FC2ブログ

わんことおひさまのふとん 5 

犬の成長は早い。一歳で成人する勢いだ。
本当だったら、一か月にも満たない小犬の俺は3歳くらいなんだろうと思う。
一度、表で同じくらいの奴に声を掛けたら「まんまと、ぶーぶー」しか言えないのに驚いた。余りの幼さにびっくりして思った。
俺、少なくともわんこの世界では、お利口さんに入る部類かも。
俺はちびだけど不思議と色々なことを考えていたし、自分で言うのもなんだけど俺の「おひさまのおふとん」夏輝の気持ちがすごくよくわかった。
言葉も「わん」だったけど、切ない夏輝の心を知って、俺はそれからずっと夏輝と文太の事を考えていた。
俺の顔に顔射してしまった夏輝は、酷く落ち込んで枕に顔を埋めた。一晩中声を押し殺して泣いた夏輝は、翌日の朝に起きて来た文太が驚くほど目を腫らしていた。
俺の中で、男前の父ちゃんの血が騒ぐ。「泣くなよ、夏輝。」って言ってやりたかった。
一宿一飯の恩義を受けて、お世話になった夏輝が泣いているのを見過ごしたりはできない。
夏輝は時々、夜、哀しそうに前のおしっぽを立ち上げて「文太ぁ…」と呼んで涙をこぼした。
俺が一度、心配して膝にすり寄ったら、もっと泣いてしまったのであれから俺は見て見ない振りをしている。
俺は俺の大好きな「おひさまのおふとん」が、笑顔を取り戻してくれるためなら、なんだってする。
俺の背中で、俺の「おひさまのおふとん」が、ああーっと小さく啼いた。

「夏輝……くすん。」

俺は早く大きくなりたい。
こんなちっぽけなわんこじゃなく、鼻面に顔を寄せて涙を舐めとってやれる位、でかくなりたい。
そうしたら、思いっきり夏輝を抱きしめて、俺はニヒルにこういうんだ。

「俺の「おひさまのおふとん」夏輝。泣くなよ。お前に涙は似合わないぜ。俺が一生傍にいるじゃねぇか。」

……俺、かっこいい。


俺はそうっと夏輝が大学へ行った後部屋を抜け出し、町中を探し回ってある祠を探していた。
由緒あるおんぼろアパートの中庭で、猫たちは集会を開く。野良の犬猫が、無事に育つためには情報の共有が必要なのだ。
俺がもう少し大きくなったら移るはずの小屋でお昼寝をしていた時、猫たちの話を聞いたんだ。

「いいか、忘れるなよ。角の西野さんと、二丁目の杉田さんは、野良の俺たちにも餌をくれる。くいっぱぐれたものは、妊婦、女、子供、年よりの順番に行くんだぜ。」

「向こうも年金暮らしだから、二度並びは厳禁だ。いいな。そして、出されたものは、多少臭いがしても綺麗に平らげる事。いいな、それがおまんま戴く仁義ってもんだ。」

「ああ、良かったねぇ。おとっつぁん、今日は何とか、おまんまにありつけそうだよう。」

身重の猫や子連れの猫、餌を取れなくなったものに、生きていくための情報は速やかに流された。ここいらを締めている猫の親分は義理猫情に厚く、猫たちに尊敬されていた。何でもエジプトあたりの高級猫の血が混じっているとかで、やっぱり、親分ともなると血統も違うんだと思う。

「いいか、おまえら。良く聞けよ。」

「驚くなよ。親分にはな、三毛だけじゃなく、おまえらに想像できないような外国の高貴な血が流れていなさるんだ。本来なら、お前たちなんか目通りかなわないような立派な方なんだぜ。」

「おお~……!」

「親分、かっこいい~!ひゅ~ひゅ~。」

取り巻きが、新入りの歓迎式でふんぞり返った親分の前で厳かに告げていたけど、同じ立場の俺は知っている。それ、俺と同じで「雑種」っていうんだ。

ともかく、その集会で最近よく話題になるのが、最近「荼枳尼神社」の祠に封印されたという白狐の話だった。
何でもお寺の片隅にひっそりと合祀してある小さな神社には、狐稲荷ではなく白狐を神使に使う荼枳尼天という女神さまが祀られているらしい。その荼枳尼天が乗っている白狐が粗相をやらかして祠に封印されているらしかった。しかもかなり位の高い白狐で、神さま並みに動物を人型に出来る力を持っているそうだ。
飼い主にどうしても思いを告げたくてお百度を踏み、人型にしてもらった猫の話を俺は聞いた。

正直言って、動物の世界では人間は異端扱いだ。
自分たちは霊長類の天辺で、尊敬されていると思って居るけど、それは違う。むしろ、自然界の中では他の生き物からはちょっと距離を置かれている。何しろ自分たちの「欲」のために、同種の命を狩るのは天にも地にも人間だけだ。
他のどの生き物も、自分たちの生命の為だけに少しの命を食料として狩るのに、人間は訳の分からない見えない境界線の為に互いを殺し合う。
何の食物連鎖にも属さない奴らは、知恵がつきすぎて、八百万の神さまたちも手に余しているらしい。人間の目には神さまは見えないけど、俺たちの目にはちゃんと見えるんだ。
きっと、命の営みの輪からは仲間外れにされているんだよ。
俺も夏輝に出会わなければきっと人間になんか金輪際、関わろうなんて思わなかったと思う。俺から母ちゃんと父ちゃんと兄弟を取り上げた人間を、きっと深く恨んでいただろう。

「不思議なんだけどさ。俺が集会に誘った猫がいるんだけどさ、そいつたぶん人間になったと思うんだ。」

「人間に……!?そいつ、猫又だったのか!?」

「いや、ガキだった。どうやら「荼枳尼神社」の祠に封印された白狐さまに人間にしてもらったって話だな。」

みんな驚いて、おお~と叫んだ。

「尻を振って歩くのが、発情期の俺らにはたまんねぇくらいいい女だったぜ。」

「女?馬鹿野郎~、あいつ男だったぜ。ちゃんと、裏から金玉ぶら下がってたの見たことあるもの。」

「お……俺、盛りが付いたとき、知らずにやっちまう寸前だった~。でもよ、猫のときって、どうだったんだ?」

「それがさ~、人間なんぞにするのもったいないくらいの、上玉でさ~……こう、しっぽがきゅっと上がって尻の形が良くってさ。」

「惜しいなぁ、あの時やくざな狗神さえ邪魔に来なかったら、うまく交尾出来てたのにな。……雄だったけど。」

「人間になったって、いいことなんて何もないと思うけどなぁ。飼い主ってそんないいものなのかなぁ。」

彼等は口々に望んで人型になった変わりものの猫の噂話をしていた。でも、それこそ俺が求めている情報だった。俺も夏輝の為に、早く人間になりたい……って、俺はハーフで妖怪じゃないぞ。





ランキングを外れているのにも関わらず、お運びいただきありがとうございます。
ご意見感想お待ちしております。 此花咲耶
関連記事

2 Comments

此花咲耶  

Lさま

> ナイトが夏輝の幸せだけをひたむきに願うその気持ちに(ノω;)涙涙です

何もかも失くしてしまったナイトに、さし延ばされた唯一の手でした。それだけできっとナイトにとって、夏輝は特別な存在になりました。(´・ω・`)

> 動物や子供のストレートな愛情って、心潰されるんじゃないかってくらい愛おしくて衝撃的ですよね
> …弱いですw

まっすぐな視線が好きです。(*⌒▽⌒*)♪Lさん~(ノ´▽`)ノヽ(´▽`ヽ)

> 毎日、がーってなりそうになりながら読んでいます(^▽^)

が~ってなってくださってありがとうございます。
▼・ェ・▼ 「俺、夏輝のためにがんばるっ!」
コメントありがとうございました。うれしかったです。(*⌒▽⌒*)♪

2012/02/02 (Thu) 22:56 | REPLY |   

L  

ナイトが夏輝の幸せだけをひたむきに願うその気持ちに(ノω;)涙涙です
動物や子供のストレートな愛情って、心潰されるんじゃないかってくらい愛おしくて衝撃的ですよね
…弱いですw
毎日、がーってなりそうになりながら読んでいます(^▽^)

2012/02/02 (Thu) 21:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment