてしまった。


自分がこれほどの落馬をしたなら、おそらく疾風はもうこの世に生きてはいまい。


「すまぬ、疾風」


思わず心の中で、わびた。

関連記事

0 Comments

Leave a comment